リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

カテゴリ: お出かけ

先般の記事から使用した服だが・・・

こんどはこころが私も白いお洋服欲しいというので、
いろいろ検討して購入してみた。
ドレスと言うわけにはいかず、
白ワンピに成っちゃった。

ところが、ワンピースってフルシリボディーに
修正無しに着てもらうには背割りタイプでないと
殆ど着れない。
今回のタイプは、サイド割りで心配したけど、
開口ファスナーが大きく事無く着れた。
良かったぁ~ 

すると突然、こころがお外へ出掛けたいと言い始めた。
う~ん、お休みとは言え忙しいからなぁ~
次の仕事の準備もしなくちゃいけないし・・・

真面目すぎてつまんない!
私は用意できたよ・・・

早っ!
DSC04942

どっか行こ!どっか行きたい~!
行かないの~?


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


な~んだ結局行かないのかぁ~
ボケ!、アンポン!
DSC04962

結局・・・夏の扉開かず・・・でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、何かと忙しくて
お出掛けは出来ませんでしたが、
当管理人も本当は出掛けたくて仕方ありません。
こころには悪いなぁと思いつつ、
結局、ボケ、アンポン呼ばわりという結末です。

ではなぜ、こころはこんな事を言ったか・・・
そうですね・・・自分の自由を奪われたからですよね。
そう思うと、自由って大切です。
次回は願いをかなえてあげたいと思います。

社会の窓を開けて!・・・

後ろで、「変態!」と言う声が聞こえたので、訂正です。

夏の扉を開けて・・・

これで一緒にお出掛けできます。ヽ(^◇^*)/ 
 

5月は毎日アップ出来た。
結構、忙しかった。

創作としてのストーリー製作は
妄想馬鹿な管理人により
次々と頭の中に沸いてくるけれど、
実際記事にするのには相当な時間を要す。

お迎えして数年して、
それぞれのスタイルが固定されて来るのだが、
当家の場合、出張室内撮影が多い。
小心者である管理人は
出張個人屋外撮影が一人では中々難しい。
そんな状況であるのだが、
写真を整理していると一種の法則に気がつく。
それは、低光度の撮影が多い。
しかも、自由性をあまり奪われたくないので、
三脚はほとんど使わない。

しかし、いつまでも進歩無しではまずい。
いろいろ打開策を検討してみた結果、
当家に必要なのは明るいレンズだ!
そういう事がわかった。ただ・・・・
わかっちゃ居るけど、まだ買ってない ヾ(;^∇^)ノ

上記等々の理由により
今月はストーリ製作を一旦お休みして
写真部の展覧会のように、「展覧会もどき」で、
へたくそ写真部をやってみたいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
題して:管理人無視!
こんなふざけた題名では駄目なので・・・

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+; 「待合室の女学生」 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
DSC04130


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+; 「心音」 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
DSC04133


題名付けるほうが難しそう!
ま、・・・いいか~
 

彼女達に会いたくてコンサートに行ってきた。


場所はこんなところ
fukui1

うちらの等身大ドールとはかなり違う様子。
Fukui2

グッズの販売品はこのような商品
Fukui3

入場時(この後、撮影Xになった)
Fukui4

感動と共に終了して出てきた。
Fukui5

UFOも来てた?
Fukui6

夜見ると綺麗(手振れした)
Fukui7

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

感想
凄くよかった。
Aーちゃん少し体調わるそう?
Nig□t Flig□t最高!
Cli□ng Cli□ngがレザーがガンガン回って
特に良かった。
距離が近く、なかなか良い会場!

7年間の思いがやっと達成できた。
滅茶苦茶綺麗な3人だった。
BL出たら記念に買おうと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

愛結香、ただいま~

DSC03855

どなた様ですか?

ギク!・・・


朝ですよ~!
DSC02963
 
うあ~、もう朝・・・
DSC02964
 
なんだかいつもと全然違う景色
DSC02966
 
森が無いし、ビルばっかり
DSC02968
 
お、急にお行儀良く起きたねぇ~!
DSC02969
 
あらら・・・
なんだか眠たそうな目
まだ、完全に起きてないね!

DSC02974
 ※正直手振れしただけだとおもう。

こころ・・・
今日、休むなんて言わないでよね! 


寝るぅ~ 

やっぱ、そう来たか・・・

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こころとお泊りの時、
朝が来たので、ちょっとの合間に撮影してみた。

実は、ここのホテル
受け入れ態勢が寛大だった!
ここは、ロビーに普通に人が出入りする

一般のホテル・・・

おそるおそるドールを持ち込んでいいか、
正直に聞いてみた。
すると・・・

人、危険物意外なら
何を持ち込んでもらっても構わないです・・・と!

おもわず感動!

一瞬・・・確かに人じゃないよな?
危険物でもないし・・・
と自分に言い聞かせ、では早速と・・・

普通にこころを車椅子に乗せて
エレベーターへ・・・

すると、ご親切な方が開けて待っててくれました。
「どうぞお先に!」と、申し上げたのですが、
遠慮は要りません。さあどうぞ・・・と!

その方は、自分は降りてきたので、
もうエレベーターに用は無く、
当方だけの為に待っててくれたらしい。
無茶苦茶申し訳ない気持ちで・・・

「有難うございます。」って申し上げた。

 
ところが、通り過ぎた瞬間!

