リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:α57

①題名の件・・・
オフ会でケロロさんに聞かれた。
ガツンと来た!

②じゃ、どういう画像が好きなのか?
優しく噛み砕いて、もう一度質問してくれた。
その問いにはすぐ答えられた。
現場では言葉で伝えるしかなかったけど、
一応1枚目の写真のイメージを伝えた。

こんな遠近感のある写真(α57 キットズーム18mm)
DSC04184

同じ機材・同じ焦点距離だけど、以下のような写真ではない。
DSC04168


しかし、①の回答は少し考える結果となった。
ぼかしの事は考えてなかった・・・(^^;)

強調したいものは何?

もちろん、この場合愛結香ちゃん!
なのだが・・じゃ、どうやって?

言葉に詰まった。

うう、写真創作も奥深いぜ!

出直しだ!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

好きな画像は広角レンズ
でも、広角になるほどぼけにくい。
でもぼかしたい。

この相反する関係をどうするか、
レンズを明るくして、絞りを開いて・・・
そして・・・

やっぱ、フルサイズに行けって事かぁ~!!
なるほど、やっぱり!


いつの間にこんなに時間が経ったのか・・・
もうすぐ年末と言うのに!


年齢を重ねるごとにやる事が増えていく感じ。
それは、管理する物や関係が増えていくためだと思う。
少なくとも物はある程度本当に必要なものに絞って
自分の時間を増やしていく。
そういう努力もそろそろ必要かと、最近思う訳です。
で、お嬢ちゃんの話なのですが、
これは必要なので、大切にしています。
自分の場合、少なくともヘッドは墓場までもって行きます。

さて、その止まった時間を再始動すべく
どこまで行ったか調べて、その後の続きを整理してみます。
そうか、頭の中はまだ夏のままか・・・
久々にこの世界に帰ってきてみて、
改めて自分の写真の腕が大したことない、
趣味の領域を出ない事に気づくのでありまして、
とは言いながら・・・
最近のモヤモヤを少し忘れるつもりもあり、
その時真剣に撮ってた写真を、少しづつアップして参ります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここから、スタートか!
あの、プルプル唇が印象的だった。
シリコン素材はティントが良く乗るのがありがたい。
DSC04052
キスすれば、取れるのはどれも同じだが・・・(^^;)


今見ると寒そうな服。
コーナーの陰から座敷わらしの顔が・・・
見えんか!(-_-;)
DSC04053
いや、見えそうな場所だった。

愛結香こっち向いて!
やっと視線が合ってくれました。
DSC04068
愛結香はかれんちゃんヘッドですが、
視線の動きには凄くシビアです。

不思議なのは、こころヘッドは多少視線がずれても
あまり写真はおかしく成りにくい。
しかし、愛結香の視線はシビアです。
DSC04084

でも、ぷっくり唇とか大好き何ですけど~\(^o^)/
DSC04080


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

改めてドールの撮影って結構難しい。
趣味って、目標決めてやるものでも無くて
自然に心のなかから湧き出てくる欲求でやっちゃうもの。
何がそうさせるのか、娘?写真?仲間?
全て!そして未知の領域への前進!・・・これか!
はぁ~、どこか撮影に行きたい。

という事で、愛結香お出掛けしよう!(#^.^#)
DSC00714

夜中に急に電気つけて何言ってるの?
・・・ですよね・・・(^^;)

今回のオフ会の集合場所は独断と偏見で天竜峡になった。
なんでやねん?
大阪と東京の中間付近の観光名所
そして、高速道路からのアクセスの良さなど
お集りする場所としては良かった・・・が!
この時期は非常に暑く、撮影ポイントも制限され
良いスポットは階段越えなのでちょっと苦労しました。

さてオフ会前日と言っても数時間前!
どの子が行くか? どんな服を着ていくか?
ドールオフ会はいつも決まって悩みどころなのですが、
こころと愛結香の顔色を伺って即決!
愛結香行くよ~!と成りました。
ところが、どうも愛結香はこころと同じお洋服が嫌な様子。
睡眠時間も無いのに、2度のお着替えタイム
余裕があって、これが出来たら楽しいのにと思いつつも、
前もって買っておいた夏服にチェンジ!

なるほど~、愛結香がごねるだけの事はある。
愛結香にぴったり! そしていざ出発!

集合時刻は11:00
でも、皆さん9:00頃到着!
お喋り好きな幹事のせいで取っ掛かりはいつも遅め・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、太ももにあやかりたい気持ちを抑えつつ
最初の一枚

DSC03698-85

しかし、なんだかα57キットズームの眠い写真。
CANON白レンズの画像を見た後だけにちょっと辛い?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、O̪氏のお嬢ちゃん
バッチリカメラ視線ありがとう!

