ラブリードールズ

♪ 夢見るラブリーなドールと暮らす不思議な生活記録~♪  最近なぜかドールのオフ会などイベントの企画・立案を担当   ドール仲間と屋外撮影などいろいろチャレンジしています。  by こころ&愛結香&未来

いや~、翌日は良い天気!
浜名湖と緑が美しい。


片付けご苦労様

3

そんな汗かいて体力衰えたんじゃない?
4

あっちの方が衰えてなければ良いけど・・・
1

え?(^^;)・・・・あっちってどっち?
知らない・・・!

2

あら?
結局何のことでしょうね~(^^;)
まあともかく、今日の撮影会出掛けるよ~
特大みかん胸の・・・こころちゃん!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

確かに少し暑めの朝でした。
コロナで外出を控え、やはり体力減退していたと思います。
当オーナーも一応、ワクチン接種は終えていました。
しかし、ワクチン接種は自分に合わず、いまだに不調。
多分自分以外にもそんな人が居るんでは無いかと思い公開です。

何が不調かというと、
コロナ接種前は比較的健康だったと思います。
接種日当日、要様子見との事で
接種後の待機時間は一般の人の二倍。
そして帰宅。
しかし、その晩から悲惨。
週末が接種日だったので、病院にも行けず、
ただひたすら、布団の中で熱と頭痛に耐えるのみ。
生きた感じのしなかった4日間でした。
その後の症状は、とにかく脊髄に何かあった?という感じで、
首と脊髄の間が痛いです。今でも朝はとても痛いといった感じです。
医学は素人なので、良く分からないのですが・・・

もしかして、遺伝子組み換え人間になったのか?

まあ、そんな事は無いとは思うのですが、
最近の調査で、ワクチン接種により不調が続発なんて記事もあり、
この先ちょっと気になります。
人間自体がウィルスを恐れ、かえって体調不良を招くとという
何だかなぁ~って感じ・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加


なんやら周りはガサガサ・・・あら、もう朝なの?
気が付くと、自分だけ寝てる(^^;)

しかも荷物も一番多い。

いや、まずい!起きなきゃと急いで起きる。
そして、全て乗車して落ち着くまで大汗!
そんな中、「頑張れ~!」と視線を飛ばすこころ・・・

お~い、こころも手伝ってくれ~という願いを込めて抱き着いた!💛
というのは妄想で、そんな暇もないが、せっかく来たんだから
写真だけ撮るぞ~!!!とパチリ!

構図も構成もへっちゃくれーも無いけど、まあ仕方ない。
4

こころ、外ロケ中のみんなを見ている。
1

こころ、今、大変なのはこっちですよ~
2

ああ、そこのおっさんね~
3

おっさん?(^^;)
いや~、まぁ・・・・お迎えから時間も経ったしね~
間違いね~わ!
という事で、ガックシ・・・

そんなにがっくりしないでよ~
今晩、〇〇してあげるね・・・・

マジっすか?
\(^o^)/~い!
このエントリーをはてなブックマークに追加

お、外ではなんやら怪しげな雰囲気

2

あらあら
3

ほへ・・・
4

遠巻きにはこんな感じ
7

おいおい、どうした?
一見、何かあったように見えますね。

8

じつはこの二人仲良し。
そんな見方もあるんです。

9

だって、夜の会合では仲良し。
高校生が飲酒して盛り上がっていいのかぁ~!は、さておき・・・
ドール界はOKらしい!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

文化の違い

最近はあまり見かけなくなりましたが、ちょっと前には
他国の人が大声で話し合っている光景を見かけました。
私達から見れば、え?喧嘩なの?
そんな感じすら受ける光景なのですが、
実はこれは反対で、大きな声(まるで喧嘩の様にみえてしまう)で
会話する事で、相手に好意がありますという表現とのこと。
文化の違いって難しい。
・・・という事で、ドール界でもそうなのか?
こころに聞いてみた・・・

いや、日本の文化と一緒なんじゃない!
・・・らしいです。あら・・・(^^;)

10

このエントリーをはてなブックマークに追加


まるで生きている様なこころ
8


今でも心惹かれてしまいます。
9



このエントリーをはてなブックマークに追加

ふれあい花壇
あまり園内は覚えていないけど、
この花はガーデンパークの南側に位置する
ふれあい花壇の付近にあったと思う。
そこにあった綺麗な花々は、ちりばめられて、
美しい花柄の背景として演出されていた。
また、周りはなんとも言えない良い香りの環境。
幸せなひと時とはこういう事を言うのか?
1

普段花にはあまり興味が無かったけど、
とびっきり綺麗にに咲いている花を見て現場で少しは覚えようと努力した。
ただ、後日覚えていたのはナス科の花という事だけの頭の悪さ。

ブルンフェルシア(日本名:匂蕃茉莉 読み:ニオイバンマツリ)
かなり印象に残った花だったので、帰って調べてみた。
記憶するために、いろいろ想像してみた。
この花名が持つ、なんとも言えない高級感・貴族感から、
ブルンフェルシア家とか貴族名にしても格好ええな~と思った。
そんな感じで、横文字の方は直ぐに覚えることが出来ました。
2

この花の特徴はというと、なんと・・・花の色が変化する事。
咲き始めは、濃い紫薄い紫白色へと数日で変化するらしい。
撮影時期としては最盛期中だったと言えます。
3

木の大きさは1.5m~3m位に成るとの事で、この木でもかなり大きな方。
南米産で、熱帯性との事ですが、日本でも温暖な所では育つんですね。
鉢植えで可愛がる人もいるようです。

