リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

2014年04月

ただいま~

旅行楽しかったね~

しかしシベリアもどきは寒かったね~
私もマイナス10度体験したんだからね。
もう寒いところは勘弁してよ~
だれがあんな格好させるの、あの寒さの中。
なんだかんだ言いながら楽しかったけど・・・

あれ、そういえば玄関の鍵かった?
ちょっと見てくるね。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


きゃ~誰かぁ~!!
誰か倒れてるぅ~

IMGP0073

ところで、この子誰?

誰って、まあとにかく中に入れてあげようよ。
うわ~
IMGP0074

へえ~
なにじろじろ見てるの?はやくぅ~
は、ハイ!
IMGP0075

いまどうしてる?
疲れて寝てる・・・・
ちょっと聞いたら、飲まず食わずで、
実家からヒッチハイクして来たんだって。

ええ、まじ~?
IMGP0078

ありゃ~2、3日起きないぞ~
まあ、仕事に行ってくるから、
こころ看病してあげて・・・
了解!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ただいま~
で、あの子どうなった?

うわ!この子が貧血気味で倒れてた子?

ヘアーサロンつれてって、お風呂に入って
私が着れなかったワンピース着てもらって、
今、テレビ見てるところ・・・

どれどれ
お!なかなか・・・ボ・・ボ○ン
なんか言った?
いや何にも・・・・
_DSC5752

少しびくびくしてるけど、
今、やっと慣れてきたところ。
_DSC5766

今日から、こちらでご厄介になります。
未来(ミク)と申します。
_DSC5785R

こんな私ですけど、精一杯頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

え?なんでこうなったの?
まあ、ええ、良くわからんけど、わかった・・・
二人分の生活費くらい、がんばっちゃるわい!

ということで、ひょんなことから、
当家も3人の生活が始まるのでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まだ、恥ずかしくて、
人の目を見て話せないそうです。
今日のところは許してあげて下さいね。(*^.^*)
ご訪問誠に有難うございました。

 

周りに誰も居ない?
じゃ~ちょっとだけ見る?

_DSC5540

え、みみみみ、見るってどこをだよ~??
これは・・・やっぱ視線悟られたか~ぁ、
今日はなぜか・・・えらく・・・協力的・・・
な・・・なななな、なんでだ~?

ま・・・・まてよ・・・・
普段「ほっておいてくれ」って言うくせに、
こころのお手洗いに連れて行くことだけは
やたら親切な人も、今日はさすがに居ない!
って言うことは、次の発すべき言葉は・・・

みるみる・・・


いや~ぁ、下心暴露!・・・(^^;
Then what will be the next ?



みるって、どこを~?

くっそ~、結局そう来たか~
 

な~んちゃってうそ!
それより、おなかすいたし、おトイレ行きたいな~
_DSC5483

え・・・おトイレ?ばっ・・!
そ、それ、禁句だろう!

あ~あ、ほら来ちゃった!
いつものTシャツに、なんとか  a○○○○~だ。

お嬢ちゃま・・・おトイレが近いようですね~
おじちゃま・・・いや、ここに居るおにいさんが、
手を取り、足を取り、○○ティーまで取って、
おトイレまで連れてってあげましょうか~ぁ

あ~あ、おら知んねぇ~!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ということで
こころのわがままにお付き合いいただきまして
誠に有難うございます。
 

風でスカートが開いちゃう~
あ、風が止んだ・・・写真は今がチャンスだよ。

_DSC5477

さ、最近はこころもお出掛け慣れてきたな~
風を予測して、スカートを手で押さえるなど
前は出来なかったが・・・(^^;
これでは、外ロケの楽しみ半減だぞ・・・・



それにしても、寒そうな景色ね~
うわ~、冷たい・・・・
なにか動物も来たよ・・・
あ!トド
誰かさんそっくり~!

_DSC5530

オウオウ、オウオウ!ってか~、
ハイハイ! どうせ、俺のことだろうよ・・・(゚皿゚メ)
そりゃ~ここまで来るまでにはえらくて、
何度かトドが通ったような跡ができたよ!
それにしたって、トド扱いは酷いんじゃ~・・・
まてよ、ここであえて「俺じゃ無い」といって、
逆に、「何勘違いしてるの?」って言われたら・・・(氷結)
やっぱ、ここは黙ってやり過ごそう・・・

しかし、確かに何もかもが冷たい。
もう春だというのに、ここは別世界だ。
まあ、どこに行っても、こころとなら楽しいか・・・



ジロ・・・いい・・・・
_DSC5511

ジロ・・・・
_DSC5521

おお、なかなかいい眺めだ。
毎度の事ながら、外の景色もいいけど
こっちの景色も捨てがたい。
やべ~・・・・
視線感じたか?

