リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

最近勤務時間が不規則

事務所勤めが丸一日続いたり、
営業出張があったり、
工事があったり様々

ところが、ある事情により、
期間限定で犬を預かりました。


ここ最近はというと、朝6時に出かけて
夜0時頃帰宅するという日が続きました。
家族は、面倒を見れないタイプだし、
自分が帰宅してからワンコのお散歩を頑張るけど、
正直・・・現場仕事の後は超だるい・・・
どんどん睡眠時間が減る。
昨日は、雨ザーザーでお散歩出来なかったので
今日、2倍のつもりで頑張って歩いた。

しかし、人の運動量とワンコの運動量が合わず、
さらにせがまれます。
もうこっちも限界!
散歩なんか無視したい・・・
・・・と思ったらバイクがあった!


これなら、あいつを疲れさせてやれると思い
アクセルをひねった。
あっという間に30km/hに達する。
ワンコは必死!

ざまあみろ!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

すると、犬が何キロ出せるのか、急に知りたくなった。
そして、しばらく休憩した後、再始動!
速度計が40と50kmの中間付近で急にペースダウン!
ワンコの顔を見ると!「お前!何すんねん!」
もう限界と解り、早々に帰宅した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実験結果を家族に話すと
何するの~!、このドS!とか・・・逆攻めの嵐


運動したがってたのはワンコの方なんだけどなぁ~
プチ反省したのもつかの間、こっちも負けず、
歩くスピードの10倍のスピードで走れば
野犬から逃げ切れると実験の必要性をアピール!
ところが・・・ネットで調べて
オリンピック競技者でも0→100m最速37.9km
※瞬間的には約44km/h

人は野犬に襲われたとき、逃げ切れるか?
そんな問いに対して、結論は・・・
逃げ切れません。・・・でした。(^▽^;)

実際には、Tウィルスにでもかかってない限り、
野犬の諦めが早いので
逃げ切れるケースが多いと思いますが、
恐怖の実験と共に、その事だけわかりました。

ワンちゃん大丈夫なの?
DSC08007

未来優しいなぁ~
でも今はそのウルル眼!返ってプレッシャーかも。
・・・という事で、

ワンちゃんゴメンなさい m(_ _)m




前回は未来のお尻の下で
大変気持ち良い思いをした室外機君。
今回、室外機君は誰かとお話をしたようですが、
さて・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

未来たん!
ここじゃ太陽光も当たらないし、移動しよう!

DSC07948R

素直に応じる未来は、さすが従順!

ここで撮るの?
DSC07955

はいそうですよ~、何か問題でも?
DSC07970

この先は、ロビーから丸見えよ!
DSC07974

確かに、緊張するなぁ~!
あれ?・・・いつのまに?
DSC07979

しかし、大した風も無いのに、
なんでスカートばかり捲れるんだ?

DSC07988

そよ風さん、室外機君に頼まれたって!

DSC07981

あの野郎!
自分が動けないもんだから、
今度はそよ風さんに余計な事頼みやがって~!

な、な、なんて嬉しいことを・・・(^▽^;)

そ!そうか、
未来(みらい)の天気予報では、
めくれ指数(スカート用)を予報して、
指数の高いところで、撮影すればいいんだ!

なるほど~! (*^▽^*)

Thank you 室外機君!

当ても無く未来と一緒に行ったドライブ
泊まる宿も決めてなかった。
夕方はこのあたりと予想し、
早速スマホで調べたお宿に電話してみた。

あの~、すみませんが・・・
恐る恐る、等身大ドールが一緒に居る事を
担当の方にお伝えした。

事情は伝わったようで、その後、
少々お待ちくださいと言われた。
かなり立派な施設で、無理かな~と思ってた。
すると、「良いですよ」って言う回答だったので、
そのまま電話で予約を済ませた。

