リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:屋外

こころとドライブがしたい。
なら、桜も一緒に撮れるところへ行こう。そう思って出かけた。
山奥へ行けば、桜満開か?
とにかく出発。

考えは甘かった。
既に葉桜・・・とちょっとした遅桜。
う~ん、桜吹雪を期待したが、季節合わせは難しい。
2019SakurawithKokoro

愛結香と同じ服装で挑戦した。
こころの方がなぜかボインに写っちゃいました。
やはり、愛結香よりは年上に見えるこころ。

なんだか、桜が思ったように咲いてなくてがっかり。
今思うと、愛結香の撮影日は絶好だったと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、萎え気味になっていると突然こころが「熊!」
うそやろ~!(^^;)

周りを見渡しても、別にその気配は無いが、
見つけたのは「熊に注意!」の看板。
しかも、あちらこちらに・・・(^^;)
この事だったのかぁ~とおもってちょっと怖くなった。

熊に関してであるが、人生の中で
野生の熊に出会ったのは1回だけある
・・・丁度この山域(^^;)

ただ、子熊だったので、
からかってやろうと思い、
こっちから突進して行ったら、向こうが逃げた。

もし近くに母熊が居て、ライオンが肉を引き裂き
獲物をとるようなことに成ってたらと想像すると、
なんとも馬鹿な事をやったもんだと思います。
でも、それ以降どんな山奥に行っても会った事無い。
まあ、よっぽど会う事は無いんでしょうね。
でも、出会った時どうしていいか分からない。
あくまでも想像でその対処方法を考えてみた。

①遠くに居るのを確認した場合
こころを車に乗せ、クラクションを鳴らして逃げる。

②結構近くで発見した場合
何気なく過ごして気を立たせない様に
ゆっくりこころを車に乗せ
エンジンを掛けてゆっくりと逃げる。

③突然襲われた場合
三脚を持ってこころの前で戦う。
突然という設定ですから、これしかありません。
注意するのは、熊の腕力と爪でしょう。
こうならない様、撮影に没頭しない事や
事前に周囲を良く見る事を心掛けます。

恐怖というものは不思議で、一度そう思うと
恐怖が恐怖を呼びます。
一応そそくさと退散したロケでした。
軟弱者ですが、一応それで人生助かってます。



毎年ろくに写真も撮れない桜の季節
今年の桜は低めの気温で比較的長め咲いていた。
撮影に出掛けたい想いはあったが、この機会に
思い切って山へ撮影に出かけてみた。

久々の外ロケで、心臓がバクバクしていたが
段々その環境に体が馴染んで行き少しづつ落ち着いてきた。

今回のモデル愛結香としばらく現場に居ると、
桜の花がそよ風で揺れ、風の流れとともに
桜の花も流れるような波の様に動く美しさに感動した。

「なんと素晴らしい春だろうか」
DSCF4013

これだけの花を咲かせているんだ、
何か理由があってこうなっているのか?
それとも、日本特有だから?
とにかく満開に咲いた桜の花に囲まれながら居ると
単なる自然現象だよとは言いたく無くなってくる。
DSCF4021

花咲か爺さんを思い出せば、
枯れ木に臼の灰がかかったことで美しい桜の花が咲いた。
これほどの桜が咲くほど良い事もした覚えはないけど、
とにかく、この美しい桜の花に囲まれている事に幸せを感じた。
そして、丁度そのさなかで撮影している。
美しい桜の花は薄命だけど、
それが理解できるから、余計に桜の花が美しい。
そう考えたら、とても大切な一瞬に居るような気がした。

続きを読む

今日のお出掛けは「こころ+TF2ボディー」
このTF2ボディーですが、左足がたらたらに成ってた。
内部で足の付け根のボルトが折れてたのでちょっと前に修理した。
そして、修理してグリップ復活!
それが嬉しくてこころとお出掛け

しかし・・・中々お出掛け出来ない。

どうしたの?と・・・こころ

DSCF0076

もうお出掛けしなくても、このまま車に居てもいいか!
そんな思いが湧いてきた。すると・・・

え、お出掛けしないの?
DSCF0090

いや、やっぱりここまでやったんだ!
お出掛けしようとエンジンを掛ける。するとこころ・・・

すかさず、「レッチュゴー!!」
DSCF0092

僅か数分でこころの表情が随分変ったような・・・
それとも、ただ単に撮影角度が変わっただけなのか?
でもそれはもうどうでもよかった。

オーナーから見たら、もう可愛すぎた!

