ラブリードールズ

♪ 夢見るラブリーなドールと暮らす不思議な生活記録~♪  最近なぜかドールのオフ会などイベントの企画・立案を担当   ドール仲間と屋外撮影などいろいろチャレンジしています。  by こころ&愛結香&未来

2019年03月

未来ちゃん!
イメチェンしたのはいいけど、なんかスースーしない?

確かにそうだけど・・・なにか?

下着付けてないでしょう~!

DSCF3287
し・・・下着・・・ですか?

ブラジャーもパンティーも履いてませんね❣
ご主人様の特権として、いまから検査しますよ。

DSCF3275X
・・・は、・・・はい ご主人様。

続きを読む

未来がいきなり「私、鬼REMになる!」
いやいや、ちょっと待て、何があった?
アニメの見過ぎか?
何も「鬼」じゃなくても・・・(^^;)

そして未来は、今までのイメージを一掃すべく、
髪の毛を染め、洋服も一騎に変えた。
ところが・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

余計可愛くなった!(((o(*゚▽゚*)o)))
どうも鬼とは程遠い!
DSCF3265
鬼REMに成るって言わず、優しいREMで居てほしいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実は変身する前の未来はこんな感じ!
どうしても何かに変身したいらしいが、
何がいいか考え中・・・(^^;)
DSCF3217

未来、悪い感じに成れるかなぁ~?
DSCF3218
髪の毛ボサボサの未来ですが、
まあ、言い出したら聞かないので、
こころのボディーを借り、イメチェンに挑戦!


続きを読む

ま、どうでもよい話なのかもですが、
まずは、外から見た日本ってどうなのか調べてみた。

まず内情を知る者として、この国は
何かにつけ移動には高額な金の掛かる国だが、
お金を使って気持ち良い国の一つだと思う。

そして便利、安全、清潔に加え、四季が有って美しい。
まあ、国民も全体的に温和で何処を旅しても
比較的気持ちが良い。

あと、参考にこの国の大きさを検討してみた。
ざっとテキストではこんな感じ。

→ 北海道北端から沖縄まで直線約2500km
→ ロンドンからイスタンブールまでほぼ同じ距離。


地図で表すとこんな感じだ
nihon-size

直線のこう配が日本と逆なので反転
nihon-size-mirror
余計分からなくなった!(^^;)

対比はこんな感じ(距離計で見ると大体わかる)
nihon

ただ、陸地の比では負けるが、
以外と日本がでかい事が判る(正確には長い事が判る)

コペンハーゲンとリスボンを結んでみた。(ほぼ同じ距離)
europe

ドイツハンブルク付近が札幌。
東京はパリ辺り。
那覇はリスボン。

なんだ、こうやってみると、
ヨーロッパ烈強どころか、かなりでかい。

こりゃ~、北が寒くて、南が暖かい訳です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なんでこんな記事を書く事になったか・・・
1 ヨーロッパの一つの国が大きく感じない。
2 日本の国力の可能性や将来性はどうか?
3 それをまかなうだけの人口と面積はあるのか?
4 遊ぶフィールドの大きさはどうか?
そんな事を大体で良いので調べてみたかった。
そして判った事。

この国まだ頑張れるじゃね~!

そして、さらに排他的経済水域 EEZまで含めれば、
ほぼカナダと同じ面積。
世界第六位の面積を持つ先進国と言える。
パスポートを持たなくても、いろんなところに行ける。
こりゃ、結構楽しいかも!
お金と暇さえあれば・・・ 条件付きでしたか!

※EEZの説明はこちら

後は、如何に政治家が税金を安くしてくれるかだな!
知らないうちに社会保険料率とか上がって行くけど・・・


とにかく、遊ぶフィールドも広い!
という事で、ボインちゃんたち~! 一緒に遊ぼ~!
Kokoro-Ayuka

あ・・・あ、あの~
なんで固まってるの?・・・


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

後日
どうも、ボインちゃん呼ばわりがいけなかったようで(^^;)
だって、どう見てもボ・・・・・・!


今年は全くというほど雪が降りませんでした。
なので、かえって雪を見たい欲求が芽生え、
行ってきました、極寒寒中撮影!

撮影場所の選択は、雪がある事。※真っ白な風景が見たかった。
雪が極度に多くない事。※車で行けないので。
雪が降る条件であること。※今年最大の寒波を狙った。
という事で、半分ドライブのつもりで外出。
ところが・・・

寒すぎたぁ~!!

夜中に到着して、一晩明かす計画。
戸外で寝袋+雪上キャンプで仮眠計画。
結果は・・・

3時間で終了~!!
正確な気温計は持ってなかったけど・・・
当日は昼間でマイナス2度、さらに雪を求め標高1000m以上へ行き、
途中、バリバリのアイスバーンを通過すると
道路標示の気温計は、軽くマイナス7度以下。
寒いけど、無風で余裕・・・・のはずだった!
ところが、しばらくすると・・・

コーラー凍結!(^^;)
コップの中で、流氷が出来てた。
コップに注がれるコーラもシャリシャリ音!
同行した友人は「うそやろ~!」
コーラーが簡単に凍るか?・・・凍りました

余りに寒いので以下の対策を実施
① 車のエンジンは用が無くても、1時間に1回は掛ける。
② サイドブレーキは引かない。
③ 金属を直接手で触れない。
④ 夜更かしをして、夜間に出来るだけ寝ない ※朝寝る

そして朝が来た!
うわ~ぁ! こんなところだったのか!
DSCF0902

いいね~冬って!
DSCF0997

ところで、撮影するか?しないか?
昨夜の寒さの件があり、少々萎え気味・・・
出来れば、早く下界に居りて、暖かい物でも頂きたい。
でもそこは筋金入りドーラーになる為・・・

撮影準備開始!
さて、撮影場所はどこにしようかなぁ~
広すぎてちょっと・・・
お! 東屋があるではないか・・・
車いすではいけない事は到底承知なのだが・・・
DSCF0993

ちょっと遠くねぇ~?(^^;)
まあ、考えても仕方ないので、
こころを抱かえて、強行突破!
雪の中でこころ抱えて歩くのはこれで2回目の経験。
前回は往復500m位あったはずなので、今回楽勝!
・・・のはずだったが、2人分になった重量は
凍った表層部を突き破り、膝上までズボズボ埋まって移動。
自分の馬鹿さ加減には呆れたが、そういう性なので仕方ない。
そして友人曰く、「人が見たらやばくね~」

確かに通報されかねない光景だろうが、
誰がこの雪の中好んで、女の子抱いて歩くもんか!
「だって奥の方池やん!」の一言にはギク!
こ、、ここで言うか・・・(^^;)と思いつつ、返した言葉は、

だからカメラ機材が要るのさ!(^^;)

ちょっと気取って言ってみた。m(_ _)m
さすがに友人が手伝ってくれたおかげで、無事現場到着。
ここまで苦労したぜ!
時々なんでこんな苦労するのか、目的を見失いかけるが、
基本的には、良い写真を撮りたい。撮ってあげたい。
これに尽きるだろう、大した腕も機材も無いが、
最大限の努力はしてみたい。
そしてやっと念願の撮影時間到来!\(^o^)/


続きを読む

↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