DSC03703-85

新しいブログはこちら→オリエントドールと散歩日記

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こちらは、ケロロさんのお嬢様
一番遠くから来てくれてありがとう。

帽子をかぶった子は飛ばされないよう気を使った。
DSC03705-85

ブログはこちら→DOLL ミーたんとケロロの日記

この帽子が飛んだらまさしく、
野生の証明のワンシーンだったでしょう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、さっちゃん
胸に見とれ、ふと気づくと、
クロスフィルターつけっぱなし!

この甘々フォーカスは、自分の寝ぼけ眼じゃなかったんだ!
DSC03712-85

ブログはこちら→私はドール、我はドーラー

橋の上の撮影なので、いろんな人が行きかった。
こんなところで店広げてすみません。

通行人の皆さんも最初はびっくりした様ですが、
暖かく迎えて頂き有難うございました。
現在大きなドールでの外ロケ集団は100万人に1人以下かもですが、
これから、以外とこういった光景が見られるように成るかも?
ないか・・・(^^;)

DSC03718-85

ある、猛烈に暑いある日、
こんな感じで天竜峡でのドールオフ会スタートです。
ただ、こんな過酷な日では有ったのですが
後々とても大切な思い出の一ページと成ったら嬉しいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オフ会って好き者同士が集まってるだけ?
そんな風に見えますが、実は違うんです。
その辺はまた・・・


一度企画倒れになったオフ会計画。
う~ん、休み取っちゃった。どうする?
中には必死で休み取ったのに・・・と!
はい、なんとかします
・・・で都合のつく方のみお集り頂きました。

今年も屋外ロケには向かないこの季節でしたが、
もう、日程が決定しちゃったので、
雨、風、猛暑、何があろうが決行です。
(体調不良や災害があれば別ですが・・・)

オフ会名称は
「夏オフ2018 ドールと〇〇で秘境ツアー」です。
〇〇ってなんだ!は後日です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

運転中も気になる絶対領域!
DSC03691

殆ど寝てないけど、ワクワクして現地へ向かう!
DSC03685

あれ、今日のお嬢ちゃんは?
DSC03689

今日も暑そう!・・・と言いながら、
DSC03693

やっぱり気になる絶対領域!
DSC03694

いや!晴れにも負けず、暑さにも負けず、
そして、絶対領域にも負けず、真剣に運転しましたよ!


さてっと、今日は疲れたのでここまで。
と、言いたいところなのですが・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そういえば
以前お洋服をこの子の為に買った。って書いた。
しかし、その後プッツン!
なので、お着替えした写真だけ本日アップします。
0O6A6701S

わたしだよ~!愛結香です。
早速、蝶さんも応援に来てくれました。
私の事好きだって・・・

※最後の写真:CANON 5DMK?による撮影
JPG直出し、画像設定はRAWモードらしいです。
彩度が落ちてるらしいのですが、画像は流石フルサイズです。
びっくりしました。


とうとう夏オフin蓼科の最終記事まで来た。
締め括りは蓼科アミューズメント水族館です。
素敵なスタッフの配慮によりご入館を許可頂きました。

初めてこころと行った水族館

間近で見るお魚さんに見とれる。 by コンデジ
P7190056

大きなお魚を見上げるこころ by α57
※同じような暗い環境下なのにα57の方がはるかに綺麗。
DSC07727

「可愛いね!」って声を掛けたくなる後ろ姿!
「鯉の事ね!」ってかわされる可能性大ですが(^▽^;)
DSC07739
※水が流れて素敵な作りの館内

思い返してみれば、盛夏の思い出は
やはりこのオフ会がメインとなった。
それだけ今年の夏は忙しかった(^▽^;)

しかし、これだけの標高に水族館は珍しい。
大抵水族館と言えば、
海沿いにあるものという認識だった。
お魚好きさんのリクエスト、
許可頂いた施設担当の方々の配慮があって
実現した水族館訪問だった。

美しい一瞬が積み重なった記憶となりました。


ドールちゃん達、参加者の皆さん!
そしてご協力頂いた各施設の方々
この場をお借りし改めて御礼申し上げます。

以上、
夏オフin蓼科2017終了

P.S.
あ~ぁ!今年の夏も終わっちゃったな!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

蓼科アミューズメント水族館HPのリンク
HPを見ていくと割引の方法が記載されています。

淡水魚だけの水族館で、水の綺麗な
高地に建設したというコンセプトが面白い。

https://www.tateshina-aquarium.jp/

スタッフの方もとても親切ですよ。

舞台はとうとうここまで来ました。

お嬢様、式場の用意が整いました。
もう、そんな時間?

DSC07517NR

じゃ、皆が居るところに行かなきゃね・・・

DSC07503NR2R

はいお嬢様、気分は落ち着きましたか?
では参りましょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これから諸外国の要人を招き開かれる記念式典と共に、
夜の迎賓祝賀パーティーに臨む。
しかし、若いこころには初めての経験で落ち着かない。
見かねた執事は、こころを連れて高原の森を散策。
しばし、心の静養の時間を得る。

続きを読む

もう、いい加減許してあげたら?
そして、新しくてもっと良いカメラに替えたら?
そんな声が心の中で響く。
ところがこのカメラ・・・

なぜか中々手放せない!

