リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

2017年09月

とうとう夏オフin蓼科の最終記事まで来た。
締め括りは蓼科アミューズメント水族館です。
素敵なスタッフの配慮によりご入館を許可頂きました。

初めてこころと行った水族館

間近で見るお魚さんに見とれる。 by コンデジ
P7190056

大きなお魚を見上げるこころ by α57
※同じような暗い環境下なのにα57の方がはるかに綺麗。
DSC07727

「可愛いね!」って声を掛けたくなる後ろ姿!
「鯉の事ね!」ってかわされる可能性大ですが(^▽^;)
DSC07739
※水が流れて素敵な作りの館内

思い返してみれば、盛夏の思い出は
やはりこのオフ会がメインとなった。
それだけ今年の夏は忙しかった(^▽^;)

しかし、これだけの標高に水族館は珍しい。
大抵水族館と言えば、
海沿いにあるものという認識だった。
お魚好きさんのリクエスト、
許可頂いた施設担当の方々の配慮があって
実現した水族館訪問だった。

美しい一瞬が積み重なった記憶となりました。


ドールちゃん達、参加者の皆さん!
そしてご協力頂いた各施設の方々
この場をお借りし改めて御礼申し上げます。

以上、
夏オフin蓼科2017終了

P.S.
あ~ぁ!今年の夏も終わっちゃったな!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

蓼科アミューズメント水族館HPのリンク
HPを見ていくと割引の方法が記載されています。

淡水魚だけの水族館で、水の綺麗な
高地に建設したというコンセプトが面白い。

https://www.tateshina-aquarium.jp/

スタッフの方もとても親切ですよ。

炎天下の車の中で独りぼっちだった
未来を連れ出して涼しい高原のレストランにて
みんなと一緒にランチタイム。

人見知りのため緊張する未来

P7190017
 
車内熱中症を気遣ってくれたみんなからは
冷たいメニューのオンパレード

なぜか未来の頬に涙の痕。
P7190019R


未来の涙、撮影時も全く気付かなかった。
自宅で写真選択時にこの写真を見つけた時は
なんだか涙が出てきた。

しばらくすると落ち着いてきた未来。

P7190020


ブルーベリーパフェとアイチュが出てきた後、
不思議にこの時に涙の痕は消えていた。

P7190021

さらに出てくる冷たいデザート
食べきれない量にちょっと困った様子。

P7190022

それでも、どれがいいか必死に選択し始める未来。

P7190024

子供の時によくある何かの選択方法によって
選択がなされていく感じ、見てて面白い。
「未来、食べていいのは1個だけだよ!」
P7190026


ポンポン痛くなるよ!
P7190030

仕方ない、皆にお礼言って二つ貰おうか?
本当にいいの?

P7190032

結局、未来の夢の中で二つを頂きました。
もうこれで、しばらくパフェはいいでしょう!
皆さん有難う。

この日以来、未来の虜になりました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やっと、相手にしてもらえた
未来の記憶の1ページになりました。



あの夏の高原・・・

そういえば高原でバスを待つ少女2人に合った。
「こんにちは~って・・・軽く挨拶してみた。」
すると、二人そろって双子のように同時に
同じ反応が返ってきた。
DSC07671

ちょっとクスっと笑えた。(*^▽^*)
同じくバスを待つ身だったが、
あまり近くに居て待つのもなんだか間が持たない。
少女達を気にしないふりをして、少し離れてその
長い待ち時間を過ごすことにした。

すると、なんやら彼女たちから・・・
「ねえ、ねえ!魔法って使える?」
そんな会話が聞こえてきた。

「そんなもん、使えるわけないだろう!」
そう思ったが、
そんな会話が出来る彼女たちって可愛い。
また、くすっと笑えた(*^▽^*)

ところが次の瞬間!
この暑い待ち時間にあったらいいなぁ~が出てきた。

DSC07687

学生服の女の子もびっくり!
そして、「それ、私も欲しい!」

DSC07697S


なんやら、会話中の内容によると、
魔法は連続して使えないという事。
追加のアイスは出てこない。
素敵な夏ドレスを着た少女は最初
「これ、私のアイス!」って言ってたけど、
それとは裏腹になかなか食べようとしない。

あ~、どんどん溶けていくアイス!
DSC07689

ソフトクリーム丸いよ・・・(^▽^;)
そっちが気になる。
気が付くと彼女たちの世界に完全に引き込まれてた。
夏の日差しを受けて溶け始めたアイスだったが、
そうこうするうち魔法が使えるようになったらしく、
もう一つアイスを出して、二人で仲良く食べてた。

なかなか口にしなかったのは、
魔法の使える時間を待ってたのか?
バスに揺られながら、
白い夏ドレスの女の子の優しさを理解した。
なんだか良い話だな~

素敵な蓼科旅情

いまでも彼女たちの姿が目に浮かぶ。
DSC07697R

しかし、あのアイスどんな味がしたんだろう。
一口舐めさせてって言えばよかった!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

物語は創作でありフィクションですが、
外ロケ中にこんな小道具を用意できる
オーナーさんも素敵です。
物語が一つで来ちゃいました。(*^▽^*)
THANKS!



↑このページのトップヘ

キラキラ