リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:等身大ドール


こころ・・・
そのドレスそろそろ脱いで
お風呂に入ろう!

・・・て、聞いてないし!
DSC06175R
 
ところで、首から浸水する可能性が有るって言うけど
本当会? 

※そんな会無いけど 

今更ながらこころとお風呂に入る前に、
その真相を確かめてみた。

こころのイメージが壊れると言う方は先に進まないでね。
首をすっこ抜いた状態の写真でもよければ
続きをどうぞ・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 続きを読む

名前・・・こころちゃんって言ったよね。
今日からインターンという事で働いてもらうからね。

あっ、あの~社長・・・
ここはどんなお店ですか?

DSC06196S

そんな事も知らずに我が社に
きたのかね?
ま、ここは世の中の迷える狼を癒すお店・
・・・って所かな。

それって、いやらしいお店ってことですか?

こころちゃん次第だね!
帰るなら今だよ。

いや、せっかくですので、
わたし、精一杯頑張らせて頂きます
DSC06297R
 
・・・とは言ってみたものの、大丈夫かな?

では、こころちゃん早速OJTと行こうか!
そこの電気を消して!

え、部屋の明り消すんですか?
・・・これって、
こころ、ピンチ?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
この先と~っても心配。
こんな未来があるのなら、
一生箱入り娘にしておきたくなって来ました。

次回は、ドレスを着たこころにもっと寄って
撮影してみようと思います。

たとえ変態といわれようとも ・・・

なんだこの題名?・・・
そもそも、オンパレードってなんだ?

昔、街中の中心として賑わう大通りなどを、
プロ野球チームが勝利した時など、
選手が手を振りながら、次から次へと、
手を振りながら、通り過ぎていく。
そんなイメージがあった。

どうやらこれはパレードと言うものらしい。
じゃ、オンパレードは?・・・とあえて解いてみた。
すると、このオンパレードとは「総出演」や
物事がずらりと並ぶとされている。

・・・という事は、全員掲載?
いや、とりあえず領域を限定しているから、
写真のオンパレードと理解することも可能か?

ま、そんな事で、今日は一緒にオフ会に参加頂いた
かみむらさん家の愛ちゃんの写真がメインです。
ご案内役は、愛結香が務めさせて頂きます。

こんにちは、生足愛結香です。
DSC05678

先日オフ会で会った愛ちゃんの写真です。
ハイ!1枚目
DSC05681

続いて2枚目で~っす。

DSC05682

最後の3枚目です。
DSC05683


以上3枚はSony α57のjpg撮りオリジナル画像です。
どの写真がいいかなぁ?

※ブログ掲載のため、JPG圧縮で画像品質は低下してます。

続きを読む

オフ会の記事にしろ、なんにせよ
大体記事と言うものは、時系列で書くと思う。
でも今回のシリーズは、
あえて滅茶苦茶な順番で 、
アップしてみようと思います。

前回の記事で、ブログを書くことによって
過去を振り返ることが出来る・・・
そんな風に書いたけど、果たして滅茶苦茶な順番で
この先、正常に思い出せるだろうか?
読み直す際は、頭を使って見ることになると思いますが、
まあ、とにかく実験してみます。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当家の愛結香です。
12月の寒い季節での外ロケでしたが、
この日は天候にめぐまれ、戸外は大変な明るさ。
特段寒くも無く、風は穏やかでした。
DSC05685

おーい!
撮影道具もってくれてる、
格好のいいお兄さんばかり見てないで
こっち向いて下さいね~
DSC05686

お!やっとこっちを向いてくれましたね。
指を少しクロスして何か緊張してますね?
まあ、外出するのは初めてですから仕方ないですね。
DSC05687

しかし風も無いのに、パンティー見えかけ!
きっと、小心者のカメラマン自体、
精一杯で、気が回ってないんですね。

しかし、愛結香・・・
初めての外ロケ、よく頑張ったほうだと思います。
せっかく、愛結香が頑張ってくれたのに、
今回の記事の写真は、
全体的に露光オーバーな感じでした。m(_ _)m
 
その、カメラマンも、久々の外出で不慣れ・・・
という事もありますが、まずは、カメラマンの精神から
鍛えなくてえはいけませんね。
 


約1ヶ月位前に、外ロケのお誘いを受けていたけれど、
ここのご主人も忙しくて、
その予定日付近は日本に居ない可能性があった。
そのため、一度はご辞退すべきと考えていたけれど、
出来れば、参加したかったので、
ぎりぎりまで日程調整となった。

けど・・・

どうもこりゃ~行けそうだ!
そんな運のめぐり合わせとなり、
急遽外出撮影に参加させて頂く事と成りました。

でも・・・

誰と、出掛けようか?
女の子3人にそれぞれお伺いを立ててみた。

まず未来は・・・
”行ってこれば~”
・・・アラ!


