リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:天竜峡

あれは何年か前の秋
初々しいこころとドライブに出掛けた日。
きまって出発が遅いのでその日も現場に着いたら夕方だった。
夕焼けで顔が赤く染まった彼女の顔の記憶が心に深く刻まれている。

小心者の当オーナーは外ロケも出来ず、車を走らせると
飯田線のおおぞれ駅と言うところに着いた。
なんとも風情のある山の中の駅だと思った。
dsc06790

すると電車が駅に来て止まった。
乗客は殆ど居ない。ああ、秘境の駅なんだと
なんとも言えない旅情を感じた。
このまま、車を置いてこころと一緒に乗っちゃおうか?
dsc06749

時は過ぎ、あれから思いは数年
何と急な思いつきで、愛結香と電車に乗車するとは・・・
人生って何が起こるか分からない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オフ会当日一通り、1時間程度の外ロケを終えると
次の予定である、とある駅へ!
皆さんのお力添えを得て、ホームへ入場・・・そして

なんとも粋なさっちゃん with プチパンティー
DSC03745

もうすぐ電車くるよ~
時刻表を見上げる愛結香?
DSC03749

あ、電車来た!ドキドキ
DSC03747

急に不安になる愛結香
DSC03752

のっちゃった~ぁ!
DSC03754

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は動画も撮りました。
大した編集はありませんが、とりあえずパート1です。


世界的に珍しい動画の部類かな?
いろんなドールの楽しみ方ってあるけど、
今回ご一緒頂いたドーラーの方々って、
写真を通して、楽しく、そして大切しながら、
健全?に楽しんでいる部類の人たちかもしれません。
こういうことをする前って、サイトやメディアを通しての
自分勝手な想像か、脚色されたイメージでしかありません。
もうちょっと言えば、このようなオフ会をしても、
まだ人ってわかりえない部分は残り、
回を重ねる毎に、少しづついろいろ分かってきます。
そして、軽々しく人や物を判断してはいけないと気づきます。

空間と時間を共有する事で初めて分かってくる事
凄く多くあります。
このような方々とご一緒出来て
本当に良かったと、改めて思ったオフ会でした。

もうそろそろα57も壊れるかな?
オフ会最中に壊れたらどうしよう?
ならばと眠たい目を擦って新機種探し開始
どっちにしても、ソニーでそろえちゃったので
次もソニーか・・・
お、α7に新機種?
α7-3か、やっと欲しかったカメラが出た。
その前に、他社も見てみようと・・・
確かFUJIはAPS-C機に拘った作りだったな。
あら、こちらも新機種。

フルサイズとAPS-Cの違いはあれど、
どっちにしても新しい、最新だ!
見てない、触ってない、発売して1ヶ月も経ってない。
まあ、壊れた時の予備なので、
余り調べもせず・・・ポチ!

届いたのは、オフ会前日だったので、
充電して、SDHCカード突っ込んだだけで出発。
いざ撮ってみたが、慣れないので使いにくい。

最初の一枚!あれ!思いのほか綺麗に撮れてた。
DSCF4023

クラッシククロームと言うモードで撮ってみた。
本当はかつてのポジフィルムの様な
高彩度の画像を期待していたのだが・・・
なんだかなぁ~って感じ。

木陰で一休みというか、
暑すぎてみんなすぐにお休みモード(^^;)

DSCF4055

髪の毛さえかかってなければ!
DSCF4064

入門機とは知らんかったけど、結構綺麗に撮れてる
DSCF4071

お嬢さんと共に、遠近感のある写真ええなぁ~
DSCF4074

逆光も勝手に補正した様子
DSCF4077

押すだけで結構綺麗。
DSCF4085

お嬢様が綺麗に撮れる!なんだか嬉しい。
DSCF4104

このカメラの良いところはα57よりもピント精度は良い。
DSCF4114

ま、こんなもんか・・・・

まだまだ、使いこなせていないので
何とも分からないのですが、
α57より解像感も高く、文句は無かったです。
今のカメラよりこっちの方が良い感じの配色だし、
総じてとても良いカメラの様な気がしています。

しかし、前回の衝動買いは実機を見てだったけど、
今回はさらに適当だった。
次回からもっと慎重に選びたいと思います。
と言いながら、またやらかしそうな・・・

今回のオフ会の集合場所は独断と偏見で天竜峡になった。
なんでやねん?
大阪と東京の中間付近の観光名所
そして、高速道路からのアクセスの良さなど
お集りする場所としては良かった・・・が!
この時期は非常に暑く、撮影ポイントも制限され
良いスポットは階段越えなのでちょっと苦労しました。

さてオフ会前日と言っても数時間前!
どの子が行くか? どんな服を着ていくか?
ドールオフ会はいつも決まって悩みどころなのですが、
こころと愛結香の顔色を伺って即決!
愛結香行くよ~!と成りました。
ところが、どうも愛結香はこころと同じお洋服が嫌な様子。
睡眠時間も無いのに、2度のお着替えタイム
余裕があって、これが出来たら楽しいのにと思いつつも、
前もって買っておいた夏服にチェンジ!

