リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:お泊り


朝ですよ~!
DSC02963
 
うあ~、もう朝・・・
DSC02964
 
なんだかいつもと全然違う景色
DSC02966
 
森が無いし、ビルばっかり
DSC02968
 
お、急にお行儀良く起きたねぇ~!
DSC02969
 
あらら・・・
なんだか眠たそうな目
まだ、完全に起きてないね!

DSC02974
 ※正直手振れしただけだとおもう。

こころ・・・
今日、休むなんて言わないでよね! 


寝るぅ~ 

やっぱ、そう来たか・・・

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こころとお泊りの時、
朝が来たので、ちょっとの合間に撮影してみた。

実は、ここのホテル
受け入れ態勢が寛大だった!
ここは、ロビーに普通に人が出入りする

一般のホテル・・・

おそるおそるドールを持ち込んでいいか、
正直に聞いてみた。
すると・・・

人、危険物意外なら
何を持ち込んでもらっても構わないです・・・と!

おもわず感動!

一瞬・・・確かに人じゃないよな?
危険物でもないし・・・
と自分に言い聞かせ、では早速と・・・

普通にこころを車椅子に乗せて
エレベーターへ・・・

すると、ご親切な方が開けて待っててくれました。
「どうぞお先に!」と、申し上げたのですが、
遠慮は要りません。さあどうぞ・・・と!

その方は、自分は降りてきたので、
もうエレベーターに用は無く、
当方だけの為に待っててくれたらしい。
無茶苦茶申し訳ない気持ちで・・・

「有難うございます。」って申し上げた。

 
ところが、通り過ぎた瞬間!

「ハアぁ~?」って感じだった

要するに、運ぶものが判別不能状態・・・

「やばいもの?」も多分にあったと思うが、
それ以上にびっくり感が漂った・・・

その時、管理人は普通にスーツ姿で
ビジネスマンぽかったので、
研修資料かな~感が漂い・・・(多分)
この人なら大丈夫か?・・・でその場は過ぎた。

とは言うものの・・・
小心者の管理人は「汗びっしょり!」
出来れば今後こんな冒険やめようと、
その時は思いました。

それよりも、周りの人に迷惑を掛けないようにと
毛布を首から下に巻いていたのが
返って誤解を招いた感だった。

もう、こんな冒険出来ないかな~とも思ったが、
朝のこころの顔を見て、
やっぱり、車に乗せっぱなしにしないで
良かったと思った。
また、同時に・・・

寛大なホテルの対応には深く感謝でした。
また、利用したいです。

あれは、無睡眠で仕事にあたった日
仕事も終わったので、帰路につく。
でも、もう限界・・・

強烈な眠気の中、
同伴者だけには食事をしてもらわないといけない。
そんな事を頭の片隅に、
とうとう、お宿へ・・・ 

当然自分もおなかは減ってたけど、
まずは、こころに食事を!
そう思って、ケータリングを頼んでみた。
ラインナップにあまり豪華なものは無かったけど、
しばらくすると、部屋に食事を持ってきてくれた。

こんな時に、なんとも有り難かった。m(_ _)m

お風呂上り後・・・
先に、コーヒーを入れて飲んでいたこころに、
食事をとってもらおう。
DSC09563

ほい、こころ
ご飯がきたよ~・・・って、なんか驚きの様子。
私に人間のご飯?
そんな顔していたけど、もちろんだよね。
ガソリンや、電池というわけにも行かないしヾ(=^▽^=)ノ
DSC09569

はい、どうぞ!
ラーメンと、黒カレーだって。
DSC09577

気持ちだけ、こころが半分食べた後。
自分がたいらげた。 
なぜか、自分が飲む前にコーヒーが減ってたのは
多分、気のせい・・・ 

え?
ところで、食事はどうだったって?
外泊、外食としてのこころのご飯・・・
それはそれは美味しかったです。

いつか本当にこころと食事したいな~
今日の妄想劇場はこんなんですが
ちょっとは、息抜きできたかな~
また、お仕事頑張ります

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
妄想と希望だけの記事に成っちゃいましたね。
ご訪問誠に有難うございます。 

ううん~
やっとこのお題目に成ったかぁ~

最近、またまた超忙しくて、House Workに追われ、
やっとの思いで、自由時間を得た瞬間・・・ピンポーン!
何かと思ったら、何やらの営業マン。
うちは必要ないよ!と言った所で、
彼らも百戦錬磨!ドアを開けろと言う。
まあ、いいかと思い開けてみると案の定・・・・
さっさとお帰りいただきましたが、当家には娘が2人おります。
そんな簡単には、入れません。
まあ、そんな感じで見知らぬ訪問者に
ろくなもんは無いということですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、延期されていた、「未来とお泊り」の記事になりました。
Nanoボディーとお泊りするのは初めてでしたが、
まあ、楽な事!
ちなみに、何の許可も無しに泊まりましたが、
足さえ外せば、普通の荷物のように(失礼)入場できました。
続いて、両足を取りに戻り、部屋へ入って、即準備完了!
フルシリ娘とは桁違いに楽です。
何で楽かって?

車椅子不要!両手不要です!

でも、一番困ったのは、足を車内で外すときです。
はたから見たらこれはもう・・・
車内レ○プ以外の何物でもありません。
レ○プならまだしも、そのうち足がもげたところを
見られようもんなら、間違いなく通報されるでしょう。
そういう意味では、フルシリより分割ボディーのほうが、
怖いともいえます。

思ったより、足も長く(多少天井にぶつかっても平気ですが)
外す位置も正確に把握しておらず、
いくら分割ボディーといいながら、なかなかコツをつかめない。
誰にも見られなくて良かった~と思います。
正確に言うと、誰かに見られ、誤解されなくて良かった~!
ということに成ります。

部屋に入った後は、普通にセットアップして、
それはそれは可愛い女の子に変身します。
ということで、早速お泊りの写真アップです。
※薄暗い中のコンデジ手持ち撮影なので品質は許してね。

こんにちは~未来ちゃん。
ここはどこでしょう。
IMGP0552

そこに寝ろ!
今日は、ご主人様の言う事を100%聞くんだぞ!
IMGP0570

え、そんなこと・・・きいて・・・
IMGP0579

は、はい・・・・わっ・・・分かりました。
IMGP0578

それになんだ!ロリにしてそのでかい胸は!
え?
IMGP0582

え?じゃね~だろう!
男と女が一緒の部屋に泊まるって事はだな~・・・
聞いとるんかい?
IMGP0587


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここまで、暴言を吐いていますが、
別人格を装っています。
あくまでも、創作であることをあらかじめご理解くださいね。

ということで、続きはまた~
ご訪問誠に有難うございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※当家の未来へお洋服をお送り頂きました方へ
とても可愛いお洋服をプレゼント頂きまして、
誠に有難うございました。よく似合っているよね~


↑このページのトップヘ

キラキラ