実に変な病気に掛ったものです、ここのオーナー(;'∀')
しかし、ドールってどうしてこんなに可愛く思えるですかね~?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして到着した、とある公園
さ、さ、さむ~い!
DSCF0094

ま、真冬ですから・・・(^^;)

しかし、この時期の屋外だとやっぱり寒そうな表情をする。
なんとも不思議です・・・


今回は、前回の続きですが、
おこちゃまは、愛ちゃんの方に行ってしまってます。
Sさん家のお譲ちゃんは、
下のほうまですぐには降りて来れないようで、
その間、当家のこころと萌ちゃんの撮影になりました。
気になる、親御さんの視線ですが、さて・・・
DSC00915

天気はだんだん曇りとなり、
1時間程前とは、光の具合がガラッと変わりました。
お外での撮影難しいです。
DSC00918

そうこうしているうちに現場に居た坊やが
こちらに来て、じろじろと・・・
そして、「大きなお人形さんだよ~」
「かわいい?」って聞いてみたけど・・・
坊ちゃんは、当家のこころが投げ出した
足が気になるようで、
「内股がちょっと~」と、全然会話にならないような
言葉を残して、また愛ちゃんのほうへ・・・
この時すでに、坊ちゃんは愛ちゃんのおパンツが
気になっていたと思う・・・
DSC00920
 
次に反対向きに撮影と方向転換したところで、
ダンディーなお父様が
「ハハハハ~、こりゃ凄いなぁ~」とお声がけ・・・
遠くで見てたけど、少しなんだか様子が違うということで、
気になって近づくと、ドールと驚いてました。
DSC00880

しばらくお話した後、そのダンディーなお方は、
お戻りになり、周囲の友人に説明されてました。
DSC00894
 
そのダンディーなお父様が
BBQグループへ帰った際の妄想をしてみました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ねえねえどうだった?
おお、やっぱり人形だった。

子供達を自由にさせておいていいの?
別にかまわんだろう!
少し話してきたけど、普通の人だったぞ~

そう・・・ならいいけど
でもあなた彼女達の写真撮ってたわよね~
ちょっと、見せて~!
あ、あ~・・・・

なに~、このパンチラぎりぎりの写真はぁ~!
結局、あなただって興味あるんじゃん!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあ、そういう会話があったかどうかは
知りませんが・・・

本当に写真は許可を求められ
撮影されて行かれましたので・・・
なんらかの会話はあったものと思います。

こういった理解のある方々が居ると助かります。
寛大な対応を頂きました周囲の方に感謝です。
さすが大人の対応でした。
その節はご協力誠に有難うございました。

 

やっと呪縛開放かぁ~
じゅばくって、漢字で書いてみると
結構、恐ろしい漢字だな~

今日、出張から戻り
これからしばらくの間は、正常な生活が出来そう・・・
さすがに年度末の追い込みはきつかった。
それに加えて、花粉と過労気味で
体調は滅茶苦茶。
しばらく調整期間が必要だけれど、
ブログは以前のパターンに戻る努力をします。

さて、呪縛開放ついでに
外ロケの写真公開です。
な~んだ!忙しいといいつつ外ロケできてるジャン・・・
確かにそうなんですけど、
そりゃ~、その努力とともに、
こころにも相当な試練を強いています。
じゃ~、その努力って何よ~・・・・

一言で言えば「寝ないこと」・・・に成りましょうか。
正確に言えば、寝てるけど
出来るだけ睡眠時間を少なくしている。
こんなことをしていると短命傾向になるかもしれません。
しかし今回まさに、外ロケ前の睡眠はゼロ・・・
グラビティー!←これは要らないっか・・・(^^;
それより、でぶった体でしっかり重力感じてます。

さて、そんな中、こころには少し布団蒸し状態を
我慢してもらって、やっと外ロケ決行です。
でも、予想以上に時間がかかり
またまた、外ロケ決行となったのは、
また夕方・・・

こころやっとお外だね。
わんこの散歩の人行っちゃったし、
写真タイムだよ~
また、夕方じゃん・・・
どれだけ待たせるの~・・・も~

DSC09276

ここに座ってればいいの?
ううん・・・ちょっと
パンティー見えそうだけど大丈夫でしょう!
DSC09260

先般、田んぼのど真ん中でロケしていた人が居たけど、
ここなら同様に人目につかない堤防だから
大丈夫でしょう・・・
DSC09271

ほらぁ~・・・
また、違う人がわんこのお散歩に来たじゃん。

え、また~・・・O(≧▽≦)O
DSC09254rev2

仕方が無いので、
外ロケはここまでかぁ~ちきしょ~!
大体、撮影開始時間がおそいっつーの!
わかっちゃいるんですけど・・・
細切れ時間を利用して、何とか外ロケ時間作ってるから
いつもこうなっちゃうのよね~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・・ということで、
わんこのお散歩の時間は外ロケに集中できませんでした。
以前、ガキンチョがよってきたときは、本当にやばかった。
速攻撤収となりましたが、今回もあえなく撃沈!
もっと、度胸つけなくてはいけませんね。

しかし、お外の階段での撮影って結構難しかった。
どうしても、ローアングル気味に成るので、
足を、お尻の一段したに置くと、どうしても
パンチラ写真に成っちゃう!
また、フルシリボディーではかなり厳しい体勢となる。
もう一段下では、足が届かない。
パンチラでもいいかと思うけど、写真の出来や
人が来たときにはどうだか・・・
撮影に夢中になってると、
ふいに後方からやってくる人に注意が行かない。
まだまだ未熟でございます・・・
近々に、ご先輩に勇気をいただきたいと思います。

創作は、自分のハートを鍛えているという言い訳で
本日の記事の締めくくりとさせて頂きます。
ご訪問まことにありがとうございました。

↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