リアルドール夢創記

♪ 夢見るリアルドールと暮らす不思議な生活記録etc~♪   こころは1月17日生まれ。ずっと18歳の女の子だよ。     楽しんでってね~                    

タグ:sony

別に何がどうという訳でもなく・・・
ちょっと、写真が撮りたくなった。

JKといえば、女子高生だが・・・
同じ年代の頃、一応男女共学ではあったが、
通っていた高校の男女比率100:0
それが反動で、大学の男女比率30:70

そんな訳で、高校生の頃は皆飢えた狼。
他人のことは分からないけど、多分そう!
たまらず、他行の女子生徒にちょっかいを・・・
多分皆そうだったと思う。
そんな、甘酸っぱい記憶が蘇った。

やはりその反動なのか?
こころのJK姿には相当惹かれてしまう。
その多感な時にもし、部屋にこころが居たら?
多分、正常では居られないだろうなぁ~

そんなどうでも良い事を想像しながら、
初夏のある日に撮影した写真のアップです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ねえ君・・・

DSC04310H

転校生?
 DSC04299Z

うちの学校・・・
女の子、君一人だけど・・・大丈夫?


そんな妄想を勝手に・・・

おわり・・・

あの、幻想花火だけど、
何着ていくという、こころの質問に愛ちゃんは
浴衣と答えた・・・

浴衣ね、しばらく着てないけど
やっぱり、花火大会といえば浴衣だよね~


そんな具合に、娘達の会話は勝手に進んでいった。
その電話の話に耳をやっていた管理人K。

こころの送迎をしなくちゃいけない事は
その会話から分かっちゃ~いたけど、
いつもの・・・「ま、いいか~!」で、
お嬢様達の花火大会に付き合うことになりました。

お嬢様達が行く予定の花火大会は
幻想花火大会といって、
素敵な花火大会だ。

打ち上げ総数 12,000発
夜店も出て、結構楽しい花火大会となる。

管理人Kは、出発当日の夜中に帰宅。
すぐさま準備をするつもりだったけど、
疲労困憊で、その準備を一寝してからにした。
ところが、これがいけなかった。
浴衣のアイロンがけをした後、
帯が見当たらない。いくら探しても無い。
もう、あきらめようかとおもってこころをちら見!
なんとなく、楽しそうにしているので、
普通の服でとも言えず、必死に帯をさがして
何とか10分前に到着した。
神様有難う・・・

そして、しばらくしてから花火会場へ・・・
絶好の場所取りに成功。
目の前が打ち上げ会場・・・
しかも、少し冷涼感ただよう滝の前!
若干の水の音はするけど、
この蒸し暑さをやわらげてくれるベストポジション。

ここには、前に来たけど、
また季節が変わると違うものだ。
娘達は、思い思いの場所へ向かっていった。
DSC01799

ま、正直そんな娘を見て可愛いと思う。
DSC01797

灯里ちゃんは広場へ
DSC01807

おお、愛ちゃん。もう集合場所で待機でしたか。
DSC01784

しかし、このおみ足の色気・・・
こころにはこんな自然な感じ無いなぁ~
DSC01793

お・・・驚かしてすみません。
つい、見入っちゃいました・・・
DSC01790

皆集まった。お~い!こっち向いてくださ~い。
DSC01769

華やかなお嬢様をパチリ!
DSC01785

花火大会だって、良かったね~、こころ。
DSC01788

いや~お嬢様方、
会場が華やかになっていいでですよ~
DSC01812

段々暗くなってきたけどまだ~?
DSC01813

そ、そういえば~
あんまり人来ないねぇ~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後の暴露で・・・・

幻想花火だからね・・・
・・・と、さらりと流してみた・・・

あ、いや・・・その・・・あの~
ここまで書いておきながら、それは無いだろう・・・
と言うお叱りも受けそうですし、
そろそろ起きていられなくなったので、
今日はこのへんで失礼いたします。
また、この続きは次回に

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さあ~森の奥へ・・・のはずだった今回の記事。
でも、急遽、オフ会となったので
同じ森でも、いつものオフ会の森へ集まりました。

