リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

恒例のゴールデンウィークオフ会に向けて
ウィッグを検討してたら、急にカットをしたくなった。

誰にヘアースタンド代わりになってもらおう?
こころは寝てるし、愛結香か未来か?
二人とも拒絶反応はあまり無かったが、
結局、スリップ姿の未来にお願いした。

スタンド代わりとは失礼な言い方だけど、
まあ、とにかくヘアカットをしてみました。
DSC06763

髪の毛が散らばるのを承知でやったが、
案の定、顔も、下も悲惨。
DSC06764

写真では良く判らないけど、大量にカットした。
DSC06772

未来・・・オフ会行ってもいいの?
DSC06765

さあ~どうだか?また直前抽選あるしね。
取り敢えず、今日はポニーテールにしておこう。
DSC06766

ゴールデンウィークの後半に
東海地方で公開オフ会の予定。
やっぱり関東や関西の規模にはならないけど、
将来輪が大きくなって、続いていったらいいなぁ~

しかし、娘の髪の毛を梳いたり、カットするって
結構楽しい・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

余談:明日から5月なのに、結構寒いです。
只今の気温約6度で、ストーブ焚いてます。

密林といえば、南米の・・・
多くの人は、この会社があらゆるものを
販売していると思っている。
このブログの当人もそう思ってた。

以前、娘たちに下着を買ってあげたときだった。
薄水色の商品と薄ピンク色をそれぞれ1枚購入してみた。
どんなものが届くか不安だったので、
まずは、薄水色を発注!
写真通りのものが届いた。

おお!これはいいかなと思って、
薄ピンク色を後日発注!
するとデザインが違うものが届いた。

発注先をよく見てみると、先日の出品者と違うか?
使っている画像は全く同じ。
出品者の順番は日ごとに変更がなされ、
自分としては、まったく同じ先に発注したつもりだった。
しかし、実際は違ったのか?

本当はお揃いにしたかったが、
まあ、胸元のデザインが少し違うだけなので、
「まあこれでも悪くないか?」と・・・
その時、返品は面倒なのでやめた。
過去にそんな経緯があった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、あれから月日はあっという間に流れていった。
こころが寝ているときだった。ふと、胸元に目が行った

ああ、これはあの時返品せずに我慢したやつだった。
愛結香が来る前に、薄水色はこころに
薄ピンク色は未来にとおもって買ったものだ。
DSC04176

今日はこころが着ていて、それなりに可愛いのだが・・・
なんだか急にリベンジしてみたくなってきた。
DSC04181
 
そして、性懲りもなくまた密林のHPで検索
大人っぽくていい!・・・と
今度は全く違うデザインのものを・・・ポチ!
DSC04681

 数日後、来てみて・・・?
あれ?・・・こんなんだったけ?
DSC04680

基本的に当家では、密林を使うときはプライム品のみ。
多少高くても、違った品が届くのは困る。
そして、もう一度発注した画像を見る。
これが発注した品だ・・・可愛い!
DSC04683

この変な模様はなんだ!
色はモニター越しにみるので、多少の違いは許容できても、
この柄は何?
はぁ~?って感じ。
ここまで、違うともう怒り心頭!
そんな気持ちになってきた。
DSC04679

最近になって、密林利用者もだいぶわかってきたと思うけれど、
特に海外系の出品者からくる実情はこんな事がよくある。

しかも情けないのは、プライム&密林倉庫出荷品なのに、
画像と照らし合わせ出荷もしないこの体制。
確かに、返品すれば済むかもしれないけれど、
これでは、いま社会問題の運送業者の負担も減らない。
もっと正確に言うなら、契約違反とも思える違い。
さすがに美国の会社だけあると感じるときがある。

それでも、便利なので使ってしまうが、
今回だけはブチ切れて、クレームも入れた。
謝罪など無い・・・

写真は明らかにパクリだろうし、
騙されるこの国の国民が甘いと思っているのか?
なら、余計に頭に来るけど、
みんなこんな時どうしてるのか?

まあ、ブログで書いてちょっと、すっきりした・・・



家の玄関を出たら、なぜか焼肉の匂い。
山の中で珍しいな?
どこかバーベキューでも?と思いつつも、
いつものごとく鍵をかけようとした瞬間!
背後から野犬が足に絡み付いてきた。

幸いすぐに気づいたので、
追い払おうと、足を振った。
それでも残りの一匹は、
執拗に絡んできたので、いい加減頭にきて、
おもいっきり蹴り飛ばしてやった!

