リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

カテゴリ: オフ会

①題名の件・・・
オフ会でケロロさんに聞かれた。
ガツンと来た!

②じゃ、どういう画像が好きなのか?
優しく噛み砕いて、もう一度質問してくれた。
その問いにはすぐ答えられた。
現場では言葉で伝えるしかなかったけど、
一応1枚目の写真のイメージを伝えた。

こんな遠近感のある写真(α57 キットズーム18mm)
DSC04184

同じ機材・同じ焦点距離だけど、以下のような写真ではない。
DSC04168


しかし、①の回答は少し考える結果となった。
ぼかしの事は考えてなかった・・・(^^;)

強調したいものは何?

もちろん、この場合愛結香ちゃん!
なのだが・・じゃ、どうやって?

言葉に詰まった。

うう、写真創作も奥深いぜ!

出直しだ!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

好きな画像は広角レンズ
でも、広角になるほどぼけにくい。
でもぼかしたい。

この相反する関係をどうするか、
レンズを明るくして、絞りを開いて・・・
そして・・・

やっぱ、フルサイズに行けって事かぁ~!!
なるほど、やっぱり!


夏のオフ会の続き
少し時間夜に巻き戻したいけど、またそれは別の機会として
翌朝の写真

お嬢ちゃま達、どっち向いてるのさ~
DSCF4209

はい、それでOK!
DSCF4212

なんと、ボリュームのある乳・・・いやm(_ _)m失礼
ボリュームのある胸!
安らぎボディーってこんなんなのか?
進化した豊かさだ!
DSCF4232

対して146Dの愛結香、前方突き出しロケットタイプだが、
着ている服のせいか?、以外とそうは見えない。
とりあえず、レンズのせいとでもしておこう。
DSCF4237


朝から、何比較しとんるんじゃ!
パイ・・・です。(^^;)
朝の空気が素晴らしいとか、
川の流れが美しいとか無いの

でもその前に、男なもんで・・・
なら許す!\(^o^)/


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ところで、ドールと違って最近の進化・・・
社会情勢の進化と言った方が良いですが、
本当に進化ですか、退化ですか?

その1
水道事業を民営化して良いのか?
・・・これ結構危険だと思いますが。

その2
本当に労働力は足りてない?
・・・地方じゃ余ってます。

なんか投資会社の給与の問題もあったな・・・
中央はどんだけ、国力あると思ってるでしょうかね?
経済はかなり海外資本にやられてますが・・・
どうもこちらには、進化した豊かさは無いような
そんな気がしてなりませぬ・・・

と言うか、
いつもこのブログは殆ど女の子の写真ですけど‼

いや、前回は動画だったので、
今回は車窓の風景と女の子(ドール)の写真なんです。
乗車中の女の子たち・・・
天竜峡飯田線の景色を満喫しております。

女の子のお洋服ですが、いつもきまってオフ会の時には、
人にはスケスケ駄目よ!と言っときながら・・・
今回のお洋服はスケスケスカート
いや、ちゃんとインナーあるから大丈夫!
・・・じゃなかった(^^;)

そうか、電車に慌てて乗車した際、
インナーがまくれ上がっちゃったんだ!

幸いマイバック君が隠してくれました。
マイバック君、有難う~
DSC03776S

Wかれんちゃんで仲良く乗車中
DSC03784

女の子同士のお喋りがあるかと思ったけど、
乗車に必死で、まずは休憩モード。

大人しく乗車しています。
DSC03785

ほどなくして門島駅下車。

愛結香はもっと長旅を予想してたらしく、
もう着いちゃったの?・・・ていささか消化不良気味!
恵たんさんは”夏だ~!”って空を見上げ、
右のお嬢ちゃんは、”着いた~って”優しそうな雰囲気。
DSC03806

一番右のさっちゃん、飲料水持参。
本当は次の写真にしようと思ったのですが、

サービスカット品でしたので、控えました。
DSC03810


せっかくここまで来たので、
調べた無駄な知識を書きたいと思います。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実はこのあたりの列車ですが、
電車なんです、汽車(ディーゼル車)じゃないんです。
こんな山間部まで電化されていたとはびっくり。

さて、降車駅は門島(かどしま)ですが、
ひとつ前の唐笠(からかさ)は天竜下りの終点で港があります。
唐笠、門島、田本とも天竜川の眺望が良い駅ですね。

対して金野(きんの)は米川支流域に入った駅ですので、
上記3駅とは少し風景が異なります。
動画に有った金野と言う駅ですが、一日の乗客数が1人以下(^^;)
飯田線94駅中最下位の乗車人数(平均160人程/年 0.43人/日)
電車が何本通過しても、人が一人もいない日が2日に1回はある。
素晴らしく人が乗らない秘境駅ですよ・・・金野駅って!
秘境駅ランキングでは常に10位以内(2018年度版は7位でした)
名前も良いです。金の野、金色の野?
そういえば、古き言い伝えで・・・

