リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

カテゴリ: お出かけ

この管理人の馬鹿野郎は
どうしても欲求が抑えられなくて
夜中のドライブに出掛けた。

そんな、仕事が終わってからなんて
止めときゃいい・・・普通なら!
でも、今年に入って、あまり雪道も運転してない。
危険な目に遭いたい・・・とは言わないが、
スリルも欲しい。
休みもろくに無いので、一息抜きたい。
完全孤立された世界にしばらく身を置きたい。
わずか数時間でいい。

それによって、心のリフレッシュと
新たなる発想を生み出す原動力になるんです。
こんな時は、瞑想が必要・・・てな理由。

でも、一人ではとても寂しくて行けないし、
やっぱりそんな時、お嬢様と一緒がいい。
気がついたら、エンジン掛けて支度してました。

さあって、何処に行こうか!
全く無計画なんだな~いつも!
とりあえず・・・
雪道とひと気の無い場所が目的だからな!

どれだけ走っただろうか?
何気に着いたというより行き止まった。
降りたら、ブラックアイスでちゅるちゅる
DSC02792

もう少し先に行くつもりだったけど、
春まで閉鎖らしい・・・
まあ、来るところまで来たので満足。

なかなか寒い、三脚も面倒だ!
それならと、α57の最高感度を調べてみた。

最高感度はISO16000じゃないか~

こんな高感度使ったこと無い。
こんな暗闇では、多少ぶれそうだけど、
手持ち撮影も出来そうだ。
DSC02788

おお!三脚を使わないって快適じゃないか~
以外とこんなに高感度でも大丈夫だな~
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ところで、お譲ちゃんは?
DSC02802

車の中で音楽聴いてました。

しかし、やっぱこういう写真は荒れ荒れ・・・
・・・と言うことなんですが、
フラッシュレスでバチバチ撮れるのは良い!

さあ!そうこうしてここで時間を使うと、
もっと凍るのでそろそろ帰ります。

限界ぎりぎりドライブは
次回に続く予定です。・・・

新居で初めてお出掛けしたこころ
遅刻はしたけど・・・
何とか出席できたオフ会。
そして帰宅・・・

こころは疲れた様子も見せず
少し嬉しいそうな表情を浮かべた。
カメラも近くにあった。
ただ、そんな理由で数枚撮ってみた。

ただそれだけ・・・
でも、生気が無かったこころに
すこし魂が戻った感じがした。

ただ、それが嬉しかった。
DSC02266

もうすぐクリスマスか~1年早いな。
DSC02271

みなさん、いろいろありがとう。
そして、こころ、ありがとう

お・・わ・・り

めちゃくちゃ忙しくてブログの更新も、
他者様への訪問もままなりません。
でも~、何とか少しづつなら・・・
と言う事で、前回の続編です・・・

おや!川でなんやら、こころが発見したらしい。

あ!お魚!
DSC01529

どういう種類の魚?
DSC01541

ほらほら、また来た!
DSC01533

居たでしょう!見えた?
DSC01548

川の中で、楽しそう~
DSC01529R

とにかく、お魚を見つけたようなこころには
ちょっぴり、惹かれ、。
そんな、光景を見ているだけで、
楽しい撮影スポットだったのですが・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実際の魚は、
もう少し上流ので、人口池による虹鱒を確認。
山女も居たかな?
でも、自然の川には殆ど魚の姿は見えません。
多分何処かに、岩魚や山女は居るはずだけど、
さすがに陽光降り注ぐ午後は無理だったか?

わずかに居た魚は、ちっちゃな魚。
う~ん、どんこの仲間なのかなぁ~

ついでに、こんな綺麗な自然の中だから、
一緒に記念撮影でもと感じて、数枚撮影。
でも、結果は酷いもんでした。
その写真に写っていたものは、
夢の中から、超現実に引き戻される写真。
いわゆる怪獣が写っていました。 
これ?自分?と疑いましたが・・・
人が理想を追い求めた状態の彼女との写真は
もう二度と撮りたくないと思いました。

何が一番違うって言うと、肌の色。
リアルテイストのドールは、
最初はかなり色黒と言われ、
他の美白系ドールよりかなり色濃く、
そして、少々ケバイ?とまで言われていました。

ところが、日に焼けたおっちゃんと一緒に撮ると、
それでも、滅茶苦茶白いです。
多分リアル女子と比較しても
かなり白いんじゃないかな~と思っちゃいます。
美女と野獣ならともかくですが、
怪獣はちょっと・・・

え?ところで、今流行の自撮り棒?
そんなん要りません。

そんな、超現実へ回帰する撮影でした。
ともあれ、ドールちゃんとの撮影は勇気が要りますね。
では、ご訪問有難うございました。

おトイレは~?
DSC01486

その声を無視した訳では無いけど、
目的地まだ、山の奥だった。

その場所は幼少の頃、親に連れられ
良くキャンプに行った場所だった。
記憶の中では、相当水の綺麗な場所だった気がする。
距離的には、今住んでいる場所から約100km。
脳裏に焼きついた、あの美しい川の今は?