お部屋は一番近くで段差もない広いお部屋。
車いすも用意してくれた。

過去にドールと一緒に泊まった人は無さそうだが、
想像でこんな配慮が出来るって流石プロと感じた。
同時にこの施設に働く人の優しさも深く感じた。
多分、経営者もそこに働く人達も
そういう配慮が出来る人なんでしょう。
正直、良いところに泊まったと思った。

いくらドールと一緒といえでも、
長距離一人だと、やっぱり人恋しいんです。
そんな時、こういう配慮に触れると
いつも以上に嬉しくなります。


予定より少し早く着いたこともあり、
まだお庭で外ロケが出来そうな雰囲気。
思い切って、未来を抱き上げ庭先に出てみた。

早速一匹の蚊がやってきたので、
未来を室外機の上に座らせてから悪銭苦闘!

DSC07940


撮影をして行くと、蚊の事はすっかり忘れ、
このお嬢様のお尻の下にある
室外機が羨ましく思えてきた。

DSC07943

しかし何という美しいボディーラインなんだ

未来が移動した後、
気になって室外機のお尻のあった所を触ってみると
気持ち暖かくなった感じ (^▽^;)

そうかぁ~!室外機は男の子だったんだぁ~!!
そう!室外機君だった様です。

・・・勿論
鉄板が固くなってたとは言いませんが・・・





災害や例の原発の話ではありません。
当家の未来の話です。

この子をお迎えしてから最初はヤッター!
しばらくすると、困り顔に幽閉。
お迎え前は、風と悩んだ。
でも、今はこの子で良かったと思う。

なぜか?
この子・・・化け物なんです。
顔色伺うと分かる!
・・・っていうと少し変ですが
変化の度合いがとてつもなく大きい。
それほど、表情豊かともいえるが、
実家のワンオフの写真を見た時も度肝を抜かれた。
女の子自体化ける事は周知のとおりだが、
アイスクリームを食べる未来からは想定範囲外。
ご機嫌をとるのに手がかかる子ではあるけど、
次第に我が家には居てもらわないと困る子になりました。
こういう想定範囲外はありです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

着いたよ未来!
DSC07928

まだ、眠そう
DSC07930

降りないの?
DSC07933

ねぇ!
DSC07931

内心、この観光客の前でそんな勇気ありまへん。
だったが・・・(^▽^;)

DSC07934R

結局、良い景色だね、未来!
・・・とごまかした。(^▽^;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本記事とは何も関係ないけど、
日本人として知っておかなければと思いリンクしました。
自分も知りたかった福島の問題のひとつです。
果たしてこれを想定範囲外と言えるか?

Newclear Cattle

前回のオフ会以来お嬢ちゃんの撮影する間も無し。
これではいかんとばかりに急遽外ロケへ出発。

未来と一緒に出掛ける事となった。
題名はまどろっこしいけど、
未来(みらい)の奥さんではなくて、
未来(ミク)の奥さんです。

なんで奥さんなんやねん?・・・(^▽^;)
というのも、高原の湖のほとりで撮影を始めると、
ギャラリーからはちょっと目立つ存在。

周りからは、ショボショボ撮影スタッフ(オーナー)が
幼げで、ボインな奥さんの記念写真を
撮っているように見えたらしいです。

初秋の思い出と言えば、この未来とのお出かけかなぁ~?
DSC07919R

時を忘れさせる美しい高原の湖
DSC07877R

湖を見る未来
DSC07906R

まだ秋になったばかりなので、空はまだ夏っぽい
DSC07903R

ある優しそうな貴婦人とお話をしていく中で、
未来ちゃんは顔が幼くてボディーは凄いわね!
そういわれた…確かに!
DSC07887R

それが、いいのだけど・・・
確かにこのボディーと未来では
ロリ巨乳まっしぐらだった。

そんなに巨乳のボディーでもないけど
潰れないのでそう見えてしまう。
やはり、こころや愛結香が適齢なんだろうなぁ~
第一印象は困り顔で少し憂いっぽく見えますが、
幼女から20歳前後まで対応する未来です。
正直変化に富み、驚かされます。