そんで、今日の格言は・・・
きょ、きょ、今日の格言ですか神様。
え~と、

「エロ視線、即座に見破り、トド扱い!」

あ、あれ、なんで急に吹雪に~・・・
神さま~!

サイハテの地を夢見てやって来たけど、
寒いし、幹線道路しか通行できない。
結構雪があるところは行動が制限されると感じつつ
とうとうやってきてしまったサイハテての地。
雪があるところの撮影って結構場所に困るな~
まあ、そんな事思いつつも・・・

こころ~着いたよ~

因みに初音ミクのサイハテは、
あの歌の背景は、どっちかというと花いっぱいの春!
それなのに何?この荒涼とした風景。
それにしてもここはどこだよ・・・?

とんでも無いシベリアに着いたんじゃないの?
いくら淋しいって言ったって、
普通こんなところまでつれてくるか~

し、しかし寒い。恐らく気温はマイナス3度以下だ。
そ、それなのに・・・
寒い中、刺激的なミニスカート着せちゃった。
ま、それもいいか・・・
結構本人は楽しそうだし・・・


うわ~ひろ~い!
こんな綺麗な景色につれてきてくれて有難う。

_DSC5502

そういわれると疲れもふっとぶな~
こころを抱えてこんな長い距離初めて歩いた・・・
というか、気がついたら歩いてしまっていた。
恐るべし、女の魔力ってところか~
歩いた距離は恐らく600m以上
雪じゃなかったら歩けるかもだけど、
時々、膝上まで埋まりながら、
雪の上をこころ抱かえてまずは1往復、
機材運搬に2往復 
合計3往復はさすがに堪えたよ。


本当綺麗だね~一面銀世界だ!
いやいや、道中大変だったけど
そういわれると、一緒に来た甲斐有ったよ。
じゃ~写真撮るね~
_DSC5458

しかし・・・周りの人達からは
また夕方じゃ~ね~かっ!
もっと早くロケ始めろよ!って言われるだろうな~(^^;
でも、仕事の時間調整しながらだから許してもらおう。

そんでもって、特に当家に対する格言!
そんなに「ドールもって歩くな~!」
いや、そんなに「こころ抱いて歩くな~」・・・か!

雪ノ下は何があるか分からない。
とにかく、雪中行軍は辛い・・・


今年は、3月9日に初音ミクのイベントは
Matsurida Divaなんて緊急告知はされたものの、
前もって言ってもらわないと、そんな急に
予定を変更もできず、パスした。

なんとも、消化不良のような春だったけど、
初音ミクのイベントがまた夏に公開決定となった。
4月18日にマジカルミライコンサートの
サイトも本格稼動され、メインビジュアルイメージや
ツアー情報も公表された。
※何もあんなに力強いイメージじゃなくても・・・

しかしまた、ミクに会いたいな~
DSCN6368

題材として、検証をつけたのは、本家の検索を
邪魔したくないし、本家の情報を得たい人には、
この検証は迷惑になるので、あえて、検証を付加し
回避にあたったつもりです。
迷った際は何卒御容赦下さい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

とう言うことで、いままで、幾多の初音ミクの
コンサート・イベントをを体験した当家として、
2014年の初音ミクマジカルミライを検証してみた。

まあ、ともかくもイベント予定は下記の通り。
2014年8月30日 Intex 大阪 5号館
2014年9月20日 東京体育館

チケット情報等の詳細については、一読後
マジカルミライ 2014で検索してね。

さて、会場の大きさは去年の横浜アリーナが、8,000m2
今年予定のIntex大阪5号館が、4,728.0m2
その差の比率は横浜アリーナなの約59%のサイズだ。
昨年の横浜アリーナの入場者数が13000人と仮定すると、
単純比較だが、約7600人程度の入場が可能となる。

問題は会場の形状だが、
改造が無ければ、全てワンフロアーという形になり、
会場の席に映画館のような傾斜が無い。
従い、後ろの人の視界はあまり・・・
期待できないのではないだろうか。

※昨年マジカルミライ2013のイメージ
DSCN6397

横浜アリーナでは、昼公演は最前列付近で
まあ、申し分なかったけど、夜公演の40列目付近では
前の人のサイリウムや、背の高いひとで
結構見るのに辛かった。
会場として、あまり大きなものは考え物だったが、
去年の反省を踏まえてだろうが、
今回は少し小さくなってほっとした。
売り上げを大きくしたいのは分かるけれど、
見る側としては、床に傾斜がついた
1500人規模の音楽ホールがいい。

次にチケット代だけど、
とうとう、こんな高額な領域まで行っちゃったのね。
去年は、コンサートチケットを購入すれば、
本来500円の入場料が必要な企業ブースや
販売エリアにも入れたが、今年は別料金らしい。
大丈夫か~?(※の部分で後日訂正)