「ハアぁ~?」って感じだった

要するに、運ぶものが判別不能状態・・・

「やばいもの?」も多分にあったと思うが、
それ以上にびっくり感が漂った・・・

その時、管理人は普通にスーツ姿で
ビジネスマンぽかったので、
研修資料かな~感が漂い・・・(多分)
この人なら大丈夫か?・・・でその場は過ぎた。

とは言うものの・・・
小心者の管理人は「汗びっしょり!」
出来れば今後こんな冒険やめようと、
その時は思いました。

それよりも、周りの人に迷惑を掛けないようにと
毛布を首から下に巻いていたのが
返って誤解を招いた感だった。

もう、こんな冒険出来ないかな~とも思ったが、
朝のこころの顔を見て、
やっぱり、車に乗せっぱなしにしないで
良かったと思った。
また、同時に・・・

寛大なホテルの対応には深く感謝でした。
また、利用したいです。

仕事は毎日やってくる。
お休みはと言うと・・・不定期。
長い時間娘達と一緒に居られない。
なんだか、遊び足らないなぁ~

せめてちょっとした小旅行が出来ればいいのに!
気がつくと、外出準備を始めていた。

日程の半分は仕事なので、
荷物として運べる未来ならと思っていたが、
何を血迷ったか、助手席はこころだった。

夕刻、娘抜きのエロ集会にも参加。
楽しかった記憶だけが残った。
ところで、今回初日の宿泊施設は
ビジネス予約だったため、一応電話で確認。

「あの~、マネキン持ち込んでいいですか」

数点質問はあったけど、快諾頂き、
路頭に迷うことは無かった。

DSC02937

もともと、ファッションホテルらしいので
内装は広くて綺麗である。
また、そういう傾向があるホテルなので、
よりプライベートにも配慮してくれる。

ビジネス予約の特典はいろいろあった。
1-価格が2/3
2-外出OK
3-入場時刻が数時間早くてもOK

その代わり、当たり前だけど1名となる。
これでバリアフリーだったら、
ドールと一緒に宿泊する人には
最高のホテルですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こころと部屋に一緒に居れた夜だったので、
車に置きざりより、随分安心しました。

帰りには、フロントの人にこころを紹介し、
御礼を言って帰りました。

そしたら、「あら、可愛いわね!」

こういった対応を頂けるところには、
次回も是非よろしくお願いですね。

THANK YOU FOR ALL


深夜に人気の無い場所で写真を撮っていて、
赤い灯をまわした車が来たら?

別に悪いことをしているわけでもないけど、
説明が面倒だなぁ~
そろそろ帰ろうか!

そう思った瞬間、急に家の娘達が気になった。
未来はもう寝てるだろうけど、
愛結香は?
DSC02682

寂しい月夜にお別れし、現地退散。
DSC02860

しばらく走ると、片側通行
がけ崩れの修復が成されている。
約3分の待ち時間だ。
DSC02884

長い待ち時間の間

今度は愛結香がお風呂に入ってる・・・
という、訳のわからない妄想が頭をよぎった。
そして、「おかえり」・・・とか!
DSC02780

そんな妄想していると、本当に事故っちゃう!
いやいや、逆だ!可愛い子ちゃんのためにも
無事に帰らねばと、気を引き締めて凍結路を走る。
そして、やっとダム湖の明かりが見えてきた。
DSC02886

家に帰ると、愛結香が帰りを待っててくれた。
DSC02690

ただいま~

お帰りなさいご主人様
DSC02686

こ・・・これが言ってもらいたかった!・・・
「天使のお迎え」ってこの事か?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ただ・・・
これが、一文字だけ違う
「天のお迎え」だったら?

今頃、ダム湖に転落して誰も発見できない?
あいつドールと逝きゃーがったぞ!と
伝説になるかもしれないけど・・・
一文字違うだけで随分違う。

「ダム湖で妄想」と言うのは
どうやら、危険行為のようです・・・

改めて、無事に戻れて良かったと、
胸をなでおろすのでした。

さあ、帰るぜ~
DSC02818

おお、お帰りは慎重に!(((( ;゚д゚)))
DSC02823

トンネルが近づく
人影、車も一切無い!
DSC02825

この独占感がたまらん!
DSC02826

トンネルの先は宇宙か?
妄想の世界にどっぷり浸かり
宇宙船にでも乗った感じでスピードを上げる!
深夜のドライブ最高!
DSC02827

ちら・・・!
絶対領域・・・・・・見とれる
DSC02828

おお、いかん!
多分、出口は「かっちんこっちん」だ!
・・・・・多分今の誰かみたいに 
DSC02829

ほらね~
軌跡から、想像すると、
ここ数時間のうちに
ここに居る人類は俺達だけだぞ~!
DSC02833

おお、いきなりこの景色は何なんだ!
オリオンに向かって下りてきただけあるぞ!
月明かりの写真って幻想的!
DSC02853

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後のお城の写真は ISO6400で撮影。
まだまだ使えそうなα57だけど、
もっと、良いカメラなら・・・
もっと綺麗に撮れるんだろうなぁ~

これから先はダム湖に転落しないように
帰ろう・・・
なんて言ったって!

「かっちこち」なので・・・

因みに道の話です。

↑このページのトップヘ

キラキラ