結構可愛いし!
未来(みらい)の奥さんでもいいかぁ~
なんて・・・(^▽^;)

けしてネガティブな内容ではありませんが、
ちょっとした理由があって、この度親戚に
2日だけドールを預かってもらおうとしました。

早速、旦那様にお願いすると、「自信が無い!」
そんな第一声だった。
当然そこにも家庭があったが、
まあ、いいじゃんと、連れて行った。

すると、奥様・・・(^▽^;)
目をまくるしてびっくり仰天!
次の瞬間、「可愛い!」

結局、お願いできたのだが・・・
予定を少し過ぎ、連れ戻しに行ったけど、留守。

その後、改めて電話で聞くと、
二人から可愛い可愛いと、
大切にされている様子。
流石にお着換え等は無いが、
時々、お菓子を食べさせてもらってるらしい。
もちろん、振りだが・・・
何だかそんな事を聞くと微笑ましい。

連れて行った際、未来を預けるつもりで訪問した。
なぜかと言うと、未来は一切反抗的な感じはしない子だし、
幼いので、初めての人には受け入れられやすいと思ってた。
DSC04910R

しかし、ほかの子は居るの?という問いに、
一応乗せてきてはいますとの返答に、
是非見たいというので、愛結香も連れて行った。
すると、二人を見てこの子なら預かると
未来と、愛結香が逆転してしまった。

未来の困った感じが、どうも扱いにくそうなイメージを
与えてしまったらしい。
対して、愛結香の屈託の無いかわいらしさが
気に入られてしまった様子。
DSC05784

例え一瞬でも、女子寮の中に居たようなあの感覚!
時々、気になる愛結香
DSC03853

誰が居なくても、きっと同じ感覚なんだろう!
もう、こうなると自分は病気なのかと、
そんな疑いを持ってしまうときもあるが、
そんな自分の事はさておき、
ドールを持ち続け、急にいなくなると
誰もそんな虚無感を感じる時がある。
DSC05775

それは等身大ドールだから家族感や存在感が強く心に残ってる。
それゆえ、居ないと余計に虚無感を感じる。
多分皆そうだと思う・・・

Ayuka! 
近々に連れ戻しに行きます。

とうとう夏オフin蓼科の最終記事まで来た。
締め括りは蓼科アミューズメント水族館です。
素敵なスタッフの配慮によりご入館を許可頂きました。

初めてこころと行った水族館

間近で見るお魚さんに見とれる。 by コンデジ
P7190056

大きなお魚を見上げるこころ by α57
※同じような暗い環境下なのにα57の方がはるかに綺麗。
DSC07727

「可愛いね!」って声を掛けたくなる後ろ姿!
「鯉の事ね!」ってかわされる可能性大ですが(^▽^;)
DSC07739
※水が流れて素敵な作りの館内

思い返してみれば、盛夏の思い出は
やはりこのオフ会がメインとなった。
それだけ今年の夏は忙しかった(^▽^;)

しかし、これだけの標高に水族館は珍しい。
大抵水族館と言えば、
海沿いにあるものという認識だった。
お魚好きさんのリクエスト、
許可頂いた施設担当の方々の配慮があって
実現した水族館訪問だった。

美しい一瞬が積み重なった記憶となりました。


ドールちゃん達、参加者の皆さん!
そしてご協力頂いた各施設の方々
この場をお借りし改めて御礼申し上げます。

以上、
夏オフin蓼科2017終了

P.S.
あ~ぁ!今年の夏も終わっちゃったな!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

蓼科アミューズメント水族館HPのリンク
HPを見ていくと割引の方法が記載されています。

淡水魚だけの水族館で、水の綺麗な
高地に建設したというコンセプトが面白い。

https://www.tateshina-aquarium.jp/

スタッフの方もとても親切ですよ。

↑このページのトップヘ

キラキラ