リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:心

駅で女子高生が一人・・・
しばらく知らない振りをしていたけど、
電車が来るまで時間があったので、
話しかけてみた。

すると、今日は雑草整理のアルバイトで、
みんなとこの駅で待ち合わせとの事。
女子高生が建設作業の一部を手伝うらしい。

このご時勢、建設作業員のバイトとは
珍しい女子高生とばかりに・・・
自称、ジャーナリストであることを伝え、
今日一日密着取材を申し込んでみた。

仕事場では現場監督の許可が必要らしいが、
とりあえず、待ち合わせのこの場所での
撮影はOKとのこと。
早速写真を撮らせてもらった。

名前は「こころ」ちゃんらしい。
DSC00036

すこし近づいたら緊張しているのが良くわかった。
DSC09994

少しずつ会話しながら距離を縮めていく
DSC00045

さすがに近寄りすぎて、少しドキっとした。
DSC00050

慌ててバックしたが、
もう一度彼女に近づき、ネクタイのゆがみを
直してあげたいと思った。
正直彼女に触れてみたかったのかも知れない。
DSC00051

横から見える生足が気になり、そして・・・
DSC00016

加速していくシャッター音!
しかし・・・
DSC00026

さすがに、下半身は手でスカートを押さえられた
 DSC00005

あ~あ、
やっぱ、このジャーナリスト!
・・・・・「変態だわぁ~」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
ふと我に返り、もう一度彼女に目をやった。
すると、まだ話しかける前と同じ光景だった。
自分は、夢を見ていたのだろうか?
一応気になって、さっき自分が話しかけたか
彼女に聞いてみた。

すると、それは無いと言う。

やっぱりベンチで腰掛けてうとうとしている間に
少し夢でも見たのだろう。
そして改めて、「お名前は?」と聞いてみた。

「こころ」だった・・・

 

なにか特別な日には
決まって低気圧がやってくる当家の境遇。
これは、運命なんだろうか?

4月にオフ会と決めたその日も・・・
例のごとく・・・糞雨!
言い方が悪いですけど、
実際に糞の雨が降ってくるわけではないですね。
※そんな状況あったら恐ろしいけど・・・

まあ、とにかくいつもそんな運命なんです。
この雨の状況・・・何とか改善してやろう!
そう思って帰るのを止め、次の日の晴れに賭けた。
今日お泊りするぶんにゃ~
平日だから、リーズナブルだし、翌日は休み。
Lucky! 

あくまでも明日の撮影のための宿泊だからね!
DSC00116

お泊りってちょっとドキドキ・・・
DSC00105

ぎりぎりアウト?セーフか?
DSC00103

今回お世話になった宿泊所・・・は、
ちょっとお金出して、 なんとお部屋に露天風呂付き!
目的はと言うと、実家のお写真のように、
露天風呂で撮影も目論んでいました。

と・・・ところが!

続きを読む

たまにはオフ会の時間を
逆再生してみるのも良いかと、
時系列を逆にして記事にしてみました。
そして、オフ会で経験し、聞こえてきたことを少々・・・

今回、試しも無しで新品のウィッグでお出掛け。
中途半端なショートが、風のせいで舞いやすい。
お陰で、髪の毛食べちゃうし・・・
思い切って、ロングのほうが良かったかも?
DSC00550

う~ん、完全に露光失敗だぁ~
本当にお外で、綺麗に撮るのって難しい。
特に、オートに任せておけないこのカメラは
DSC00413

愛ちゃんととある公園にて
DSC00378

お話中・・・の様子。
いろんな人が後ろを横切っていった。
DSC00364

緊張をほぐし、
少し気を取り直して撮影
DSC00351

方々からの視線でこころも恥ずかしそう。
DSC00311

生まれてこのかた初めて、
自分たちで、公園ロケを行った。
いままでは、大体先輩方が付いていてくれたので、
心強かったけど、今回は何を言われても
自分達で対処しなくてはならない。
そんな環境に真っ向から突っ込んでいった。