「ざまあみろ! へへ~ん!」

そんな快感が脳裏によぎったが・・・
なんだか、急に寒くなった。

ふと、背後に目をやると・・・
DSC04720


なんじゃ~?
この艶かしい風景は?
急に目が覚めた。が・・・

現実はもっと悲惨だった・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 続きを読む


こころ・・・
そのドレスそろそろ脱いで
お風呂に入ろう!

・・・て、聞いてないし!
DSC06175R
 
ところで、首から浸水する可能性が有るって言うけど
本当会? 

※そんな会無いけど 

今更ながらこころとお風呂に入る前に、
その真相を確かめてみた。

こころのイメージが壊れると言う方は先に進まないでね。
首をすっこ抜いた状態の写真でもよければ
続きをどうぞ・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 続きを読む


過去を振り返りついでに、
ドール持ちに成る前、
その後のいろいろの出来事の中で、
ドールを持って怖かった事を思い出してみた。

A:気に入ったドールか?
まず、本当にドールを気に入るか?とか
お別れは精神的に可能かとかあるけれど、
これは怖いと言うよりは心配の領域。
気に入らなかったらどっちも不幸
今のところ幸いにも、それはない。

B:次に魂とか、オカルト系の話。
これは深い話なのでまたの機会に。

C:ドールもちの人
この世界に来る前は、
相当おかしな人の集まりかと思った。
今は自分も含めその一人だけど・・・
ただ、現実は社会的ステータスのある人が多く
ストレス社会の裏返しに見える。

D:家族との関係
ひとそれぞれか・・・
時に大問題になる可能性あり。

E:人からどう思われるか
これは怖かった。
「この人変態だ!」と思わてないか?
たとえ実際そうだったとしても、
敬遠されるのは、人として辛い。

F:外ロケ
なかには通報された人も居るようだし、
襲われないかとか、
指差されて笑われないかとか、常に緊張した。
現実的には、非情に珍しい趣味なので
びっくりされる事のほうが多かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ざっとこんなところだけど、
恐怖の克服は小心者にとっては辛い。

しかし、やはり部屋に彼女達が居た場合、
部屋に花が有る感じで、雰囲気は明るくなるし、
居ると居ないでは大違いです。
今日は、お迎えしたての頃、デジタル一眼ではなく、
普通のデジカメで撮影していた写真を
数枚公開させて頂きます。
※ 似たような写真はアップしたかも?

お迎え直後、彼女のボディーに悩殺され
DSCN2367

何かを想うような仕草も可愛くて
DSCN2379

本当に生きているのかと感じて
DSCN2459

長い時を彼女と過ごすことになった。
当初、予想もしてなかった。

因みに、家の中に居るとき
彼女達が怖いと思った事は一度もありません。
逆に悪夢にうなされた時、ふと我に返ると
彼女が居てよかった。

そう思うことはありました
今では、大きな心の支えですね・・・('▽'*)ニパッ♪

 

今日は午後から雪になった。
いまだに止む気配は無く、
暗い夜空の上を見上げると、
風も無くゆっくりと粉雪が舞って来る。
静寂に包まれた世界。
かすかに聞こえるのは、雪が積もる音。
全く無音と言ってもいい世界。
今の世の中、これは贅沢か?
多分・・・

外気はマイナス3度。
山を下ってくる冷気の影響か、
役場の記録よりやっぱり寒い。
あすの朝また綺麗な白銀の世界を見れる。
そう思うと、ちょっと嬉しい。
現在積雪5cm

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、静寂が包むこの夜更け
なぁ~んとなく、過去の写真を見てみた。
IMGP2386

ここ数年、画像の整理など含めると、
自由な時間の殆どは、この子と過ごしてきたんだ。
仕事してなかったら、夢の世界から戻れないかも?

等身大ドールの実生活に与える影響は大きい。

※撮影Pentax WG-3

 

名前・・・こころちゃんって言ったよね。
今日からインターンという事で働いてもらうからね。

あっ、あの~社長・・・
ここはどんなお店ですか?

DSC06196S

そんな事も知らずに我が社に
きたのかね?
ま、ここは世の中の迷える狼を癒すお店・
・・・って所かな。

それって、いやらしいお店ってことですか?

こころちゃん次第だね!
帰るなら今だよ。

いや、せっかくですので、
わたし、精一杯頑張らせて頂きます
DSC06297R
 
・・・とは言ってみたものの、大丈夫かな?

では、こころちゃん早速OJTと行こうか!
そこの電気を消して!

え、部屋の明り消すんですか?
・・・これって、
こころ、ピンチ?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
この先と~っても心配。
こんな未来があるのなら、
一生箱入り娘にしておきたくなって来ました。

次回は、ドレスを着たこころにもっと寄って
撮影してみようと思います。

たとえ変態といわれようとも ・・・

↑このページのトップヘ

キラキラ