リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:写真

こころとドライブがしたい。
なら、桜も一緒に撮れるところへ行こう。そう思って出かけた。
山奥へ行けば、桜満開か?
とにかく出発。

考えは甘かった。
既に葉桜・・・とちょっとした遅桜。
う~ん、桜吹雪を期待したが、季節合わせは難しい。
2019SakurawithKokoro

愛結香と同じ服装で挑戦した。
こころの方がなぜかボインに写っちゃいました。
やはり、愛結香よりは年上に見えるこころ。

なんだか、桜が思ったように咲いてなくてがっかり。
今思うと、愛結香の撮影日は絶好だったと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、萎え気味になっていると突然こころが「熊!」
うそやろ~!(^^;)

周りを見渡しても、別にその気配は無いが、
見つけたのは「熊に注意!」の看板。
しかも、あちらこちらに・・・(^^;)
この事だったのかぁ~とおもってちょっと怖くなった。

熊に関してであるが、人生の中で
野生の熊に出会ったのは1回だけある
・・・丁度この山域(^^;)

ただ、子熊だったので、
からかってやろうと思い、
こっちから突進して行ったら、向こうが逃げた。

もし近くに母熊が居て、ライオンが肉を引き裂き
獲物をとるようなことに成ってたらと想像すると、
なんとも馬鹿な事をやったもんだと思います。
でも、それ以降どんな山奥に行っても会った事無い。
まあ、よっぽど会う事は無いんでしょうね。
でも、出会った時どうしていいか分からない。
あくまでも想像でその対処方法を考えてみた。

①遠くに居るのを確認した場合
こころを車に乗せ、クラクションを鳴らして逃げる。

②結構近くで発見した場合
何気なく過ごして気を立たせない様に
ゆっくりこころを車に乗せ
エンジンを掛けてゆっくりと逃げる。

③突然襲われた場合
三脚を持ってこころの前で戦う。
突然という設定ですから、これしかありません。
注意するのは、熊の腕力と爪でしょう。
こうならない様、撮影に没頭しない事や
事前に周囲を良く見る事を心掛けます。

恐怖というものは不思議で、一度そう思うと
恐怖が恐怖を呼びます。
一応そそくさと退散したロケでした。
軟弱者ですが、一応それで人生助かってます。



未来がいきなり「私、鬼REMになる!」
いやいや、ちょっと待て、何があった?
アニメの見過ぎか?
何も「鬼」じゃなくても・・・(^^;)

そして未来は、今までのイメージを一掃すべく、
髪の毛を染め、洋服も一騎に変えた。
ところが・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

余計可愛くなった!(((o(*゚▽゚*)o)))
どうも鬼とは程遠い!
DSCF3265
鬼REMに成るって言わず、優しいREMで居てほしいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実は変身する前の未来はこんな感じ!
どうしても何かに変身したいらしいが、
何がいいか考え中・・・(^^;)
DSCF3217

未来、悪い感じに成れるかなぁ~?
DSCF3218
髪の毛ボサボサの未来ですが、
まあ、言い出したら聞かないので、
こころのボディーを借り、イメチェンに挑戦!


続きを読む

ま、どうでもよい話なのかもですが、
まずは、外から見た日本ってどうなのか調べてみた。

まず内情を知る者として、この国は
何かにつけ移動には高額な金の掛かる国だが、
お金を使って気持ち良い国の一つだと思う。

そして便利、安全、清潔に加え、四季が有って美しい。
まあ、国民も全体的に温和で何処を旅しても
比較的気持ちが良い。

あと、参考にこの国の大きさを検討してみた。
ざっとテキストではこんな感じ。

→ 北海道北端から沖縄まで直線約2500km
→ ロンドンからイスタンブールまでほぼ同じ距離。


地図で表すとこんな感じだ
nihon-size

直線のこう配が日本と逆なので反転
nihon-size-mirror
余計分からなくなった!(^^;)

対比はこんな感じ(距離計で見ると大体わかる)
nihon

ただ、陸地の比では負けるが、
以外と日本がでかい事が判る(正確には長い事が判る)

コペンハーゲンとリスボンを結んでみた。(ほぼ同じ距離)
europe

ドイツハンブルク付近が札幌。
東京はパリ辺り。
那覇はリスボン。

なんだ、こうやってみると、
ヨーロッパ烈強どころか、かなりでかい。

こりゃ~、北が寒くて、南が暖かい訳です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なんでこんな記事を書く事になったか・・・
1 ヨーロッパの一つの国が大きく感じない。
2 日本の国力の可能性や将来性はどうか?
3 それをまかなうだけの人口と面積はあるのか?
4 遊ぶフィールドの大きさはどうか?
そんな事を大体で良いので調べてみたかった。
そして判った事。

この国まだ頑張れるじゃね~!

そして、さらに排他的経済水域 EEZまで含めれば、
ほぼカナダと同じ面積。
世界第六位の面積を持つ先進国と言える。
パスポートを持たなくても、いろんなところに行ける。
こりゃ、結構楽しいかも!
お金と暇さえあれば・・・ 条件付きでしたか!