なるほど~、愛結香がごねるだけの事はある。
愛結香にぴったり! そしていざ出発!

集合時刻は11:00
でも、皆さん9:00頃到着!
お喋り好きな幹事のせいで取っ掛かりはいつも遅め・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、太ももにあやかりたい気持ちを抑えつつ
最初の一枚

DSC03698-85

しかし、なんだかα57キットズームの眠い写真。
CANON白レンズの画像を見た後だけにちょっと辛い?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、O̪氏のお嬢ちゃん
バッチリカメラ視線ありがとう!

DSC03703-85

新しいブログはこちら→オリエントドールと散歩日記

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こちらは、ケロロさんのお嬢様
一番遠くから来てくれてありがとう。

帽子をかぶった子は飛ばされないよう気を使った。
DSC03705-85

ブログはこちら→DOLL ミーたんとケロロの日記

この帽子が飛んだらまさしく、
野生の証明のワンシーンだったでしょう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、さっちゃん
胸に見とれ、ふと気づくと、
クロスフィルターつけっぱなし!

この甘々フォーカスは、自分の寝ぼけ眼じゃなかったんだ!
DSC03712-85

ブログはこちら→私はドール、我はドーラー

橋の上の撮影なので、いろんな人が行きかった。
こんなところで店広げてすみません。

通行人の皆さんも最初はびっくりした様ですが、
暖かく迎えて頂き有難うございました。
現在大きなドールでの外ロケ集団は100万人に1人以下かもですが、
これから、以外とこういった光景が見られるように成るかも?
ないか・・・(^^;)

DSC03718-85

ある、猛烈に暑いある日、
こんな感じで天竜峡でのドールオフ会スタートです。
ただ、こんな過酷な日では有ったのですが
後々とても大切な思い出の一ページと成ったら嬉しいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オフ会って好き者同士が集まってるだけ?
そんな風に見えますが、実は違うんです。
その辺はまた・・・


ちょっと難しい話題で
プチ疲労を感じたので、
息抜き写真創作活動として、
こころとドライブに行ってきた。

計画は、ドライブして、写真撮って、
温泉入って、秘境探訪と言う予定。
知らないところへ出掛けるって、
ちょっとわくわくする。

さあて、どこに出掛けようと考えていると、
やっぱり出発は午後3時頃・・・
こんなんじゃ~また写真どころでは無いぞ!
でも、いいんです
目的は写真撮影ではなく、ドライブなんだから・・・
と言うことで、とにかく出発!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こころ、着きましたよ~
さあて、ここはどこでしょうか?
DSC06695

西陽が眩しいぜ!と言いたいけど、
毎度のごとく、夕暮れというか日没・・・
DSC06694

おお、天竜川なかなか凄い!
電車でも来れるのか~
DSC06690

おお、今日は天竜峡温泉でした~
日帰り浴場もあるようだけど、
こころを車に残したままにするのは、
ちと、まだ陽が高い・・・
DSC06692

そこで、足湯かぁ~
いいなぁ~と思いつつ、入浴情報をゲット!
DSC06689

雰囲気はええじゃん!
こころと一緒に入りたかったが、
ちょっとギャラリーの視線は気になったのと、
料金は、一人分なのか2人分なのか?
ちょっと不安だったので、やめてまた次回に・・・
DSC06688

初めてバックミラー越しに写真を撮ってみた。
暗いし、あまりうまく撮れなかったけど、
ピントはこういう反射法でもうまく合うんだな~
若干の手振れはご容赦
DSC06718

あ~あ、結局日没になっちゃった。
現地到着して、1時間も経ってない
DSC06716

これから、こころと夜のドライブ。
こころ、今日夜遅くなるけどいい?
家族の人心配するよね・・・
DSC06727


気分だけ、Back to the future~!
体は?・・・杖が必要・・・!
冗談ですけど・・・

今日も妄想の世界にお付き合い頂きまして
有難うございました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

と言うことで、さらに秘境をもとめて
ドライブは続くのでした・・・

Bye!


↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