以前にもJPGの圧縮について調査し、
どの程度の圧縮率が適切で、
サーバーの容量を出来るだけ少なく出来るか
検討してみた記事を書いた。

今回不幸か幸いか、
出掛けたい虫のお陰で、
高ISOの屋外の写真を撮ることになった。
もともと荒れた感じに撮れるのは
分かっていたけど、夜間の写真で、
月明かりのハイトーンから
真っ黒に近いまで、ある程度の
階調性の屋外写真で実験がしたくなった。

当家の写真は、後々の処理の関係や
アップロードの迅速性から、JPG撮影しかしない。
もう、塩銀写真が終わりかけの頃、
ポジフィルムで撮影したことがあった。
このポジフィルムは、適正光量の幅が
ネガフィルムに比較して、極めて狭い。
すぐにオーバーになるし、ちょっと露光量が足らないと
何?この真っ黒の写真!
そんな感じに撮れるフィルムだった。
だから下手糞はすぐ分かった。

そこで、当家の撮影スタイルはと言うと・・・

「As it is」

昔そんなフィルムの宣伝も有ったように思うが、
それゆえ、画像加工も殆どしない。
もちろん綺麗な写真を撮りたいけど、
失敗は失敗として許容し、
次回はもっと工夫しようを考える。
そんな感じで気楽に写真を楽しむ
スタイルにしたいと考えている。

でも、写真と言えばデジタル写真この時代、
サーバーの容量や管理の問題は付きまとうので、
今回は圧縮率について考察してみた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

早速ではあるけれど、
下記の3枚の写真の違いが画面で分かるだろうか?
DSC02854-80


DSC02854-85


DSC02854-90


上記3枚は先回アップした写真とは異なるものだが、
上から、どうなっているかと言うと

一番上=圧縮率80%-190KB
真ん中=圧縮率85%-242KB
一番下=圧縮率90%-339KB

JPG圧縮の場合、似たような色ごとに
ここからあそこまでは同一色と言う具合に
データー量をまとめている。
そのため、圧縮率を上げると、圧縮ムラや
階調性に問題が出てくるはず。

でも、この画像の場合90%圧縮と80%圧縮では、、
結果として、容量で1.78倍も違うのに
画像としてその違いが殆ど分からない。

「なら!80%のほうがいいじゃん!」

一応、ここまでの暫定的な検証結果はこんな感じ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

上記の実験では良く分からなかったので、
極端に圧縮率を10%としてみた。
すると・・・
DSC02854-10

この結果から、この圧縮率と言うのは、
同じ色と認識する色幅を広げている事が分かる。
それにより、階調性が酷くなっった。

見た限りでは、圧縮率を上げると、
色に問題が発生しただけ。
これによりその同一色の範囲が広がるので、
階調性が悪くなり、解像度も下がったように見える。

ただし、解像度が下がったように見えるけれど、
それは、階調性の低さゆえそう見えるだけで、
解像度の問題は別問題。

今月から、画像を1280サイズから
1600サイズにしたけれど、
1280サイズにするより、
1600サイズのほうが解像度は良かった。

それは、データーを間引いていく際、
画像処理エンジンとしては、出来るだけ整数で割り切れるほうが
都合が良いわけだが、それが割り切れないと、
ある区間はデーター間引きが1個だけど、
違う区間は2個と言った具合に、不均一が起こる
これが、解像度を低下するようなので、
少なくとも、元画像サイズを小数点2桁までで
割り切れる画素数へと変更した。(横方向)
また、圧縮率を80%とすることで、
1280サイズに比較して、わずかに多いデーター量で
対処できるように成った。

じゃあ50%とはというと・・・こんな感じ(約81.1KB)
DSC02854-50


荒れてはいるが、そんなに酷く無かった!

ブログをやっている人にとっては
アップロードした容量も気になるところだけど、
今回の実験結果の様に、
そこそこ圧縮してもよさそうだ。

まあ、眠たいので今日はこれくらいで・・・
DSC02776

・・・とおもったら、
愛結香が・・・
それが何か?・・・と言うことらしいです。
おじちゃまのごたくにつき合わしちゃってゴメン


P.S.創作でなくて現実ですみません。