※EEZの説明はこちら

後は、如何に政治家が税金を安くしてくれるかだな!
知らないうちに社会保険料率とか上がって行くけど・・・


とにかく、遊ぶフィールドも広い!
という事で、ボインちゃんたち~! 一緒に遊ぼ~!
Kokoro-Ayuka

あ・・・あ、あの~
なんで固まってるの?・・・


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

後日
どうも、ボインちゃん呼ばわりがいけなかったようで(^^;)
だって、どう見てもボ・・・・・・!


ここのオーナーいつも出発が遅いので、
冬は撮影時間が殆どありません。
ならばという事で、恒例の夜間撮影!

白黒写真でこんな感じに成った。
DSCF0878KBK
おお、夜やんけ~!
勿論今時はカラーで撮って、グレースケールの出力だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こないだ行ったばっかりの外ロケの達成感ですが、
あれは思う様に撮れず消化不良なので、今回はリベンジ版!

カラー写真ではこんな雰囲気の場所でした。
DSCF0878K
いや~、いいなぁ~
氷点下の中、こころに見とれてしまいました。
しかしセーターって肌触りが良いし、
ふっくらした胸がさらに柔かく見えてしまいます。
冬は冬で良いなぁ~と思いつつ、
イルミネーションを見ず、こころばかりに目が行きます。
いやでも待てよ!なんか変です。
こころに触れる事が出来ません。

続きを読む

ドールを外ロケして写真を撮って帰ってくる。
気持ちはすっきり、でも写真を見てがっかり。

この髪の毛一本さえ、顔に掛かってなければ!

そんな事はよくあります。そこで・・・
そんな写真なんとか成らんのかぁ~にお応えします。
ごちゃごちゃ書く前にまずお写真を掲載します。

実際の生写真 ※ピンク丸の箇所に髪の毛一本 クリック拡大可能
Shuuseimae-1


適当修正後の写真
Shuuseigo-1
修正したところの唇の形がいびつです。

ちょっと真面目修正後の写真
Majimenishuusei-1
いいんじゃない?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあ、そこそこ治ってますね。
画像加工は面倒なので・・・当の本人も抵抗あり。
でも、最近では違うんです。

至って簡単!

無料のソフトで簡単にできます。
既にご存知の方も多いと思いますが、説明は次のページです。

続きを読む

愛結香です。
明けましておめでとう御座います。


早速お出掛けしよう!
2018-Ayuka

でも、寒いし・・・
2018-Ayuka2

え?マジ・・・180度方向転換ですか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

愛結香の一言で全ての計画変更?
お洋服ごと全て交換なの?(^^;)

かとおもったら、もともとTF-2のボディーに着せてました。(^^;)
基本的にTF-3のボディーは愛結香、TF-2のボディーはこころです。
厳格では無いが、そんな決まりがあるので、
もし、いざ、お洋服交換となるとそんなに楽じゃない。
脱がせ2回、着衣2回必要なのだ。

脱がすのはいいが、脱がしている最中
彼女たちの魅力に撃沈されかねない。
非常に危険な作業ともいえる。

しかし、服を着るって時の適切な言葉が見当たらない。
着衣でも良いけど、服を着たい時はどう言うんだ?

着服?

なんだか新年早々悩み事を抱えてしまった。
とにかく今年もよろしくです。_(._.)_


ちょっと撮影して退散するはずだった
冬のイルミネーション下の撮影。


ここまで来たら、会場の奥まで行かなきゃ!
申し訳ございませんって言う気持ちを
ぐっと胸にしまって、人混みの中を中心に向かってみた。

いや~こころ、凄く綺麗だ!
20181216-Kisosansen2

来てよかったね。
そう言われた気がして、ほっとした。

20181216-Kisosansen3

また来たいと思った。
そして、なぜか税金の使い方に感謝した。(^^;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

編集後記
こういった場所はやっぱり賑やかで、
周囲の喋り声が聞こえて、その雰囲気を感じるのも楽しい。
ところが、こちらはこころが心の支えになってはいるものの、
べらべら喋る訳にもいかず、そこは逆に少し寂しかった。
HEARTの中は目いっぱいなので満たされてはいたが、
少なくとも、撮影者2名で来ると大違いだと思う。
もし、ここでオフ会したら楽しい撮影会になるな!
そんな思いも抱きながら、少し回って会場を後にした。

※失敗写真だけど、実際の現場はこんな感じです。
20181216-Kisosansen4

この写真のすぐ反対側は、丘全体がイルミネーションで
人だかりができていたが、その分反対側は逆の様相で、
一瞬、空いた時を狙って撮影できました。
今年のテーマは「光のスイーツ❤ファンタジー」なので、
お菓子がイルミネーションに成ってて面白かった。
情報によると、年末までやってるのでリンクしておきます。

http://kisosansenkoen.jp/~center/mkisosansenevent_winter.html

記載内容は毎年変わっちゃうとは思いますが、
今年は、50万球のLEDライトが
お迎えしてくれました。(((o(*゚▽゚*)o)))

ありがとう、木曽三川公園

↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