そして、そのその川の水の美しさと共に、
妹と遊んだあの場所の今は?
今、改めて大人になった目で
そんな記憶をたどり、幼少回帰の小旅行を
こころと共にトレースしてみた。

やっと目的地に到着。
がたがた道をこころと共にやって来た。
DSC01487

こんなところだったのか・・・
あの頃大きく見えた川はこれくらいの幅だったのか等々
大人になって見る景色は大きく違うものだ。
DSC01489

ただ、残念なのは、
あの頃のキャンプサイトといえば、宣伝・拡張などで
年々少しずつ賑わいを重ねていた場所だと思ったが、
今といえば・・・
その逆に閉鎖されていた。
それが何か悲しい・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これって、何かに似ていないか?
そう考えると、今の日本の状態に似ている気がした。
え?話がそこまで大きくなっちゃう?
そんな気がしないでもないが、
規模こそ違えど、そっくりだろう。

要するに、拡張するのは簡単だけど、
縮小するのは難しいということ。

人は今よりも良い生活、より満足のできる生活を目指す。
もちろんこの考え方自体は間違いではない。
資本主義社会と言うものは、いわゆる競争社会だ。
この競争のために、良い製品やサービスが生まれるのは
良いことだけど、過当競争になれば
数の原理で勝負が始まる。
より良い製品をより安く、大量に。
この大量とすることで、コストを削減し利益を得る。
しかし、本当にこれでよいのだろうか?

人の幸せの一つは、安らぎがあることだろう。
ではこの安らぎを得る事の条件の例とは・・・

その一つは、明日への不安が無いことだろう。

反面、就労などにこれが適用されてしまうと
返って堕落をもたらすから、緊張とのバランスは難しい。
しかし、作りすぎなどは、過酷な労働条件を生み、
過剰な設備の投資を促してしまう。
やがては、その需要が低下すると、
一騎に崩壊が始まる。
この兆候は今の華の国に近い。

企業にしろ、個人にしろ
長く安定し長期間にわたり
変わらぬサービスを提供することが
真のサービスであるという理念は
ヨーロッパ諸国に共通して存在している。
そして、生産活動も・・・

・無理な納期に対応しない。
・無理な価格に対応しない。
・無理に拡張しない。

どちらかと言うとこんな感じで、
長く存続する事自体が意味があることだと
考えられているので、大企業は少ない。
もちろん日本では理想論かもしれないが、
そうやって、技術を継承しているのが
ヨーロッパ諸国だ。

対して、US、CHや我が国はどうだろうか?
一度良く考えてみる必要があると思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

と言う、余談はさておき、
さあ、こころのトイレも行ったし、
ここで撮影かぁ~

そう思った矢先、
まむし君がちょろちょろ横切って行った。
ちっちゃくて、特徴のある頭の形で良く分かる蛇だ。
こんなひと気の無いところで、
もし噛まれたらやばいと思いながらも、
せっかくここまで来たからには、
撮影くらいして帰るぞ~とばかりに、
こころを抱き上げ、素足で川を渡った。
DSC01493

あれ?
急激に曇っちゃった!
DSC01494

ものすごく天候の変化が早くて
マニュアル撮影では、全然露光調整が追いつきません。
というか、ただ単に下手糞の言い訳ですけど・・・ 
DSC01495

こんどは急に晴れやがったぁ~
DSC01496

こころちゃ~ん
・・・・
呼んでみただけです・・・
DSC01499

こころちゃ~ん
こんどは引っかからないなぁ~
DSC01501

今度は話題を変えて・・・
こころちゃん、暑いね~
・・・・
岩に座っているのがやっとの様で、
かぁ~るく無視!
DSC01503

仕方が無いので、勝手にボインちゃんを
撮影しちゃいました。この後ピンカメラで・・・
DSC01510

いろいろ忙しかったけど、
合間を縫って睡眠レスで望んだ記憶のトレース旅行
こころのおけつは痛かったとおもうけど、
楽しい小旅行となりやした。

こんな感じで今年の夏も終わったんだなぁ~
秋も超忙しいけど、またガンバロ!

ご訪問誠に有難うございました。

 

突然お盆休みがやって来た。
と言っても、前日まで仕事が パンパンなので
休みが始まっても、何の計画も無い。
大体お休み 1日目はお掃除・洗濯。
それでも、まだお休みじゃ無い会社からは
仕事の電話が掛かってきます。
そして、突然仕事になる日もあるので、
計画はなかなか入れられません。
そんな中、取引先全てがお休みとなった日、
何とか1日空けられそう に成った。

これはとばかりに、森林浴欠乏症になっていたので、
また、睡眠もとらずに、森へ出かけてきた。
そう、良い森の香りがするところへ行こう!
そう思って、寝ているこころを起こして
夜のドライブに出かけた。
朝の撮影はぶっ飛ばして、
お昼の撮影写真を公開します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