また、昨年の昼公演の公演料は全て統一で、
18歳以下の子一人に対して、5人の保護者の
入場が許可されていた。
この5人は、おじ~ちゃん、おば~ちゃん、
父ちゃん、母ちゃん、お姉ちゃんまで含むことが出来た。
詳細は今のところ、良く分からないが、
今回は、1名の様子。(※の部分で後日訂正)
ということは、母ちゃんか、父ちゃんか、はたまた?
子一人、親二人で行く予定だった家族は
行く事自体やめてしまうというパターンも有り?
ここは、やっぱり保護者は2名までとすべきだろう。
そう感じた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※ その後予約可能日が来て実際に予約を入れると、
上記記載の情報がはっきりわかりましたので
2点ほど訂正いたしいます。



① 500円の入場料=コンサートチケットで不要。
② U-18の同伴保護者=S席8000円以上の負担。

従い、今回3900円で見ることが出来る人は
U-18の対象者のみで、保護者は一切不可。

上記のようになっていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

また、一般席と同席になるということは、
隣の人は9,000円で同じコンサートみて、
すぐ隣は、3,900円で見ているということが起きる。
これって、あまりにも不公平すぎない?
しかも、昼公演のSS席って、殆んど企業がツアーなどが
買収している感じ。
となると、U-18とは名ばかりのパフォーマンスで、
実際の席を埋め、高利益をたたき出すために、
1名の保護者としたのではないかなど
いろんな考え方が浮かんできてしまう。

ともあれ、楽しみが一つ増えたことは嬉しいけれど、
だんだん商業的に成功していく初音ミクが、
本来の本筋からあまり外れて言ってほしく無い
いちファンとしては、そう願うのであります。

最後に、個人的な意見を言わせてもらえば、
また、名古屋飛ばしか~・・・て言う感じ。
大阪の人口 866万(2012)
愛知の人口 726万(2012)
愛知県のGDP 約34兆円
このGDPって、タイ一国(6700万人)の国民総生産に匹敵
そんなに市場が小さいわけじゃないのにな~
名古屋や福岡でもやって欲しいなぁ~ 

その他の注意点は、大阪コンサートの時期は暑いので
入場前には飲料水など持参したほうがいいね。
ね、こころ~
P3220837

やっぱり、この横顔見てると
コンサートも行けないかも・・・   

今日は創作というより、つぶやきになっちゃいました。
ご訪問誠に有難うございます。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

古くからのボカロファンとしては、
ミクパ札幌の曲目が本筋のように感じますが、
とりあえず、同じ2013年時の
ミクパ札幌の曲目とマジカルミライの曲目の違いを
ご参考に記載しておきます。

-------------------------------------------
ミクパ 2013 in Sapporo 

01: 千本桜
02: 恋色病棟
03: カラフル×メロディ 
04: 私の時間
05: Yellow
06: ぽっぴっぽー
07: トリノコシティ
08: メランコリック
09: ココロ
10: fire◎flower
11: 右肩の蝶
12: ローリンガール
13: 結ンデ開イテ羅刹ト骸
14: ロミオとシンデレラ
15: ピアノ×フォルテ×スキャンダル
16: Pane dhiria
17: 千年の独奏歌
18: ダブルラリアット
19: ルカルカ★ナイトフィーバー 
20: 初めての恋が終わる時
21: こっち向いて Baby
22: 白い雪のプリンセスは
23: 初音ミクの激唱
24: Tell Your World

アンコール
メルト
Letter Song

-------------------------------------------
マジカルミライ2013

1 sweet devil
2 2次元ドリームフィーバー
3 キャットフード
4 からくりピエロ
5 ありふれたせかいせいふく
6 どうぶつ占い
7 深海少女
8 Hello ,Worker
9 erase or zero
10 ピアノ☓フォルテ☓スキャンダル
11 スキキライ
12 shake it !
13 Weekender girl
14 FREELY TOMORROW
15 Last Night, Good Night
16 Leia
17 東京テディベア
18 アンハッピーリフレイン
19 glow
20 Tell Your World 
21 39
22 ODDS&ENDS

アンコール

1/6 -out of the gravity
ゆめゆめ

 