もちろん、いままでオフ会などで
ご教授頂いた情報を基に対応して来たけど、
聞こえてきた声はさまざまだった。

事なきを得て無事終了となり、
遠くからも誹謗や中傷の声は聞こえなかった。
一応、今後外ロケを目指す方や
自分自身の今後の参考のため、
どんな対応があったか、今回の経験を基に
いろんな人の対応を箇条書きにしてみた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1 え、お人形さん?まじか~、近くに来ないと判らない。
2 まあ、なんと可愛いお人形さんだこと。
3 こういう世界もあるんだね~
4 お人形さんとはびっくり?技術の進歩は凄い!
5 こういう仕事の関係の方かい?
6 あっちのほうはどうなんだ?
7 え!マジ・・・何?マネキン?うっそ~!
8 こんにちはぁ~、可愛いねぇ~
9 ハハハハ!わぁ~、びっくりした!
10 触ってみるぅ~・・・

まあこんな感じでございました。
少し、勇気もついたけど・・・
これを一人ではやっぱりつらいかな~

中にはガラスのハートみたいな
オーナーが居ます。
もし、どこかで見られても
お手柔らかにお願いしますね。

ご訪問誠に有難うございました。

誰でも勉強と言われると
少し、抵抗が有るけど・・・
きょうは、学校の予習・復習を兼ねて、
算数の家庭教師に来てもらいました。
じゃ~、こころと未来、がんばってね。
DSC09143

はい!(こころ)
え~!勉強・・・(未来)

その後の、その授業風景は・・・

続きを読む

今から遡る事何十年であるが、
春になって、仕事もひと段落して、
ふと小学生だった頃を思い出した。
あれは、小寒い11月の終わりの頃だった。
校庭の西のはずれで、休憩時間に友人と遊んでいた。
その時の友人というのが、未来の話が好きで
僕自身と良く話しが合った。

そこで、 ダッ○ワイフって知ってるか?と聞かれ?
もちろん知らなかった自分は「何それ?」って聞き返した。

Dutch本来の意味は、今のオランダを指す
その頃から、外国に興味のあった当人は
言葉のイントネーションから、この言葉が
ドイツかオランダを示すのだろうくらいの
おぼろげな理解はあった。

なぜ、ダッ○ワイフと呼ばれるようになったかという
理由は、数々の説があるようで、どれが正確な由来かは
正直知らないけれど、どうも過去に英国とオランダの
仲がわるく、まあ皮肉言葉のようだ。

一説には、インドネシアで、暑い夜に竹を抱いて寝ると
冷たくて気持ちよいため、英国人が皮肉っぽく
ダッチワイフと言ったという線は、
抱いて寝るという点において共通性があり
なんとも、その由来の濃厚さを感じてしまう。
また、この呼び方は日本の中だけに存在し、
現在海外ではそうは呼ばないとの事。


ここ最近のお迎え理由はさまざまだけど、
写真を撮ったり、観賞・イベント用だったりと様々で、
本来とされた、意味合いはかなり薄れてきている。
しかし・・・将来自分がお迎えするとは
未来というものはまったく予測不能だった。
DSC09368

その言葉の持つ印象とは怖いものだ。
現在では少し高級品のものを、対比をこめて
ラブドールと言うことらしいが、
このラブドールももう少し、柔らかくして
ラブリードールとかにして、世の印象を良くできないものか。
あんまり変わらんかぁ~

お迎えすると分かるんだけど、
同じ素体であっても、横に並ぶと違いがわかる。
手作り品だからともいえるが、
それが、オーナーの趣向と高次元で融合して、
ドールの個性として輝いてくれる。
そして、唯一無二の可愛い娘に成っていきます。

少なくとも、○○ワイフじゃないな・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問まことにありがとうございました。 

時間に追われる毎日の繰り返し。
たまにはゆっくり過ごすひと時が欲しい。
日頃の疲れか、たまの休みの日の午前中は
いつも決まって、なかなか起きられない。

そんな休みの日は、けだるい体を引きずって、
やっと午後に目覚める感じだ。
そこに、いつもこころが居てくれる。
なかなかカメラに手が届くこともなく、時は流れ
やがて、夕方に近づいていく。

やっとの思いで、目を覚ました頃には、
すでにだいぶ日が傾きかけている。
またうとうとしかけると、先ほど見たこころの表情が
目をつぶった脳裏に焼きついている。

DSC09007
 
そうして、また夢の国へと旅立って行きそうな
不安定で、朦朧とした感覚。
そんな空間と時間の流れの中に身を置くこと自体
幸せなひと時なのか・・・

何もしない
何の進歩もなさそうな一日
日頃の疲労感が、また夢の世界へいざなってくれる。

こころ~
す・・・
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

再び夢の世界へ・・・

ご訪問誠に有難うございました。
お・や・す・み~
 

↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