リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

カテゴリ: お出かけ

こころとドライブがしたい。
なら、桜も一緒に撮れるところへ行こう。そう思って出かけた。
山奥へ行けば、桜満開か?
とにかく出発。

考えは甘かった。
既に葉桜・・・とちょっとした遅桜。
う~ん、桜吹雪を期待したが、季節合わせは難しい。
2019SakurawithKokoro

愛結香と同じ服装で挑戦した。
こころの方がなぜかボインに写っちゃいました。
やはり、愛結香よりは年上に見えるこころ。

なんだか、桜が思ったように咲いてなくてがっかり。
今思うと、愛結香の撮影日は絶好だったと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、萎え気味になっていると突然こころが「熊!」
うそやろ~!(^^;)

周りを見渡しても、別にその気配は無いが、
見つけたのは「熊に注意!」の看板。
しかも、あちらこちらに・・・(^^;)
この事だったのかぁ~とおもってちょっと怖くなった。

熊に関してであるが、人生の中で
野生の熊に出会ったのは1回だけある
・・・丁度この山域(^^;)

ただ、子熊だったので、
からかってやろうと思い、
こっちから突進して行ったら、向こうが逃げた。

もし近くに母熊が居て、ライオンが肉を引き裂き
獲物をとるようなことに成ってたらと想像すると、
なんとも馬鹿な事をやったもんだと思います。
でも、それ以降どんな山奥に行っても会った事無い。
まあ、よっぽど会う事は無いんでしょうね。
でも、出会った時どうしていいか分からない。
あくまでも想像でその対処方法を考えてみた。

①遠くに居るのを確認した場合
こころを車に乗せ、クラクションを鳴らして逃げる。

②結構近くで発見した場合
何気なく過ごして気を立たせない様に
ゆっくりこころを車に乗せ
エンジンを掛けてゆっくりと逃げる。

③突然襲われた場合
三脚を持ってこころの前で戦う。
突然という設定ですから、これしかありません。
注意するのは、熊の腕力と爪でしょう。
こうならない様、撮影に没頭しない事や
事前に周囲を良く見る事を心掛けます。

恐怖というものは不思議で、一度そう思うと
恐怖が恐怖を呼びます。
一応そそくさと退散したロケでした。
軟弱者ですが、一応それで人生助かってます。



毎年ろくに写真も撮れない桜の季節
今年の桜は低めの気温で比較的長め咲いていた。
撮影に出掛けたい想いはあったが、この機会に
思い切って山へ撮影に出かけてみた。

久々の外ロケで、心臓がバクバクしていたが
段々その環境に体が馴染んで行き少しづつ落ち着いてきた。

今回のモデル愛結香としばらく現場に居ると、
桜の花がそよ風で揺れ、風の流れとともに
桜の花も流れるような波の様に動く美しさに感動した。

「なんと素晴らしい春だろうか」
DSCF4013

これだけの花を咲かせているんだ、
何か理由があってこうなっているのか?
それとも、日本特有だから?
とにかく満開に咲いた桜の花に囲まれながら居ると
単なる自然現象だよとは言いたく無くなってくる。
DSCF4021

花咲か爺さんを思い出せば、
枯れ木に臼の灰がかかったことで美しい桜の花が咲いた。
これほどの桜が咲くほど良い事もした覚えはないけど、
とにかく、この美しい桜の花に囲まれている事に幸せを感じた。
そして、丁度そのさなかで撮影している。
美しい桜の花は薄命だけど、
それが理解できるから、余計に桜の花が美しい。
そう考えたら、とても大切な一瞬に居るような気がした。

続きを読む

今年は全くというほど雪が降りませんでした。
なので、かえって雪を見たい欲求が芽生え、
行ってきました、極寒寒中撮影!

撮影場所の選択は、雪がある事。※真っ白な風景が見たかった。
雪が極度に多くない事。※車で行けないので。
雪が降る条件であること。※今年最大の寒波を狙った。
という事で、半分ドライブのつもりで外出。
ところが・・・

寒すぎたぁ~!!