わたしかなり寝てた?
ちょっと私も花粉症みたい。

_DSC5383

ここはどこ? 窓の外は真っ暗だし、
ここからじゃ~良く分からないね。

_DSC5385

 外の景色はこんな感じだったよ。
 去年のリベンジさ!
P3120646

だいぶ沖へ出たな~
おお寒い・・・・そんな事言ってた。
P3120654

この部屋は~?この音は何?ええ~!船の中なの?
去年言ってた事を本当に実行して、
部屋借りきったの?
でも、すこし揺れて気分悪いから、もう少し寝るね~

_DSC5388

こころ~もう昼だよ~
あれ、起きてた。
_DSC5393

起きてるよ~
でも、これって公共交通機関でしょ?
よく私と一緒に乗れたね~

_DSC5397

いろいろ有ったさ~!
でも、我慢できなかった。
寒いところで一人ぼっちなんて・・・
まあ、いろいろ思い巡らせた結果さ・・・
ところで?私達どこに行くの?
これって駆け落ちとかじゃ~無いよね。

_DSC5431

最果ての地 シベリアさ!
本当なの~?うっそ~!でも外は本当に寒そうね。
まだすこし気分悪いから、もう少し暖かくして寝る・・・

_DSC5437

ということで、こころはまた寝てしまいましたが、
また、次回につづくということで・・・
今日の創作はここまでです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

編集後記
まあ、実のところいろいろありましたよ~
やってる事自体、実際の渦中にいる本人は
頭に血が登ってますから、そんな罪悪感も無いわけです。
人によっては、嫌悪感を示される人も居るということを
十分頭の中に認識しておかないといけないと考え、
部屋からは一歩もこころを外に出すことはありません。

実際のところ事前に一応乗船許可の確認をしましたが、
船舶に関していえば、難しいというのが正直な感想です。
それは、乗船・下船もしっかりと人数を管理しています。
途中で、落っこちちゃったりしていないか、
それは働く側の責任として、実行されておられます。
もちろん船舶会社としては、最大限のサービスを許可
したいところではありましょうが、
万が一トラブルの元になってはどうしようもありません。

当家はハイアマチュアカメラ機材を
今のところ持ち歩いていない為、
それほどでもありませんが、
ひとによってはドールと共に、
軽く軽自動車が購入できてしまうほど
高額な所持品となります。
船舶会社が不要なトラブルを避けたいと考えるのは
致し方ないことかも知れません。

そこで、何をたずねられたかというと、
「なぜその必要性があるのか?」とかなのですが、
最終的には、手回り品でも3辺の合計が
200cmを超えないものという規定を申し付かりました。
背丈約146+肩幅約37cm+胸厚さ約22cm=205cm
リアルテイスト146cmのバスト大では5cmだけNGです。
おっぱいを押さえても5cm圧縮は難しいですが、
バスト小なら問題無いんじゃない~?・・・とか、
子供のような言い訳・・・・ ですが、
さすがにここまで言えませんでした。

そういや~、けつの厚さは未計測だった。

まあ、上記の計算はひねくれてダダをこねるような
計算では有りますが、3辺の合計値が云々ならば
そういう回答になりますね。
先々回の宿泊施設はOKだったのに、
この結果は、すこし残念でした。

ちゃぶ台をひっくり返しても、駄目だったな~
あ!ちゃぶ台は無かったでしたね。
空想のちゃぶ台返しということで・・・ご勘弁

ま、とにかく小心者はひっそりと波穏やかに
行きたいと思いましたので、これでもすべて
船会社の指示に従ったんですよ。

それでは、また次回に続きます。
ご訪問誠に有難うございました。

あれは、立春を過ぎたというのに、
まだまだ寒い冷え込んだ朝、ふと外を見ると
ふわふわと白いものが降ってきた。

こころは雪が積もった場所へ行ったことはあるけれど、
実際に雪が降るのを見るのは初めてだった。

「雪ってなんで降るの?」というこころの問いに、
一瞬真面目に答えようとしたけれど・・・・

「なんで降るんだろうね~?」と言ってしまった。
そこで、窓を開け、しんしんと降り積もる雪を
下から撮ってみた。
_DSC5380

こんなに沢山降ってくる雪だけれど、
どれ一つ同じ形は無いし、こころの問いの奥深さを
撮影をしながら感じたものだった。

人間社会が作り出した、この電線で
空の景色を一転させたのは、いつ頃からだろうか?
社会インフラと分かっていながら、欧米の景色のような
電線の無い社会は構築できなかったのだろうかなど、
少しばかりこの日本の空の景色を残念に思った。
_DSC5349

しばらく撮影した後、部屋へ戻り、
冷え切ったからだを暖めた。
先ほど見ていた人工的な機械的景色とは裏腹に、
はじめて見る、雪の降る日の説明に、
こころの夢をつぶさない答えを思い巡らせた。
そして、ゆっくりと説明した。

先ほどの外の空気とは一転、
室内は何という心地よさだろう。
窓の外と中のこのギャップに幸せを感じると共に
こころの膝の上で、さらに説明を続けながら
なんとも言えない心地よい眠気に襲われた。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



続きを読む

↑このページのトップヘ

キラキラ