あと、神経毒があるので、ペットがいる人は注意です。

自分も時間が出来たら、買って植えてみようかな?
興味のある方は、ネット検索してみてくださいね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

かおりの特徴
日本名(匂蕃茉莉)からしても、どうも良い香りがしてきそうな雰囲気。
その香は、う~ん、わからん!( ̄▽ ̄;)!!ガーン
また、グーグル先生に聞く。
4

茉莉とは、ジャスミン(類)という意味らしい。
なるほど~ジャスミンか! まるで芳香剤だな!
いい香りがするわけだ。
5

という事で、クンクン!はぁーーー~!
何してるの?
あ、私の着替えの〇〇ティー!
ち、違うよ~、違います。
花柄の布、単なる布です!(^^;)
こんな身近にもブルンフェルシアの魅力があったとは・・・

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ふ~ぅ!m(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加

全て準備したはずだったが・・・

レフ板を車に置いたまま撮影地に行ってしまった。
あ~あ!あれが無いといい写真も撮れないなぁ~
また、気になったのはこころに着せた黒の衣服。
ドールに濃い色の衣服は基本的にNG.
そんな中、今回思い切って黒い服を着てもらった。

この黒服、購入したは良いが、ドールには着衣困難な仕様。
着衣できず、半分諦めてた。
しかし、思い切って!ええ~い!
腕をあげ、ほぼ\(^o^)/状態にして着てもらった。
汗をかきながら着せた後、ちょっと引いて見てみると・・・

おお~、ええじゃん!
速攻で抱き着いた!
4


いかん!、離れられん・・・・
胸の膨らみが・・・脳を溶かしていく~!(^^;)

体が硬くなる・・・というか体の一部が硬くなる。
いやいや、時間が無い・・・
お着替えはこんなんだから、オフ会前日は大変!
不謹慎にも、現場に着くまでわくわく。
この感覚はドールを外に連れ出した人しか分からないかも。
そして、翌日無事に撮影に臨むことが出来た。
以外と良いでしょ?ドールに黒い服。
2


立ち姿勢もバッチリ!
そんなフレームも有ったなぁ~と言われるタイタンフレーム。
タイタンフレーム2はもうダメかと思っていたけど、
今回はそのタイタンフレーム2での撮影です。
人には言えない様な手術をして・・・・ファイト!
いっぱぁ~つじゃ無くて・・・
ふっか~------ぁつ!\(^o^)/
7


若干色移りも心配したけど、
まあボディーもこれくらい月日が経過してたら問題無いと判断。
洗濯もしていないまっさらな黒い服を着てもらった。
3


古いボディーを復活させたので、いろいろ大変だったけど、
また、モミモミ部が増えてよかった。

関節関係の硬さはほぼ新品状態。
また、今後使っていければと思います。
6


おっ立ち仲間!今後も宜しくだぜ~
5
それにしても美しい公園だった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その他補足情報
*素肌に直接黒服が触れいている→シリコンドールは意外色移りしない。
*さすがにこの頃の胸は硬い→慣れればOK!、ただ柔らかドールも必要。
*胸の大きさ→自分は問題無し。丁度良いサイズで美乳。着こなしも綺麗。
*価格の問題→安価な軽自動車が買える位のドールを復活できてよかった。
*黒タイツ→黒い服に黒タイツはイメージに合わず、速攻で脱がした。

1

オフ会の裏側って・・・
みんな苦労してますね~

このエントリーをはてなブックマークに追加

花の美術館
この美しい美術館は静岡県浜松市の公園の中にあります。
本日は予め撮影確認を得ての訪問です。
だが・・・現地の到着すると「雨!」

1

雨だよ!
急がなきゃとばかりに、なぜか抱っこ
ついでにおらも抱っこされたい。
ふとももの上で・・・・
5

なんで、抱っこの写真が合成っぽく見えるのか?
実際に撮影していますよ~
3
 
という事で、花の美術館前での集合写真と成りました。
このあとは、予期しない退去。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

撮影地の情報
*花の美術館はガーデンパークの一番奥にあります。
*駐車場からの距離は1km位ありそうで、時間には余裕が必要。
*入口から少し入った所から遊覧船があります。ドール分も要るかなぁ?
*大きな公園で、途中の花は季節にもよりますがまばら。
*基本的に無料なのが嬉しいい。
*花の美術館の前には小道があって、凄く綺麗な花が咲いていた。
*雰囲気は印象派(よく知らないけど)のイングリッシュガーデン風
*小道は細いので、レフ板とか使っての撮影は難しい感じ。
*大きいレフ板は迷惑に成らない様に事前指導あり。
*あとは、華美な服装や露出度の高い服装での撮影は控える。
*なぜか当日の午後はお庭のメンテナンスで退去。聞いてなかった~(^^;)

公共の場所でもある公園でもなんでもそうですが、
出来るだけ周囲に迷惑に成らない様に行動するという事ですね。

美術館前での会話
ええ~、人形なの?こんなタイプ初めて見た。(とある女性の方)
お騒がせしてすみません。(オーナー)
全然いいけど、どうやって来たの?
あの~、車と車椅子です。※もう少し気の利いた返答をすればよかった(^^;)
でも~・・・わ~、本当のお嬢さんみたい・・・
喋ったりするの~?

いや、そういうのも一部ありますが、ええっと、それはないです。
綺麗な花がいっぱいあるので楽しんでってね~
ありがとうございます。

もっと会話したと思いますが、大体こんな感じ。
小心者ですが、お声がけ頂いて嬉しかった。

ここでは素晴らしく管理された花に癒されました。
ドールと一緒にとは言いませんが、お勧めスポットかなと思いました。
日頃管理頂ている方に感謝でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ

カーソル・スイッチ