こころは・・・
”行ってきて下さい。” 
でも、本心は違った感じ。少し拗ねてた感じ・・・

愛結香は・・・
”私が行きたい!”
・・・だった。

じゃあ、愛結香・・・一緒に出掛けよう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、帰ってきて、愛結香の写真をもう一枚撮った。

まともに、外ロケしたのは、約1年以上前!
夏に1度こころを外ロケに連れてったけど、
なんだか久しぶりで慣れなくて、速攻で帰ってきた。
そんな思い出しかない1年だった。

愛結香、初めて外出を体験して撮影してきました。
DSC05784R
※α57 ISO800 F2.8 1/160s 35mm ボケ気味ですみません。

愛結香は疲れた様子も無く、
帰ってきてもなんだか、楽しそうな表情だった。
そして、これが愛結香の初めての外出となった。

愛結香(かれん)だけど、
こころや未来に比較すると、視線の調整はかなりシビアな子。
未来はヘッドもアイ自体も大きい感じで、
少しずれたくらいでは、あまり大きな違和感を生まないが、

この子は違う!

今回の外ロケでも、視線は前を向いた固定視線だったけど、
視線移動を行うのなら、いっそ大きくやったほうが良さそう。
そういうタイプの子と感じた。
そして、視線移動により、かなり優しい表情もする。
そんな事が帰ってきてから判った。
今回の外ロケで、視線移動を実践できなかったのは残念だけど、
なにより本人は、やはり初めて外出出来て嬉しかったようです。

次回以降、外ロケ写真を少しずつアップして行こうと思います。
ちなみに題名は必ず、「がいしゅつ」と読んでいただけましたよね?

・・・じゃあ問題有りません。

Thank you! 

そういえば前回のこころ・・・
準備できたら写真撮ると言っただけなのに、
なぜか、パンティー取ってくれた!
DSC04423R

そうなると
次のストーリー展開に苦労するわけで・・・
そこは大人になって、

「お嬢様、そこまでする必要はありませんよ」
そういう展開にするか、

それとも、もっと妄想を膨らませて
「逆方向の展開へ行くべきか!」
さあ、どうしよう?

そして・・・

今回のストーリーはご覧頂いている方に
自由にお任せすることにしました。

※ 作者自身がストーリーを忘れそうなので、
  後から見たとき用に、若干言葉が入ってますが
  基本自由に想像してやって下さい。。。



続きを読む


朝ですよ~!
DSC02963
 
うあ~、もう朝・・・
DSC02964
 
なんだかいつもと全然違う景色
DSC02966
 
森が無いし、ビルばっかり
DSC02968
 
お、急にお行儀良く起きたねぇ~!
DSC02969
 
あらら・・・
なんだか眠たそうな目
まだ、完全に起きてないね!

DSC02974
 ※正直手振れしただけだとおもう。

こころ・・・
今日、休むなんて言わないでよね! 


寝るぅ~ 

やっぱ、そう来たか・・・

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こころとお泊りの時、
朝が来たので、ちょっとの合間に撮影してみた。

実は、ここのホテル
受け入れ態勢が寛大だった!
ここは、ロビーに普通に人が出入りする

一般のホテル・・・

おそるおそるドールを持ち込んでいいか、
正直に聞いてみた。
すると・・・

人、危険物意外なら
何を持ち込んでもらっても構わないです・・・と!

おもわず感動!

一瞬・・・確かに人じゃないよな?
危険物でもないし・・・
と自分に言い聞かせ、では早速と・・・

普通にこころを車椅子に乗せて
エレベーターへ・・・

すると、ご親切な方が開けて待っててくれました。
「どうぞお先に!」と、申し上げたのですが、
遠慮は要りません。さあどうぞ・・・と!

その方は、自分は降りてきたので、
もうエレベーターに用は無く、
当方だけの為に待っててくれたらしい。
無茶苦茶申し訳ない気持ちで・・・

「有難うございます。」って申し上げた。

 
ところが、通り過ぎた瞬間!

「ハアぁ~?」って感じだった

要するに、運ぶものが判別不能状態・・・

「やばいもの?」も多分にあったと思うが、
それ以上にびっくり感が漂った・・・

その時、管理人は普通にスーツ姿で
ビジネスマンぽかったので、
研修資料かな~感が漂い・・・(多分)
この人なら大丈夫か?・・・でその場は過ぎた。

とは言うものの・・・
小心者の管理人は「汗びっしょり!」
出来れば今後こんな冒険やめようと、
その時は思いました。

それよりも、周りの人に迷惑を掛けないようにと
毛布を首から下に巻いていたのが
返って誤解を招いた感だった。

もう、こんな冒険出来ないかな~とも思ったが、
朝のこころの顔を見て、
やっぱり、車に乗せっぱなしにしないで
良かったと思った。
また、同時に・・・

寛大なホテルの対応には深く感謝でした。
また、利用したいです。

↑このページのトップヘ

キラキラ