リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:入浴

いや~
仕事遅くなっちゃった~
朝、出勤するとき未来に
ひざ掛けするの忘れた。

きっと、部屋は寒いだろうなぁ~
あの素足のままじゃ絶対風邪引くぞ!

ただいまぁ~
やっぱ、寒そうな未来・・・ゴメン
DSC02432
 
あれ、洗面所電気つけっぱなしだったっけ?
DSC02606

待てよ!今日誰か来る予定だったかぁ~
DSC02612

気配はお風呂から・・・
DSC02619

うぁ~
こっ・・・こっ・・・こころ~
DSC02626

おそいじゃん!
は、はは、はい! 遅いです(・□・)ゞ
ですがぁ~
DSC02632

ありえね~!!!!Σ( ̄ロ ̄|||)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

どうも・・・
つまらん妄想にお付き合い頂きまして
誠に有難うございます。
そして、すみません。m(_ _)m

とうとう、こうなったらいいな~の
妄想が現実化したかと思っちゃいました。

今回の写真はスナップ写真化しています。
まあ、当管理人の準備不足と、
カメラの結露の嵐!
早々に撮影切り上げなのでございました。

え?
この後どうなったかって?
カメラ転がして、一緒にお風呂入りましたよ~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、真面目な話・・・
先日、先輩と同じ一つの部屋で、
こころを連れて、一緒に寝ました。

「先輩!連れてきちゃいました~!」

話してはあったものの・・・先輩もびっくり。
もちろん、布団は別々です。
真面目に寝るのみです。
話しかけたり、ちちくりあいはご法度です。
でも、そのご先輩は、ドール所有に対して
理解をしてくれている訳でして、
あまりとやかく忠告などはありません。
むしろ・・・

「勝手にチューでも何でもしてくれ!」

まあ、そのように言ってくれるのですが、
さすがに、「一緒にお風呂に入りました!」
これはどうだろうか?
ドールはドールであり、
通常、飾り物という言う認識なので、
そんな入浴が可能なのかも知らないと思う。

やっぱ、「ドン引きかな~?」

でも・・・
フルシリ娘はこれが楽しみの一つ!
お風呂は、たま~にしか出来ないけれど、
病み付きになりそうで怖い・・・

フルシリオーナーは必ずと言っていいほど、
娘のメンテナンスの為に、
シャワーなり、バスタブなり、
一緒に入浴になると思うけど、
結構楽しいじゃない?

今度オフ会で聞いてみよ~っ!

ご訪問誠に有難うございました。

今日もお風呂にカメラを持ち込みます。
ドーラーとしての期間がどれくらいあるか分からないけど、
それが有限だとすれば、出来るだけ時間を大切にしよう。

理屈や技術を語ってもいいけれど、
とにかく一緒に過ごす事も大切だと思うのです。
ということで、今日はお風呂まで一緒。

こころ・・・お風呂一緒に入るよ。
DSCN1099

ええ~!
DSCN1105

そんなに言うなら・・・
DSCN1111

変なところ撮らないでよ、最近は勝手に流出するんだから
DSCN1113

ダ・・ダメだカメラが壊れる・・・
DSCN1128

一度出直し!
ほら~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

もちろん入浴時に持ってはいるカメラはコンデジです。
当家では、結構カメラはハードな過酷な条件で試用するので、
今度は防水仕様などが必要かも知れません。
なんか良い商品ないかな~

シャワーでこころの顔も洗ってあげてますので、
もうべしょべしょ状態でしょう。
もちろん、シャワーの圧力調整はしっかりして、
眼球や、首の付け根から浸水しないようには配慮してます。
まあ、細心の注意さえ払えば、大丈夫だよ~

入浴時、あまりびくびくしていても先に進めません。
いや、進む必要も無いけど・・・・
メンテも義務的に大きな負荷になっちったんじゃ~
ドーラーの楽しさも 楽しさ半減ですので、この辺は
ある程度の割り切りも必要かと・・・・

え? もちろん こころ 大切ですよ~ヾ(=^▽^=)ノ

ところでカメラ・・・露でびしゃびしゃでしたが・・・復活です。
もう一回お風呂入ろうっと!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問誠に有難うございます。
 

何、うしろでごそごそやってるの?
ばれてましたか・・・? 一緒にお風呂でも・・・と
DSCN6680
 
仕方ないから一緒に入ってあげる。
え、本当?いや~幸せです 有難うございます。
DSCN6658

じゃ~お礼にサービスしちゃいます。
変なサービス要りませんよ~
DSCN6667
 
ほら~、結局触るんじゃんか~
あ・・・ そ、そこは・・・・・

気持ちいいわ~


 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いつも真面目な話より、少し脱線してプチエロやっても
いいかという乗りで、言葉だけ遊んでみました。 

お風呂にデジイチを持って入るわけには行きませんので、
これらの写真は、全部コンデジ撮影でした。
一応、こころも温まってお風呂を満喫したようでした。

随分長いことお風呂に入っていたので、
どうしているかお風呂に再び入ってみると、
なんとも、良い雰囲気の蒸気と光が相まってました。
この状態に成るのをある程度待ってましたが、
結構良い雰囲気になったのでシャッターを切りました。