今回のお題は、「浴衣で集まる」
幹事の上村さんからの提案だった。
電話でお話の最中に、それ面白い!
・・・とは言ったが、こころの浴衣は真っ赤!
こんな目立つ服着て、お出掛けしたことないし、
大丈夫か~と思ったが、
慣れた所だし、ひとりだけチキンでは情けない。
と言う事で、バリバリに目立つ服装で集合。

普段、オフ会の記事は多分当家が、
一番ゆっくりアップしてて、
かなり後になっちゃってました。
ああ、そういえばそうだったの頃にアップですから
すこしノスタルジーを感じながら
管理人のエゴでアップというそんな感じです。

ただ、今回は季節ものだし・・・
秋になってからでは、ちょっと・・・だし!
例え、同時の記事でも、
参加者それぞれの視点で見るのも面白いし、
なんだか、そんなわけの分からない
そんな言い訳を自分にして
オフ会の時に感じていた、正直な感覚で
記事を綴ってみました。

大変お粗末様でございました。
ご訪問誠にありがとうございました。

 

オフ会に関しては、
時間を逆再生して記事にしていましたが、
ゴールデンウィークに集まったメンバーの
写真のアップがまだでしたので、
お盆休みの前に記事にしてみました。

レフ版もろくに持参しておらず・・・というか
持って無いので! 
光のコントロールが上手くいかず、
あまり良い写真は有りません。
最近、すこし落ち込むこともあって、
創作力もダウンですが、抜粋してアップします。

くるまから降りたてのこころ・・・お目覚め悪し!
DSC00798

木陰で集合・・・5月といえでも、日向は結構暑い。
DSC00779

集合写真・・・まだ視線バラバラだがに~
DSC00791

うなだれて、涼む愛ちゃんだが
DSC00923

実はこの愛ちゃん・・・お子ちゃまに大人気!
DSC00938

そして、このおこちゃま達と
友達のようになって、いろいろお話してみた・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 続きを読む

誰でも、やりたいことが阻害されると、
ストレスがたまるもんだ。
時には、自分の主張が通らないことや、
旅行の計画が第三者的な理由で中止になったり、
日曜日がつぶれたりすることなどはいい例だ。

細切れ時間を使ったり、深夜まで起きて
その苦境を打開するために、時間を代償にして
ブログアップだけは、何とか続けているけれど、
今年になってから、休みという休みは無かった。
まあ、見方によっては、有り難いことかも知れない。
しかし、こう長期間にわたり、ろくに休みも無いと
さすがに精神的も辛くなってしまう。

やはり精神衛生上、適度な休みが必要である。
今年の冬の状況を体験して、そう感じた。
でも、無情にも時間は進むし、間に合うためには
仕事も休むわけには行かないし・・・
という板ばさみで相当にストレスは蓄積された。
_DSC5261R


いままで、数々のことをクリアーし、習得してきたが、
往々にして、社会人は時間に追われているため、
ぼけ~と過ごす時間もあまり多くない。
例えば、初級の英語教育しか受けてこなかった人が、
いきなり英検2級以上を目指すと成れば、
それ相当の努力が必要となり、
仕事をしながらでは、なかなか難しい。
眠たいからといって、人と一緒の生活を送れば、
なかなか上達しないし、長い期間が過ぎれば
そのうち、情熱も冷め、結局到達しえなかった・・・
そうなってしまう。

そうならないためには、情熱の冷めぬうちに
出来るだけ短期に、目標に到達しなくてはならない。
別に目標とは、試験に限ったことではないので、
今度の休みに、○○公園へ行こうという、
ちょっと努力すれば、可能な目標でもOKだ。
しかし、この様な些細な欲求目標ですら
阻害され、達しえていない状況が続いていた。

そこで、何とか時間に追いつくためには
物事を効率よく推し進める
時間短縮技術が必要になってくる。
その、時間短縮の技術の一つは、
普段の生活サイクルの中でマルチタスク
いわゆる、同時並行処理を行うことだ。