青き衣をまといて金色の野に降り立つべし・・・ああ!
青き衣=愛結香?(^^;)
漫画の読みすぎと言われますが、中々縁起の良さそうな駅名です。
今回降りなかったですが、機会があれば自走で行ってみたいです。
そして、門島の次の絶壁田本駅は4位と言う、秘境駅宝庫の飯田線。
いずれも日本全国ランキングですから、凄い秘境駅群です。

じゃ、なぜ門島だったの?
確かに、秘境駅ランキングに挑戦もありだった。
しかし、このようなお嬢さんを連れての参加です。
条件はいくつもあって門島駅となったのです。
小心者が計画するオフ会です。その条件とは・・・

もし、地震遭遇や天候急変したら→断崖絶壁の田本駅は怖い。
もし、電車を逃したら→駅の近くに宿泊施設が有ってほしい。
もし、体調に異常が合ったら→救急車が来れる接道必須。
もし、秘境駅がごった返してたら→迷惑かも?有名駅はパス。

そして15分位は乗車し旅行気分を得たいなどなどです。
最初から人に頼る甘い考えは無いのですが、
万が一の時には、やはり近くに人がいると安心です。
今回秘境駅自体を制覇することが目的では無いので、
安全性も高く、出来るだけ人の迷惑に成らず、
時間的余裕もあるという事で、門島駅になりました。
なんでもそうですが、最悪はバックアッププランを持つ!
これが計画段階で肝要な事かと・・・
小心者が計画した事で、こうなっちゃいました。

しかし、あの帰りの電車逃したら・・・
帰れない事無いけど、さらに現地3時間待ち(^^ゞ
皆さん、無事もどれてよかったです。
では、次回につづく・・・



あれは何年か前の秋
初々しいこころとドライブに出掛けた日。
きまって出発が遅いのでその日も現場に着いたら夕方だった。
夕焼けで顔が赤く染まった彼女の顔の記憶が心に深く刻まれている。

小心者の当オーナーは外ロケも出来ず、車を走らせると
飯田線のおおぞれ駅と言うところに着いた。
なんとも風情のある山の中の駅だと思った。
dsc06790

すると電車が駅に来て止まった。
乗客は殆ど居ない。ああ、秘境の駅なんだと
なんとも言えない旅情を感じた。
このまま、車を置いてこころと一緒に乗っちゃおうか?
dsc06749

時は過ぎ、あれから思いは数年
何と急な思いつきで、愛結香と電車に乗車するとは・・・
人生って何が起こるか分からない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オフ会当日一通り、1時間程度の外ロケを終えると
次の予定である、とある駅へ!
皆さんのお力添えを得て、ホームへ入場・・・そして

なんとも粋なさっちゃん with プチパンティー
DSC03745

もうすぐ電車くるよ~
時刻表を見上げる愛結香?
DSC03749

あ、電車来た!ドキドキ
DSC03747

急に不安になる愛結香
DSC03752

のっちゃった~ぁ!
DSC03754

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は動画も撮りました。
大した編集はありませんが、とりあえずパート1です。


世界的に珍しい動画の部類かな?
いろんなドールの楽しみ方ってあるけど、
今回ご一緒頂いたドーラーの方々って、
写真を通して、楽しく、そして大切しながら、
健全?に楽しんでいる部類の人たちかもしれません。
こういうことをする前って、サイトやメディアを通しての
自分勝手な想像か、脚色されたイメージでしかありません。
もうちょっと言えば、このようなオフ会をしても、
まだ人ってわかりえない部分は残り、
回を重ねる毎に、少しづついろいろ分かってきます。
そして、軽々しく人や物を判断してはいけないと気づきます。

空間と時間を共有する事で初めて分かってくる事
凄く多くあります。
このような方々とご一緒出来て
本当に良かったと、改めて思ったオフ会でした。

今回のオフ会の集合場所は独断と偏見で天竜峡になった。
なんでやねん?
大阪と東京の中間付近の観光名所
そして、高速道路からのアクセスの良さなど
お集りする場所としては良かった・・・が!
この時期は非常に暑く、撮影ポイントも制限され
良いスポットは階段越えなのでちょっと苦労しました。

さてオフ会前日と言っても数時間前!
どの子が行くか? どんな服を着ていくか?
ドールオフ会はいつも決まって悩みどころなのですが、
こころと愛結香の顔色を伺って即決!
愛結香行くよ~!と成りました。
ところが、どうも愛結香はこころと同じお洋服が嫌な様子。
睡眠時間も無いのに、2度のお着替えタイム
余裕があって、これが出来たら楽しいのにと思いつつも、
前もって買っておいた夏服にチェンジ!