夜中に到着して、一晩明かす計画。
戸外で寝袋+雪上キャンプで仮眠計画。
結果は・・・

3時間で終了~!!
正確な気温計は持ってなかったけど・・・
当日は昼間でマイナス2度、さらに雪を求め標高1000m以上へ行き、
途中、バリバリのアイスバーンを通過すると
道路標示の気温計は、軽くマイナス7度以下。
寒いけど、無風で余裕・・・・のはずだった!
ところが、しばらくすると・・・

コーラー凍結!(^^;)
コップの中で、流氷が出来てた。
コップに注がれるコーラもシャリシャリ音!
同行した友人は「うそやろ~!」
コーラーが簡単に凍るか?・・・凍りました

余りに寒いので以下の対策を実施
① 車のエンジンは用が無くても、1時間に1回は掛ける。
② サイドブレーキは引かない。
③ 金属を直接手で触れない。
④ 夜更かしをして、夜間に出来るだけ寝ない ※朝寝る

そして朝が来た!
うわ~ぁ! こんなところだったのか!
DSCF0902

いいね~冬って!
DSCF0997

ところで、撮影するか?しないか?
昨夜の寒さの件があり、少々萎え気味・・・
出来れば、早く下界に居りて、暖かい物でも頂きたい。
でもそこは筋金入りドーラーになる為・・・

撮影準備開始!
さて、撮影場所はどこにしようかなぁ~
広すぎてちょっと・・・
お! 東屋があるではないか・・・
車いすではいけない事は到底承知なのだが・・・
DSCF0993

ちょっと遠くねぇ~?(^^;)
まあ、考えても仕方ないので、
こころを抱かえて、強行突破!
雪の中でこころ抱えて歩くのはこれで2回目の経験。
前回は往復500m位あったはずなので、今回楽勝!
・・・のはずだったが、2人分になった重量は
凍った表層部を突き破り、膝上までズボズボ埋まって移動。
自分の馬鹿さ加減には呆れたが、そういう性なので仕方ない。
そして友人曰く、「人が見たらやばくね~」

確かに通報されかねない光景だろうが、
誰がこの雪の中好んで、女の子抱いて歩くもんか!
「だって奥の方池やん!」の一言にはギク!
こ、、ここで言うか・・・(^^;)と思いつつ、返した言葉は、

だからカメラ機材が要るのさ!(^^;)

ちょっと気取って言ってみた。m(_ _)m
さすがに友人が手伝ってくれたおかげで、無事現場到着。
ここまで苦労したぜ!
時々なんでこんな苦労するのか、目的を見失いかけるが、
基本的には、良い写真を撮りたい。撮ってあげたい。
これに尽きるだろう、大した腕も機材も無いが、
最大限の努力はしてみたい。
そしてやっと念願の撮影時間到来!\(^o^)/


続きを読む

ここのオーナーいつも出発が遅いので、
冬は撮影時間が殆どありません。
ならばという事で、恒例の夜間撮影!

白黒写真でこんな感じに成った。
DSCF0878KBK
おお、夜やんけ~!
勿論今時はカラーで撮って、グレースケールの出力だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こないだ行ったばっかりの外ロケの達成感ですが、
あれは思う様に撮れず消化不良なので、今回はリベンジ版!

