また、本日の外は雪が深々と降る静かな夜です。
そんな寒い冬の最中、当秘密基地で
オフ会が開かれる予定がありました。

その予定が決まってからと言うもの
誰が参加するのか?そんな談義がありましたが、
既に、未来は頭の中で自分が参加している
オフ会のイメージを膨らましていたのでした。
DSC06135

とは言っても、今回出掛ける訳では無いので、
全員参加でいいと思っていたのですが、
そこはやはり女同士、より美しく参加したい。
そこで、知らないうちに交渉ごとがあったようです。

愛結香ちゃん、私が参加したい・・・と未来。
DSC03820

その愛結香は、
参加すれば良いじゃん!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そういえば、未来はあの頃から・・・
dsc08777

どうもナノボディーが嫌い。
そんな気がしてた。

時には、お勝手についてきたり
DSC03699

そんな未来は、滅茶苦茶女の子っぽく
普通なら可愛い!なのだが行き過ぎるとヘビー!
お姉ちゃんのボディーを借りているときは
あんまり暗い表情もなく、優しく楽しそうなのだが・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


そして、三者が集まった夜・・・
えらそうにも愛結香に膝枕をしてもらった未来
何気なく・・・
DSC05876

オフ会の時、お姉ちゃんのボディー貸してください。




そこへ出てきたショートケーキ! こころが持ってきた。
DSC05879

いっせいにみんなの視線がケーキへ
DSC05878

未来がそういうならいいよ・・・
その代わり、未来のケーキは全部私が貰うわ
DSC05881

愛結香はこの前オフ会行ったからと、
優しく、未来の要求に応えて了承しました。
困ったのは未来!
大好きなイチゴショートケーキとのトレードです。
DSC05907

未練たらたらではありますが、
そこは、やっぱり条件飲むしかないでしょう!


そして、かなった念願のオフ会出席!
DSC06164

良かったね未来!
有り難う、お姉ちゃん!

なんだか、オーナーには
プレッシャーに聞こえましたが・・・
とりあえず、姉妹のやりとりに感動でした。

次回は、秘密基地オフ会の記事だと思います。

P.S.
後で冷蔵庫を開けてみると、
愛結香はちゃんと未来の分を食べずに
保管してありました。

「未来の分」って書いて・・・