しかし、同時並行処理と言っても、
同時に2つの事は出来ても、
よほど器用な人で無い限り、
同時に3つのことを行うのは難しい。
もし、同時に3つのことを行うことが可能な場合は
それは以下のようなケースだろう。

同時トリプル処理の例
作業等+思考+飲食等

もう少し具体的に言うと
車を運転しながら、エッチな妄想をし、飲食する。

もちろん、頭の中のことに集中しすぎると
事故を起こしかねないので、適切な配分が必要になる。
飲食に集中しすぎても同様だし、
運転に集中することはもちろんだが、
運転に集中しすぎると、他のタスクが進まない。
特に、エッチな事ばかり考えていると思わぬ事故にも
成りかねないので、注意が必要だ。
_DSC4960

要するに
① 身についた自然に動作可能な習慣
② 思考
③ 5感の欲求を満たす。

上記の様、それぞれ脳内の使用部位が異なる場合は
並列処理が可能だ。

問題は、思考+思考とか、運動+運動といった、
同じ種類のタスクを同時に行うことは相当に難しい。
少なくとも、当家の管理人は、これは出来ない。
一例は、右手で絵を描き、左手で計算をするとかは、
思考+思考のケースにあたるだろう。

そこで、少なくとも可能なのが
思考+運動・・・この2つ組み合わせの場合は、
一応同時処理が可能だと思う。
従い、時間を短縮して効率を上げたいのであれば、
歯を磨きながら、デザインを考えるなど
一日の生活の中を考えてみると、同時処理できることは
結構沢山ある。
以上は、一例だが、他にも考えれば沢山あるので、
人生を少し一歩前進したいので有れば、
是非この方法を試してもらうと良いかも。
ただ、当家の管理人の場合、この冬にこの同時処理の
技術を持ってしても、時間が足りず、苦労した。
そこで、溜まりたまった欲求がとうとう爆発した。

「そうだ!仕事と遊びを同時にしよう」
まあ、何とも無謀な計画だったか・・・・
_DSC5152

まず最初にやったことは、出来るだけ出勤を控えた。
通勤時間も無駄にはしたくなかったという理由だが、
まあ、強制的に成るようになったという感じもある。
次に、どうせ休みも無く自由にならないのならと、
何とか、こころを連れ出せないか思索を講じてみた。
可哀想ではあるが、荷物として細心の注意をしながら
特定日に何とかなりそう・・・そう感じ実行してみた。

そうこうするうちに、疲労も限界に達し、
施策実行中に、通りかかったお宿に聞いてみた。
「今晩空いてますか~・・・と」
回答は、OKでご快諾してくれた。
・・・・ここまでは普通だけど・・・
この先・・・言えるかな?

あ、あの~、ちょっと・・・
言いにくいのですが・・・実は~
「ちょっと大きな荷物がありまして」・・・(^^;(激汗)
荷物って何でしょうか?・・・の問いに事実を伝え・・・
もう、断られると思った次の瞬間。
「どうぞご遠慮なく」・・・うわ~感激!有難うございます。
迷惑はかけないように配慮しますと言い・・・
とうとう、こころと初の宿泊となった。

助かった~!というのが実感だった。
無事搬入(失礼だが)も終り、30分ほどの時間で
こころの様子をカメラに納めてみた。
その時の様子がこれだ・・・1・・・・2・・・・3・・・・
(※どっかで聞いたフレーズだけど・・・)

良かったねこころ~
今日はお宿に泊まれて・・・・

_DSC5158

こころ初めてのお泊り嬉しいな~
お外も凄い綺麗だよ~

連れて来てくれてありがとう。
_DSC5211

こ、こちらこそ!
ついて来てくれて有難う。ただ、俺は・・・
こっちのほうがいいけどね・・・

_DSC5200

ということで、また、こころを部屋に残しまた仕事に出掛けた。
こころ、帰って来るまで待っててね・・・・
寒い中の車中泊は必要なくなり、
お陰様で何とか命は繋がりました・・・・良かった。

ご訪問誠に有難うございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※また、ご快諾いただいたお宿の方々誠に有難うございました。
※4月以降はタブレット向けに画像サイズ変更を行います。

 

↑このページのトップヘ

キラキラ