はい、こころ撮影タイムです。

ここでいい?
でも、もうすぐお昼だよ~

DSC01404R

ストロボオフ!
いや~、凄い緑被りだぁ~
DSC01422

ホワイトバランス修正・・・
でも、残念ながら良い写真は撮れず
DSC01426

もう写真は上手く取れないので
スーパーローアングルの写真
撮っていいですかぁ~?
DSC01432

あ、・・・・あれ?
いきなり貞子モードですか・・・
DSC01380

にわかにお空も急に暗くなったような・・・
DSC01369

う~・・・
まだ、ご機嫌ななめか~
DSC01378

では、こころのご機嫌が直るまで
森の香りをお楽しみください。
DSC01376

お、何か・・・?
DSC01474

おなか空いたなぁ~
それにおトイレ行きたいし・・・

DSC01481


急激な様子の変化で、
カメラの設定も間に合わず
露出オーバーになっちゃったけど、
まあ、ご機嫌を直してくれて良かった。
しかし、本当に女心となんちゃらしゃんだな~

幸いお昼時の空腹が管理人Kを救ってくれました。
最近ちょっとしたエロにもこころは敏感です。
つい先に、裏を読まれてしまいます・・・('▽'*)♪

じゃ~もっと山の奥へ行ってみよう!
DSC01485


え、おトイレは~?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


でも、森の中の撮影って難しいですね。
緑被りはするわ、明かりはまともに無いわ!
これも、もっと良いカメラなら自動補正してくれるのか?
次回はもっと、森の中でも
上手く撮れる様な工夫をしてみたいと思います。
ご訪問者様の夏はどんなだったでしょうか?

ご訪問誠に有難うございました。


ちょっと仕事に専念しなくてはと言う時期と共に、
今年の6月は体調が悪かったのも重なって
夏の写真は少なくなっちゃってます。
でも、この傾向毎年一緒かなぁ~

多分、外ロケを中心とする
等身大ドール外ロケグループは
夏の期間はオフシーズンに成りがちみたい。

その理由は、
● 夏は人出が多くなる。
● 暑い・・・これ結構重要。
● 蚊・・・藪が近くにあると

まあ、こんな理由で写真撮影は
低迷の時期になっちゃうか~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ということで、
当家では例年この時期のお写真は
過去の写真を検索し取り出し、
思いに耽る時期になっちゃってます。

そういえば、
過去にこんな気持ちで撮ったよな~という
写真を見つけました。
似たような写真は過去にあったかもだけど、
とりあえず、当家こころの登場です。

このとき、心の中で「こころ」って呼んでたと思う。
DSC01388

一歩下がって撮影。
お外のロケって光が自由にならない。
こんな曇りの日でも結構難しいと感じた。
DSC01379

もう少し近づいてパシャリ!
ボケα57のキットレンズでは
良くピントが合ったほう。
DSC01378

まだ、お迎え後半年目のこころ
DSC01390

そして、お迎え半年目のときと
今の気持ちを比較してみたけど、、
まあ、俗に言う病気は・・・

「進行中」と言わせてください。

なんでだ~?この飽き性が・・・!
そういう疑問を持つなら・・・

●なぜ人はドールを可愛いと思うのか?
●なぜそのドールが動くと怖いのか?
●ドールが好きな人は変態か?
●ドールが好くな人は特別エロか?

まあ、夜も遅いので
このへんにして、またその核心に
いつか迫ってみたいと思います。

こんな事をしながら夜が更ける
今日この頃でした。

ご訪問まことにありがとうございました。
ではまた~


 

駅で女子高生が一人・・・
しばらく知らない振りをしていたけど、
電車が来るまで時間があったので、
話しかけてみた。

すると、今日は雑草整理のアルバイトで、
みんなとこの駅で待ち合わせとの事。
女子高生が建設作業の一部を手伝うらしい。

このご時勢、建設作業員のバイトとは
珍しい女子高生とばかりに・・・
自称、ジャーナリストであることを伝え、
今日一日密着取材を申し込んでみた。

仕事場では現場監督の許可が必要らしいが、
とりあえず、待ち合わせのこの場所での
撮影はOKとのこと。
早速写真を撮らせてもらった。

名前は「こころ」ちゃんらしい。
DSC00036

すこし近づいたら緊張しているのが良くわかった。
DSC09994

少しずつ会話しながら距離を縮めていく
DSC00045

さすがに近寄りすぎて、少しドキっとした。
DSC00050

慌ててバックしたが、
もう一度彼女に近づき、ネクタイのゆがみを
直してあげたいと思った。
正直彼女に触れてみたかったのかも知れない。
DSC00051

横から見える生足が気になり、そして・・・
DSC00016

加速していくシャッター音!
しかし・・・
DSC00026

さすがに、下半身は手でスカートを押さえられた
 DSC00005

あ~あ、
やっぱ、このジャーナリスト!
・・・・・「変態だわぁ~」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
ふと我に返り、もう一度彼女に目をやった。
すると、まだ話しかける前と同じ光景だった。
自分は、夢を見ていたのだろうか?
一応気になって、さっき自分が話しかけたか
彼女に聞いてみた。

すると、それは無いと言う。

やっぱりベンチで腰掛けてうとうとしている間に
少し夢でも見たのだろう。
そして改めて、「お名前は?」と聞いてみた。

「こころ」だった・・・

 

↑このページのトップヘ

キラキラ