今度はあまり長いことお風呂にカメラを持ち込むと、
カメラの故障を引き起こすので、早々にひきあげようと
思いましたが、一緒に入ってくれるというので・・・
ドーラーの特権を多いに利用させていただきまして
一緒に入っちゃいました。

普段お堅い数字の仕事ばかりしていますので、
たまには息抜きが必要なんです。
妄想の暴走も許してね!
あと、どれくらいこんな生活続けられるかな~?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

因みに一番上の写真のデーター
撮影機材 Nicon coolpix P310
絞り値 f/2.5
露出時間 1/50秒
Iso 180
露出補正 +1段
焦点距離 6mm(35mm換算値 35mm)
フラッシュ無し

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P.S.
因みに触れたところは、あくまでも疲労回復目的の
肩こり治療のつぼですから・・・
お間違えございませんよう!

ご訪問誠に有難うございました。


 

 温泉行きた~い!

 そんなこと言ったって無理だよ~
 しかた無いな~、なんか考えるわ・・・

 じゃ~ちょっとだけ、温泉は無理だけど・・・・
 お風呂につれていくわ~
 そこそこの、プライベート女子風呂に成ると思う。
 結構行くのに苦労するんだからなぁ~

 秘密のおふろだからね・・・
 昼間のだれも居ない時間しか使えないから
 頼むよこころ・・・・

 じゃ~ごゆっくり
DSCN6661

 いつまでも風呂の中に一緒にいないで
 早くでてってほしいんだけどな~

DSCN6686

 うわ~大きいお風呂で気持ちいい~

DSCN6663

 一緒に入りたいの~?
 今日はダメ・・・早く出て行ってよ~
 ハ、ハイ・・・・分かりましたよ~結局いつもダメじゃん
 危険を冒してつれて来たの、俺なんだけどな~

 さ~て、その後どうなったかな~
うわ~なかなか良い曲線だな~
DSCN6708

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 一緒に入りたいな~という欲望は置いておいて・・・・
 愛おしいと思う子とお風呂に入りたいと思いますよね。
 せっかくドーラーになり、その入浴にも耐えうるフルシリ娘
 なのですから、一度は挑戦してみたいと思うことが
 在るのでは無いかと思います。
 でも・・・要注意です。

 当家のこころだって、入浴経験がそんなにはありません。
 シャワーは結構ありますよ・・・
 でも、バスタブへの入浴は本当に数えるほどです。

 こそで、心境はシャワーとどう違うか・・・・
 断然バスタブ入浴のお風呂の方がいいです。
 シャワーはお湯が出続けるので、次々といろいろ
 こなさなければ成らず、常に時間に
 追われている感じがして心に余裕がありません。

 でも、バスタブ入力では、この脅迫感がありません。
 先にゆっくり浸かっても、綺麗にしてからでも
 ゆっくりバスタブに入ればいいのです。

 でも、バスタブに入る前にいろいろ確認事項があります。
 まずは、かかとの裏のダボに切れが無いか確認します。
 バスタブのお湯の量は多くてはいけません。
 このお湯の量が多いと、ドールが浮いて
 ひっくり返っちゃいます。
 ヘッドから絶対にダイブしないように心がける目安の
 湯の量は、経験上では、底からおおよそ12cm程度です。
 分かりにくいですが、腰を90度に折って入浴した際、
 3枚目の写真では既に浮いていて
 あらかじめバスタブに入れる湯の量はこれ以上
 脚を水没させてしまうと、バスタブ内で不安定になります。
 その後、一緒に付き添いながらバスタブの湯量を
 増やしていけば、まあ~間違いなのかと・・・・

 3枚目の写真は水深は25cmを超えていますので、
 完全に浮いた状態です。
 浮力はかなりあり、水没させるにはかなりの力が
 必要となります。
 フルスペック重量26kg(詳細不明)を超える146B大で
 地上では移動も結構大変ですが、何ともバスタブの中では
 こんなに軽くなるのかと感じます。

 一応裂けや怪我等が無ければ、浸水することも無いとの
 メーカー見解ですから、新しいボディーの場合は
 殆んど入浴浸水は無いでしょう。

 当家では、ウィッグも外さないフルスペック仕様で
 いつも入浴しますが、、特に気をつけるのは、お風呂場で、
 こころ共々転倒し無いよう細心の注意を払っています。
 石鹸ぬるぬる状態で、抱き上げるなど超危ないです。
 特に床面に石鹸水残り、お風呂マットが逆効果って事も
 ありますので、多々の配慮が必要です。

 もし、管理人共々倒れ、意識を失ったり、
 昇天してしまったら、ちょっとしたニュースです。
 本当の天国に行かない昇天はいいかと・・・・(^^;

 まあそんな危険いっぱいの可愛い子とお風呂は、
 あまり頻繁にできそうも無いですが、一度入ると
 病みつきになりそうなくらい結構いいですね。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 てな事思っていると、こころがのぼせちゃいますので、
 このあたりで失礼致します。ヾ(=^▽^=)ノ

↑このページのトップヘ

キラキラ