使っていくうちにいろんな利点が分かってきた。

その前に欠点の羅列

① オートフォーカスの性能がいまいち
② フォーカス部位を勝手に判断(設定で回避可)
③ ボタンの機能を変えても、動かない
④ 一か所ボタンが押しにくい
⑤ ストロボシューが特殊
⑥ αシリーズにAマウントとEマウントが存在

ざっとこんな程度、他はあんまり不便は感じない。


では利点の一例

① ファインダー内でライブビュー撮影できる。
つい最近まで、この利点はあまり意識してなかった。
AF性能はいまいちだけど、
手動でピントを合わせるには凄い武器になる。
視野率100%のEVFファインダーの標準画像を
64倍以上(縦横8倍相当)にできる感じ。

② RAW撮りが必要ない感じ
何回かRAW撮りも試してみたけど、
結局調整は撮影時が一番良いことが分かる。
α57のEVFは少し青みが強いものの、
このEVFに反映されるのは
絞りやシャッタースピード、色温度など
設定はファインダー内の映像に即座に反映され、
出来上がりイメージは事前に得やすい。
そしてRAW+JPG撮影をすると、HDR撮影不可になる。
RAW撮りしなければ、メモリも食わない。
このカメラに限って言える事は、
あえてRAW撮りする必要は無いのかもしれない。
後で調整は殆ど不要なので、時間の無い人には助かる。
ファインダー内は周囲の明るさの影響を受けない
はっきり言って、見やすい!

なら、事前に、クロスフィルターも気づけ!
確かに! でも・・・
ドール連れで焦ってるのか・・After festival!

③ 全画素超解像ズーム
撮影した全画素を解析して
2倍まで殆ど画像を劣化することなく
撮影するズーム機能がボディー内にある。
さらに2倍以上4倍まではデジタルズームで使える。
2倍までなら、画像が劣化することなく
ズームが可能とのうたい文句なので、
高画質な単焦点レンズを使っても、
ズームレンズとして使えるから凄い。

標準のキットズームレンズ(18-55mm)1本で
全画素超解像ズームで110mmまで使え、
デジタルズームまでの領域を使えば220mmまで使える。
フルサイズ換算で350mm相当の望遠レンズと同じ。
もう一本のキットズームレンズを使えば、200x4x1.6
約1200mmのズームレンズと同じになる。
全画素超解像ズームの領域なら600mm相当だ。
もちろんα57の場合、大砲レンズは必要ない。
レンズも明るいまま使える!


④ 他の利点
1600万画素で無理のないセンサー設計。
ボディー内に手ぶれ補正機能を搭載。
HDR撮影後等使用時に勝手にノイズリダクションがかかる。
連写が早い。
ストロボ内蔵
電池の持ちがよい。
ピントが合った場所の色をかえられるピーキング機能付き
トランスルーセントミラーのお陰で
三脚が軽量化できるとかいろいろある。

⑤ カメラの種類として
ミラーレスとデジイチの中間的な存在で、
特殊技術が詰まった変に真面目なカメラ。

⑥改めて購入のきっかけ
このカメラのファインダーを覗くまで
他メーカーの商品を店頭で確認し悩んでいた。
隣のおっさんがSonyのカメラ不思議そうに見てた。
その後、棚に置かれた、α57を見て・・・
ふ~ん!Sonyか、まあ一応見てみるか! 
って具合で、偶然ファインダーを覗いてしまった。

すると、今までとはあまりにも違う感覚!
なんじゃ?こんなカメラあるのか?
ファインダーはまるでTVだった。
シャッタースピードを変えると、
画面が暗くなったり、明るくなったりする。
もちろん絞りも同様だった。
これが面白くて、その他の仕様なんてどうでもよかった。
気づいたときには、これくださ~い!
値交渉や細かいチェックなど一切無し!
冷やかしのつもりが、リアル衝動買い。
カタログを後でもらって、速攻で帰宅。
そんな衝動買い以降、数年遊んでもらってます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回、比較的ましだったこころの写真です。
前回まで見つめられた写真だったので、
今回は視線をそらしています。

美しき高原の森

DSC07464R
結構コントラスト良く撮れてます。

DSC07463S
センサーは自社製だよな、多分!

DSC07463R
無言・・・

DSC07464S
去年より大人になった感じがする。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

画像サイズ1600の幅で150KB相当を目標に圧縮。
複雑な画像はサイズが大きく、容量はかなりばらつく。
色数もだいぶ減ってると思うけど、
趣味領域なので、この辺は適当。
行動性を削がれたくは無いけど、
そろそろフルサイズ機も欲しい。

真ん中2枚の写真は鏡像です。
上から撮影すると少しきつくなるこころだけど、
ちょっとお口を開いた横顔のこころが好きです。(o^∇^o)ノ
なぁ~んだ、しょうもない管理人だな!と分かったところで、

お話はどんどん次回へ続きます・・・


↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