カラー写真ではこんな雰囲気の場所でした。
DSCF0878K
いや~、いいなぁ~
氷点下の中、こころに見とれてしまいました。
しかしセーターって肌触りが良いし、
ふっくらした胸がさらに柔かく見えてしまいます。
冬は冬で良いなぁ~と思いつつ、
イルミネーションを見ず、こころばかりに目が行きます。
いやでも待てよ!なんか変です。
こころに触れる事が出来ません。

続きを読む

今日のお出掛けは「こころ+TF2ボディー」
このTF2ボディーですが、左足がたらたらに成ってた。
内部で足の付け根のボルトが折れてたのでちょっと前に修理した。
そして、修理してグリップ復活!
それが嬉しくてこころとお出掛け

しかし・・・中々お出掛け出来ない。

どうしたの?と・・・こころ

DSCF0076

もうお出掛けしなくても、このまま車に居てもいいか!
そんな思いが湧いてきた。すると・・・

え、お出掛けしないの?
DSCF0090

いや、やっぱりここまでやったんだ!
お出掛けしようとエンジンを掛ける。するとこころ・・・

すかさず、「レッチュゴー!!」
DSCF0092

僅か数分でこころの表情が随分変ったような・・・
それとも、ただ単に撮影角度が変わっただけなのか?
でもそれはもうどうでもよかった。

オーナーから見たら、もう可愛すぎた!

実に変な病気に掛ったものです、ここのオーナー(;'∀')
しかし、ドールってどうしてこんなに可愛く思えるですかね~?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして到着した、とある公園
さ、さ、さむ~い!
DSCF0094

ま、真冬ですから・・・(^^;)

しかし、この時期の屋外だとやっぱり寒そうな表情をする。
なんとも不思議です・・・


愛結香です。
明けましておめでとう御座います。


早速お出掛けしよう!
2018-Ayuka

でも、寒いし・・・
2018-Ayuka2

え?マジ・・・180度方向転換ですか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

愛結香の一言で全ての計画変更?
お洋服ごと全て交換なの?(^^;)

かとおもったら、もともとTF-2のボディーに着せてました。(^^;)
基本的にTF-3のボディーは愛結香、TF-2のボディーはこころです。
厳格では無いが、そんな決まりがあるので、
もし、いざ、お洋服交換となるとそんなに楽じゃない。
脱がせ2回、着衣2回必要なのだ。

脱がすのはいいが、脱がしている最中
彼女たちの魅力に撃沈されかねない。
非常に危険な作業ともいえる。

しかし、服を着るって時の適切な言葉が見当たらない。
着衣でも良いけど、服を着たい時はどう言うんだ?

着服?

なんだか新年早々悩み事を抱えてしまった。
とにかく今年もよろしくです。_(._.)_


ちょっと撮影して退散するはずだった
冬のイルミネーション下の撮影。


ここまで来たら、会場の奥まで行かなきゃ!
申し訳ございませんって言う気持ちを
ぐっと胸にしまって、人混みの中を中心に向かってみた。

いや~こころ、凄く綺麗だ!
20181216-Kisosansen2

来てよかったね。
そう言われた気がして、ほっとした。

20181216-Kisosansen3

また来たいと思った。
そして、なぜか税金の使い方に感謝した。(^^;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

編集後記
こういった場所はやっぱり賑やかで、
周囲の喋り声が聞こえて、その雰囲気を感じるのも楽しい。
ところが、こちらはこころが心の支えになってはいるものの、
べらべら喋る訳にもいかず、そこは逆に少し寂しかった。
HEARTの中は目いっぱいなので満たされてはいたが、
少なくとも、撮影者2名で来ると大違いだと思う。
もし、ここでオフ会したら楽しい撮影会になるな!
そんな思いも抱きながら、少し回って会場を後にした。

※失敗写真だけど、実際の現場はこんな感じです。
20181216-Kisosansen4

この写真のすぐ反対側は、丘全体がイルミネーションで
人だかりができていたが、その分反対側は逆の様相で、
一瞬、空いた時を狙って撮影できました。
今年のテーマは「光のスイーツ❤ファンタジー」なので、
お菓子がイルミネーションに成ってて面白かった。
情報によると、年末までやってるのでリンクしておきます。

http://kisosansenkoen.jp/~center/mkisosansenevent_winter.html

記載内容は毎年変わっちゃうとは思いますが、
今年は、50万球のLEDライトが
お迎えしてくれました。(((o(*゚▽゚*)o)))

ありがとう、木曽三川公園

↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