なるほど~、愛結香がごねるだけの事はある。
愛結香にぴったり! そしていざ出発!

集合時刻は11:00
でも、皆さん9:00頃到着!
お喋り好きな幹事のせいで取っ掛かりはいつも遅め・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、太ももにあやかりたい気持ちを抑えつつ
最初の一枚

DSC03698-85

しかし、なんだかα57キットズームの眠い写真。
CANON白レンズの画像を見た後だけにちょっと辛い?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、O̪氏のお嬢ちゃん
バッチリカメラ視線ありがとう!

DSC03703-85

新しいブログはこちら→オリエントドールと散歩日記

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こちらは、ケロロさんのお嬢様
一番遠くから来てくれてありがとう。

帽子をかぶった子は飛ばされないよう気を使った。
DSC03705-85

ブログはこちら→DOLL ミーたんとケロロの日記

この帽子が飛んだらまさしく、
野生の証明のワンシーンだったでしょう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、さっちゃん
胸に見とれ、ふと気づくと、
クロスフィルターつけっぱなし!

この甘々フォーカスは、自分の寝ぼけ眼じゃなかったんだ!
DSC03712-85

ブログはこちら→私はドール、我はドーラー

橋の上の撮影なので、いろんな人が行きかった。
こんなところで店広げてすみません。

通行人の皆さんも最初はびっくりした様ですが、
暖かく迎えて頂き有難うございました。
現在大きなドールでの外ロケ集団は100万人に1人以下かもですが、
これから、以外とこういった光景が見られるように成るかも?
ないか・・・(^^;)

DSC03718-85

ある、猛烈に暑いある日、
こんな感じで天竜峡でのドールオフ会スタートです。
ただ、こんな過酷な日では有ったのですが
後々とても大切な思い出の一ページと成ったら嬉しいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オフ会って好き者同士が集まってるだけ?
そんな風に見えますが、実は違うんです。
その辺はまた・・・


今回の写真もケロロさんにお借りした
CANON 5DMK3で撮影したお写真。

サムネイル画像は拡大しないと良く分からないかもだけど、
被写体に恋するくらい綺麗な画像です。
なんというか、説明のしようのない立体感と共に、
季節や場所、光、被写体、機材構成、
撮影者の心理を掛け合わせた複雑さが反映される写真撮影の奥深さ。
こりゃ~、カメラマニアが出来るわけです。
こんなカメラで撮られてきっと、愛結香も幸せです。

0O6A6699

さて、そんな事でご厚意で貸していただいた5DMK3
生まれて初めて触るフルサイズ機に感動しながら
十数枚撮らせてもらいました。

せっかくの機会なので
カメラの理屈も理解したいと思って
いろいろ考えをまとめてみたいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

自分の愛用機はいつも決まってミラーレスだけど、
フルサイズ機を使ってみての感想を書き綴ってみます。

① 最初持った時、なんちゅうー重いカメラだと思った。(^^;)
こんなの片手でシャッターを切る人には尊敬する。

しかしなんだか、重さは直ぐに慣れた。
ミラーレスにはミラーショックが無いが、
こちらは、そのショックがあるはず!
しかし、本体重量のせいかかえって反動は軽く思えた。
また、シャッター切る毎に訪れる感覚は何となく快感だと感じた。

② こんな簡単に綺麗な写真が撮れてよいのか?
そんな疑問はあったが、綺麗に越したことは無い。
初心者でも撮りやすいように、プログラムモードにしてくれてた。
それより、もっと大切なのは、感動や哀愁を含んだ画像を
どう残すのか?これは撮影者の腕によるものだと思った。
そして、やはりただでお金は取ってないと判った。
何だって、同じように見えて価格が異なるものは沢山ある。
しかし、やはり価格にはそれなりの理由があり、
それを平たく言えば、サービス等を含めた品質の違い。
そういう事だと改めて気づかされた。
こんな解像感を得れれば、その価値はあると感じた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以上を全体の感想としながら、
やっぱり皆が言うだけのことはあるなと思い、
今は、長いものには巻かれてしまいそうな気持ちです。
もっと具体的に言えば、さすがフルサイズ機!感服致しました。
そんな気持ちになっているのです。

ところが、一方ではAPS-Cでどこまで出来るんだろう?
そんな疑問もあり、次回はもうちょっと掘り下げて考えてみます。
今日の記事は、初心者のフルサイズ機レビューでした。m(_ _)m


↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